2019年04月19日

読むたびに涙が・・・(卒園式の保護者挨拶)

4月19日(金)

すご~く長いので、時間があるときに読んでくださいね。

IMG_5879
018年度 卒園式保護者挨拶   2019/03/30

 <第2てのひら保育園>

TM 母 

0歳から預けました。はじめての時はすごく泣いて、私も送るのがつらい時もあったのですが。今では保育園ですごく楽しく遊んでいて、保育園に行くのがすごく楽しみで嫌がることもほとんどなく、とても先生方には感謝しています。

3年間一緒だったお友達や2年間一緒だったお友達と、仲良くしていただいたお友達がたくさんいます。お母さんたちにも感謝しています。これから千葉に引っ越すのですが、こちらに帰ってきたときには保育園にも顔を出して、お友達や先生にも会えたらと思います。

三年間ありがとうございました。

TM父

最初のころはすごく泣いていて心配したんですが、今となってみると保育園に入れて本当によかったなと思っています。ありがとうございました。


 
AA 母

朝菜は生まれたときは産声も小さく、次の日には発熱と嘔吐で、救急車でNICUに運ばれてしまい、1週間ほどで退院したものの、弱い子だなと思って育てていました。

ところが半年過ぎたころから抱っこひもでお買い物に行くと、自分の取りたいものに手が届かないと奇声を上げたり、癇癪を起したり、自己主張の強さにびっくりして、このころには「弱い子」という意識はなくなり、どのように扱えばいいのか上のことは全く違うタイプにてこずっていました。

その後9か月すぎから保育園にお世話になるようになり、先生方の対応を見て私も子どもへの接し方を学ぶことができました。

「Aちゃんはこうしたいんだね」と気持ちを代弁してくださったり、温かく見守っていただいたり“わがままは通らないんだぞ”と見えないの圧力をかけてくださったり。

言い出したら聞かない子ですがよく言えば何にでも興味を示し、やる気があります。それぞれの先生方がAの性格をわかってくださり、うまく引き出してくださり、私もAも安心して生活ができました。

また、0・1・2歳児という、小さな集団で育つことも、少しずつ自立を促すのにいい環境だったと思います。自分がいつまでも赤ちゃんでいられないことがわかったり、小さい子の面倒を見たい気持ちから本人のやる気にすごく拍車がかかった気がします。時には保育園に行きたがらなかったり、病み上がりで本当は自分が看てあげたいでも看てあげられないときなど、後ろ髪をひかれる思いで保育園に連れていくこともありました。でも保育園につくと、先生方の笑顔やAがお友達と遊びたそうにする姿を見ると、さっと割り切れ仕事に向かいやすかったです。Aがお友達を大好きになって人を信頼する気持ちが芽生え、誰にでも積極的にお話ができるようになったのは、てのひら保育園での経験が大きかったと思います。私一人の力では間違いなくカリカリばかりしていたと思います。「人が好き」という礎ができたのは本当にAのこれからの人生にとってもものすごくプラスなことだと思います。親子ともども本当におせわになりました。ありがとうございました。

 

AK 母

初めての保育園生活。スタートする前は完全母乳になってしまったし、離乳食をあげたばかりでおせわになりました。おかゆで蕁麻疹になってしまったり、予防注射で蕁麻疹が出たりしてとても心配しましたが、給食で離乳食をスムーズに進めていただいて、その後蕁麻疹が出ることもなく、丈夫に育つことができました。

ひよこ組のころまだ月齢が低くてみんなよりもはやくウトウトしているので早く寝かせようとお布団を用意してくれて、「さあ寝るよ」という準備ができているのに、本人はハイハイして元気になっちゃって、なかなか寝なかったり連絡帳をイラスト付きで楽しく読ませていただいてほっとすることができました。

りす組になると、絵本が大好きになって歌もよく歌うようになりました。自転車でよく「はらぺこあおむし」とか、「できるかい」の歌を大きな声で歌いながら帰ったのが楽しい思い出になりました。絵本が本当に大好きで、園に行くとまっさきに絵本に向かうようになったのは、毎日先生方がたくさんの絵本をよんでいただいたおかげです。

