2019年10月02日

水害訓練

10月2日(水)

朝のあいさつの中で、保育士が「今日の天気は?」と聞くと、「Sunny」と答えたのはRくん(2歳3か月)。本当に日差しの強い日になりました。
が今日は、「水害訓練」の日です。

朝から舎人地域でも雨が降っており、
埼玉県の記録的短時間大雨の影響で、
新芝川の氾濫が予想される・・・・
という想定で

9:30~ 2階に避難することを予定して準備を始める。
子ども達が濡れないように、ブルーシートを屋根にして通路を作り
2階で保育できるように、マットを敷き詰める
保育用品の運び込み
1階の浸水対策

10:00~ 子ども達の避難開始(2階に)
     2階で全員の安全確認
     2階で保育開始・・・

と訓練しました。
2階への避難訓練も3回目なので、職員は慣れてきてスムーズです。
IMG_7456
子ども達もいつもの避難訓練のように、静かに移動してくれました。
IMG_7454
2階には、余分の絵本やソフトプレイジムがあったので、子ども達は飽きずに遊んでくれました。
IMG_7463

IMG_7473-1

また、職員は備蓄品(缶入り液体ミルク・缶入りビスケット・缶入りパン・紙オムツ・ストーブ・水)などを確認をしました。
IMG_7465

2階(第2てのひら保育園の2階部分のみ)は、スペースがあるだけで、電気が通っておらず、トイレもありません。それで今年は簡易トイレを組み立てて、使い方を確認しました。段ボールで仕切りましたがどこをトイレスペースにするかも悩みです。
電源は、蓄電池を購入し、避難部屋の扇風機用の電源としました。
また、発売間もない缶入り液体ミルクも哺乳瓶と一緒に保管しました。

訓練を終了しての反省では、
大雨の時はニュースに注意し、早めに動きだす必要があること。
本当の時は、移動が困難になるので、保護者のお迎えもすぐには来れないかもしれず、滞在期間が長くなることが想定されること。
午睡する子も出てくるので、その準備が必要であること。
などを話し合い、対応策を講じました。

想定を超える災害が多い中で、保育園として行う準備には、想像力が頼りですが・・・
保護者への引取り依頼連絡もどの時点でするべきか?
むしろ閉園にするべきか?
台風15号のように甚大な被害が想定されるときは、そうした判断も必要になります。

てのひら保育園・第2てのひら保育園では、お子さんの命と安全を守るために、保護者への連絡は「連絡帳アプリ」と「メール」を使いますので、よろしくお願いいたします。

てのひら保育園HP http://tenohira-kids.com/

tenohirahoikuenn at 15:10│Comments(0) 保育園運営 

コメントする

名前
 
  絵文字