2021年09月29日

快晴の中の水害避難訓練

9月28日(火)

「水害避難訓練」を行いました。毎年行っていますが、なぜか快晴になるんですよ(笑)
足立区と川口市の間に流れる「新芝川」が氾濫しそうという前提です。

10時に区の警戒レベル3が発表されて、「てのひら保育園と第2てのひら保育園」の職員は、避難の準備を始めました。
「てのひらこども園」は1階にいる園児が2階に避難するだけなので、お散歩カー(災害時は避難車となります)を押して、支援に来てくれました。
IMG_3246

IMG_3247
避難車に5.6人ずつ載せて運びます。雨だった場合は濡れないようにブルーシートをかけて移動します。赤ちゃんは職員の背中におんぶして。本番はこの上からレインコートを着て。
子ども達を不安がらせないように配慮しながら、慌てることなく安全に・・・今回は2回の往復でしたが、本番になるとまだまだ運ぶものがあると思います。

10時30分には、全員がこども園の2階に避難できました。
IMG_3252

IMG_3251

こども園の子ども達は、スムーズに幼児クラスに避難しました。
災害から園児や職員を守ることは、簡単ではないと思います。が、土砂崩れがしそうな山や、氾濫しそうな川がすぐ側にあるわけではないのが救いです。

保育園のある舎人1丁目は足立区の中でも土地が高いので、区のハザードマップでは、「新芝川」の反乱でも「0.5m以下の浸水」となっています。
近くにあるこども園は単独2階建で、2階には調理室やホールがあり、乳児たちの避難場所としては適しています。
また、太陽光発電設備の充電器も整備しているので、停電の場合も電話やネットでの連絡などの対応は可能と思っています。

想像力をフル活用して、訓練で感じた課題を検討して、備えていきたいと思います。

てのひら保育園HP http://tenohira-kids.com/

tenohirahoikuenn at 18:30│Comments(0)保育園運営 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。