いやいや期に入って、よくてんてこ舞いして先生方にお話を聞いていただきました。

その都度いろいろなアドバイスをいただきまして、たびあるごとに「Kちゃんは大丈夫」「Kちゃんだから大丈夫だよ」と背中をおしてもらって乗り切ることができました。

うさぎ組さんになるとかけっこが大好きになりました。「走って帰る」といって途中まで走って帰ったり、お使いでお友達と一緒になると二人で手をつないで歩いて帰ったりと、親子ともに仲の良いお友達ができて、本当に良かったと思います。水遊びが苦手で一人でプールに入れなかったり、お昼寝の寝起きがものすごく悪くて、おやつの準備が全部できてからKちゃんを起こすんですよってさちえ先生に教えてもらったり、お散歩でハンターごっこして今日はいっぱい走りました。さちえ先生もいっぱい走ってもらいました。ありがとうございました。

最後の最後の登園の日まで、朝もギャン泣きして、先ほどもギャン泣きしてきまして、本当に手のかかる子だったと思いますが、いつも先生方一人一人が「いいよ、いいよ。Kちゃんらしくていいよ」と言ってくれて、とても温かく預かっていただいて安心して3年間過ごすことができました。

ほんとうにありがとうございました。

 

AK 父

本当にありがとうございました。

笑顔で優しく接していただいて時には厳しく、忍耐強く見ていただいたかなと思っています。妻からもありましたが、本当に最後までギャン泣きでしたが、本当にいつも笑顔で接していただいて、そのおかげもありまして子どももいろんなことを覚えていきました。ありがとうございました。

 

IM 母

3年間本当にありがとうございました。

私がMを妊娠してすぐにパパが福岡に単身赴任になりまして、一人で保育園探しをしていたんですけれど、ちょうどその時にお兄ちゃんが幼稚園と小学校に通っていまして、その間にあるこの保育園にどうしても入れたいなと思いまして、見学させていただいた

ときにも、先生方の対応と園の設備もすごい魅力を感じまして、どうしても入りたいと強く思っていました。

生後半年で入園が決まりまして、一安心もしたんですけど、こんなに小さくて自分の手から離れることにずっと不安があったんですけれども、いつも先生方が声をかけてくださって大丈夫だよということで、不安もなくなっていきました。

感謝の気持ちでいっぱいなんですけれども、私事なんですが、私生活の方ではパパがいない、子ども3人育てる、一緒に過ごしていた母の闘病生活があり、一人では、抱えきれないものがいっぱいありました。保育園の方に迎えに行きますと、必ずMがすごい笑顔で「ママおかえり!」と迎えてくれたのが、安心感をおぼえていつもすごく癒されていました。

先生方が一人ひとりMに愛情を下さったことと友達がたくさんMと遊んでくれたことが証なのかなと、いつもいつも感謝でいっぱいの気持ちで保育園に通わせていただきました。

Mはもう3歳なんですけど自分からいろいろなことがすごくできて、自ら進んでやってくれるようになってくれましたので、三つ子の魂百までじゃないですが保育園でしっかり教育していただいたので、これからの成長がすごく楽しみになっています。

本当に三年間長いようで短い濃い三年間でしたが、ありがとうございました。お世話になりました。

IM 父

今話にありましたように、生まれてすぐ福岡に転勤になり、約二年間くらいいたんですけれども、妻には本当に苦労を掛けたなと思っています。

保育園生活の中では、Mは非常に明るくお迎えに、行ったときなども笑顔でお手伝いをしていたりしました。

コドモンの方でも私も何度か書き込みをしたんですが、実際にお迎えなどにいくと保育園生活の面白さがわかってきて、凝縮されているなと思いました。

保育園の経験というのは一生忘れないと思います。私自身保育園で四,五年過ごしました。それは今でも覚えていますので、娘も今後宝にしてもらえればと思います。

先生方には世話になりました。ありがとうございました。

 

KS 母

Sは二年間こちらでお世話になりました。

Sは三月生まれの早生まれだったのではいったばかりの頃はひよこさんと一緒に散歩車に乗っていて、見返した連絡帳には“初日はずっと泣いていたんだけど散歩車に乗ると泣き止んで,まわりをきょろきょろ見回してそのままカエルのようなポーズで寝ました。”と書いてあったり、初めての英語遊びの日も“先生のお膝で眠りにつきました”と書いてあったり。

そんな小さい時からの保育園生活だったので、周りからは「大丈夫なの」とか「心配じゃないの」とかいわれることがあったんですけど、今では大好きなお友達ができたり、優しい先生たちと過ごせた保育園生活は私たちにとって本当に宝物になったので、てのひら保育園に入れてよかったと思っています。

うちは年子なので、兄も去年ここを巣立っていったんですけれどまだまだ保育園が大好きで幼稚園に行きたくないっていう時は、朝ちょっと顔を出させてもらって先生たちにパワーをたくさんもらっています。家族全員がここが大好きで、4月から通えなくなっちゃうのが本当にさみしいんですけれども、私は保育士をしているので、保育士として園長先生に雇っていただけたらなと思っています。本当にありがとうございました。

KS 父

Sは入園当初は本当に泣いていたんですけれども、いまでは先生たちのおかげで保育園が大好きになりました。家に帰ってくると手遊びや歌で、パパを本当に癒してくれました。妻はまだちょっとなんていうかわからないんですけど、3人目ができた時にはよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

YR 父

今日、妻は体調が悪くて式の方に参加できなかったんですけれども、Rは二人目なんですが、Rの子育ては本当に二人だけでしてるという気がしなくて、保育士の方々や迎えに来ているお母さん方や、お兄ちゃんたちにもすごくRを可愛がっていただいて、自分たちが知らないところでも諒太がすごく成長しているなと感じました。

パパ会や運動会のお父さん競技に参加することで、普段妻より子育ての量が少ないところをかっこいいお父さんで活躍させていただいて、すごく感謝しています。

3年間どうもありがとうございました。

 

<てのひら保育園>

IR 母

Rは園が大好きで保育園での出来事を話してくれたり、保育園で覚えた歌を教えてくれています。最近では妹に絵本の読み聞かせをしてくれているんですが、読む前に表紙の絵を指差して「これはなんでしょう」とクイズを交えながら読んでいます。多分先生の真似だと思うのですが、先生のことをよく見ているなと感心します。

なかなか登園できない時期もありましてたくさん我慢をさせてしまいましたが、周りの方々や先生たちに応援してもらいながらがんばりました。園長先生にはたくさんの配慮を頂きありがとうございます。本人もよく頑張りました。苦手な野菜もたくさん食べられるようになって、ご飯を作ってくれる先生に今日もおいしかったよと感想も言えるようになって、お姉さんになったなと感じます。

保育園生活を楽しく充実させてくださった先生方本当にありがとうございました。

IR 父

2年ほどまえに七夕の短冊に「感情豊かに育ってほしい」とかいたのですが、その願いはどうやらかなったようで、怒りだったり嬉しさだったり悔しさだったり悲しさだったり、とても表現できる子に育ちました。それと同時に他者への(想像力)思いやりも得とくしてくれているのかなと思います。家に帰るとドアを開けて私に「お疲れさま」と言って、私がぬぎちらかしたくつを揃えて、かばんを所定の位置に持って行ってくれます。ネクタイを外している間に「冷たいお湯とあったかいお湯とどっちがいい」と聞いてくれて、用意しておいてくれるんです。そんなこと妻もしてくれないんですが。立派に成長してくれています。そういった成長があるのもほんとうにてのひら保育園の先生方のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

 

YM 母

うちも年子で四年間お世話になりました。子どものみならず、お迎えを頼んだおじいちゃんおばあちゃんもてのひらが大好きで、自分で作った野菜を勝手に保育園に持ってきたり、おばあちゃんはちょっと迷惑かけると菓子折り持ってきたりとか、今日はすごく感謝でいっぱいの日です。おじいちゃんおばあちゃんも今日来たかったのですが、結婚式があり失礼させていただきました。

うちは男子三人で全く女っ気がないので、保育園で女の子と一緒に遊ぶっていうのが唯一の女性に触れる機会で、「あの子はかわいいよね」とか「あの先生はすごくやさしいんだよ」とか。女性に触れる機会が早くからあって、将来、売れ残らないように結婚力を身に着けたんじゃないかと思います。

また先生方とも園の外で会うことがすごく多くて、地域で活躍されている先生方がすごく多くて、地域で育てたいという私の思いがすごく叶って、どこであっても「Mちゃーん」と声をかけてもらえるのがすごくありがたかったです。これから幼稚園に進むのですが、本当に幼稚園に行くってわかってるかな?というくらいです。生後三か月からお世話になっていましたので、これからも間違えて保育園に来ることもあるかもしれませんがその時はよろしくお願いします。

ほんとうにありがとうございました。

YM 父

ここで本当に多くのことを学ばせていただいたと思います。特にうちの子たちというのは英語がとっても素晴らしく、わたくしが使っているようなきれいな英語を話せるぐらいでございます。英語に限らずここで我々のあずかり知らないところで学ぶ機会を頂き、こどもたちは吸収しています。このことは幼稚園あるいは小学校、その先も関わっていくものだと思います。

本当に4年間ありがとうございました。

 

KT 母

3年間本当にありがとうございました。

生後6か月からお世話になって丸3年。今日の卒園式でも、前に立ってノリノリでやっているTを見て、本当にあの子は保育園が大好きなんだろうなということをかんじました。40を超えてからのこどもで3人目なんですが、お世話になった当初はフルタイムでバリバリ仕事をしていて、仕事と育児の両立をさせていただいたことを本当に感謝しています。

3人目といえどもその子その子で性格もちがいますし、やり方も違うし、一番下なんで、すごく甘やかして育ててしまったんですが、これからもTの成長を陰ながら見守っていただきたいと思います。うちも多分明日保育園に来ちゃうんじゃないかというくらい、保育園が大好きだと思うんですけど、これからも時々お散歩がてら顔を出しますのでよろしくお願いします。ありがとうございました。

KT 姉

たまに迎えに行くと「今日○○ちゃんと○○ちゃんとこうしてこうしてこうしたんだよ」と話しているのを聞くと、ああ楽しかったんだなと思います。私もTの兄も太鼓をやってるんですが、大会とかコンクールとかに一緒に行くときそれを見ていて、先生から保育園で披露していると聞くと、ああ私たちの太鼓が影響されてるなって思うし、それを友達と共有して楽しんでいるんで、そういうのをみると大会に出てよかったなと思います。

3年間ありがとうございました。

 

YR 母

2年間ありがとうございました。

第一子で初めての育児で、本当に不安だらけの毎日だったんですけれども、入る前まではRは慎重で人見知りもあったので、私との二人の世界で満足していた面もあったんですけれども、保育園に入ってお友達や先生がいるっていう楽しさも経験できて、本当に彼の世界もひろがって、私もすごく安心しました。温かい愛情を注いでいただいて、りRが安心して過ごせることで私も安心して仕事に向かえましたし、本当にすごく感謝しています。

帰りが遅くなる時に電話をした時も、先生が「大丈夫だよ。気をつけて帰ってきなさいね」と温かいことばをかけてくださって、毎日助けられた、救われた日々でした。思い出と経験を糧に、次の保育園に行っても仕事をしながら頑張りたいと思っています。

ありがとうございました。 

YR 父

今までありがとうございました。

子どもも泣き虫なんですが、嫁も。

Rですが、さっきも泣きそうになったんですがまあギリギリがんばって。強くなったと思います。つぎは聖保育園に行かせていただくんですが、そこでもうまくやっていけるんじゃないかと。それは先生方のお力があったと思います。

ありがとうございました。

 

HM 母

ここでは10か月お世話になりました。ありがとうございました。

入園する前はずっと泣いてばっかりで、トイレも一緒に入ってたぐらいで、ごはんも自分で食べられなくて、2時間ぐらい一緒に食べさせたりとか、本当に色々大変で入ってからもずっと泣きっぱなしでした。保育園に入ってからも、朝の送りが大変で、正直面倒くさいと思うこともありました。でも今となっては友達の名前も覚えたり「○○したの」と話したり、ご飯も一人で食べられるようになって、いろいろなことを教えてくださって本当に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

HM 父

本日という日を迎えられたことをうれしく思います。、Mを入園させるときは不安だったんですが、今まで園長先生や職員の方々のおかげで、今はいろいろしっかりできるようになって本当に感謝しています、ありがとうございました。

 

KR 母

短い間でしたが色々とありがとうございました。

Rにとって楽しい一年間だったと思います。

一年間本当にありがとうございました。

KR 父

通い始めたころはまだ・・・てのひらさんに通い始めて1か月2か月たつうちにいろいろ言葉も覚えて、すっかり生意気になっちゃいました。ぺらぺらといっぱいしゃべってくれます。大切なことを教えていただいて育てていただいたなと思います。

本当にありがとうございました。

 
中嶋
こちらこそ、保護者の皆様と一緒に楽しく「共育て」をすることができました。
本当にありがとうございました。
7月6日(土)の同窓会で会えるのを楽しみにしていますね。
困ったときはいつでもお立ち寄りくださいね。

てのひら保育園HP http://tenohira-kids.com/






tenohirahoikuenn at 16:43│Comments(0) 保護者 

コメントする

名前
 
  絵文字