このブログは記事ごと移転しました 這個博客遷移了 →

2008年02月22日

王心凌全記事へ

これはHoney-Gさんの記事「王心凌カバー原曲リスト」からのトラックバックです。

Cyndi03-1s台湾のスーパーアイドルCyndiの今までのアルバムを見るとやたらとカバー曲があり、一番多いのが韓国からのもので、あと日本、欧米と続きます。
CyndiファンのHoney-Gさんがそれらをまとめてくれました。貴重なリサーチなのでこちらにも貼っておきます。(若干の補足とリンクを加えてます)

-----------------------------------------------------------------------------------

「Begin…」(2003年2月) より

「灰姑娘的眼涙」…イントロのみダニエル・リカーリ
         『ふたりの天使』(フランス)
「On My Way」…J (チョン・ジェヨン)『8318』(K-POP)
「Baby Baby Tell Me」…オム・ジョンファ『同題』(K-POP)
「As Time Goes By」…T (ユン・ミレ)『同題』(K-POP)
「這…」…DANA『DIAMOND』(K-POP)

「Cyndi Loves you」(2004年3月) より

「愛你」… PAPAYA 『ネ イェギル トゥロバ』(K-POP)
「月光」 …ヴィレッジ・シンガーズ 『亜麻色の髪の乙女』
「愛的套餐」…金賢珠 (キム・ヒョンジュ)
       『ヨネウィ キチョ(Yeon Ae Eui Gi Cho)』(K-POP)
「第一次愛的人」 …M2M 『The Day You Went Away』(ノルウェー)
「心心相印」 …SWI-T 『ノワナンハナンゴヤ』(K-POP)

そのほか、
「明天見」は原題が『頑固』となっていますがそれ以上の情報なく。
キム・ヒョンジュは超有名な同名の女優さんがいるそうですが、そうではない方で表記はhyun zoo。
1st album「first story」に収録されています。

『亜麻色の髪の乙女』は青山ミチ『風吹く丘で』を改題したもので、
先に録音された青山ミチ版が幻のオリジナルだということです。

「Honey」(2005年2月) より

「Honey」 …イ・ジョンヒョン『Summer Dance』 (K-POP)*
「飛口巴」…古謝美佐子『童神』(夏川りみがヒットさせる)
「失恋歌迷党」…S'MAX 『ALOHA』 (K-POP)
「青春考巻」…SweetS『虹色の永遠』
「愛的滑翔翼」…大塚愛『桃ノ花ビラ』
「往幸福出發口巴」…ソヨン(seo yeon) 『SWEET JULY』 (K-POP)

 *微妙にメロディーが違うので正式にはカバーではないようです。

また、カバーではありませんが『愛情城砦』の作詞は日本でもおなじみのビビアン・スーですね。

「閃耀2005 新歌+節奏精選」(2005年7月) より

「DA DA DA」 …黄鶯鶯 (トレーシー・ホァン)『同題』
「2005月光閃耀」…『亜麻色の髪の乙女』
          島谷ひとみと言ったほうがいいかな。

「Cyndi with U」(2005年12月) より

「打起精神来」 …竹内まりや 『元気を出して』(薬師丸ひろ子へ提供)
「Woosa Woosa」 …2005 Tiwa Hula Hula 『Hula Hula』(タイPOP)
「太陽万歳」 …吉村ナオミ『太陽の公園』

「微笑PASTA (テレビ・サントラ)」(2006年7月) より

「彩虹的微笑」…Buddy Holly 『It's so easy』(アメリカ)
  これはLinda Ronstadtもカバーしています。

「MAGIC CYNDI」(2007年4月) より

「火車快開」 …GAZOSA 『WWW MI PIACI TU』(イタリア)
「蝴蝶」 …夏川りみ『雨降樹の下で

「Fly! Cyndi」(2007年11月) より

「還是好朋友」 …Gavy NJ『Happiness』(K-POP)
「泡泡糖」 …ベ・スルギ bae seul gi
      『malgwalryangi (おてんば) = TOMBOY』(K-POP)

-----------------------------------------------------------------------------------

以上、Honey-Gさんのリサーチでした。
よくここまで調べられたと思います。特にハングル文字とは悪戦苦闘されたようです。

私なりにこれに補足と能書きを書いてみます。(単なる感想も)
『ふたりの天使』は、元々フランスのサン・プルー楽団というイージーリスニング楽団が、1970年にダニエル・リカーリという歌手をフューチャーして発表したものが、リカーリの名前のほうが有名になってしまった曲です。
『亜麻色の髪の乙女』はCyndiは2回カバーしていますが、当然どちらも島谷ひとみを聞いてのカバーでしょうね。
『童神』も原唱は古謝美佐子ですが、夏川りみがヒットさせましたので、それを聞いてのカバーでしょう。
「Honey」は原曲とおぼしき『Summer Dance』とは、そっくりだけど微妙に違うと言うのは、う〜ん、これがカバーなら問題ないのですが、作曲家も中国名だし、カバーでないとしたら盗作と言われても仕方ないです。イントロのフレーズまで微妙にそっくりです。
「DA DA DA」は台湾の国民的歌手黄鶯鶯 (トレーシー・ホァン) が1983年に歌ったもので、「Changes」というアルバムに収められています。この人は70年代なかばから欧米のカバー曲をたくさん歌ってきた人で、「DA DA DA」も原曲は英語なので、もしかしたらと思って調べてみたら、シンガポールに更に原曲があることだけわかりました。更に調べてみましたが、同名の曲が世界中に山ほどあってお手上げです。黄鶯鶯の曲は中華圏の多くの歌手がカバーしてきたようで、この方はまだ現役です。(公式サイト)
「Woosa Woosa」の原曲『Hula Hula』のMVを見ると、タイというよりカリビアンな感じですね。Cyndiが歌うと、なぜかコメディになってしまいました。
「彩虹的微笑」の原曲『It's so easy』は、バディ・ホリーが1958年にヒットさせ、1977年にリンダ・ロンシュタットがリバイバルヒットさせました。リンダのほうは当時ラジオで耳にタコができるほど毎日流れていました。(だそうですよ^^;) バディ・ホリーは57年にデビューして59年に飛行機事故で亡くなりましたが、ビートルズやストーンズなど、後のアーティストに多大な影響を残してる人です。


Cyndi03-2sどうしてこんなにカバーが多かったのでしょう。特に選曲にトータル性があるわけでもなく取り留めがありません。K-POPが多いのはやはり韓国へのセールスを狙ってのことでしょうか。「Loves you」以降「MAGIC」まではJ-POPが1曲以上入っています。やはりカバーされてると言うことで、いろんなブログなどで話題にはなりましたから、日本でのセールスにも少しは効果があったと思います。しかしカバーは少しずつ減ってきてはいますね。私としてはCyndiのために書かれた曲を歌ってほしいので、今ぐらいがちょうどいいです。
しかし最初にHoney-Gさんの書き込みを見たとき、「こんなにカバーだらけなのか…」と思ってしまいました。ほかの歌手がすばらしいオリジナル曲を発表してきた中で、正直、Cyndiのスタッフが安易に曲を用意しているように思えました。

私は詳しくはわかっていませんが、最近Cyndiは何かレコード会社ともめているようです。「契約」というものがあるので、すぐにやめられないでしょうし、レコード会社もすぐにはクビにできないでしょう。
Cyndi、もめているのなら契約が切れたらすぐやめちゃいなさい。いくらでも歓迎してくれるレコード会社があるよ!
Cyndiは実はとても実力を持った歌手なのです。まだまだ秘めたものを感じます。たぶん、どこかに移籍したときにCyndiが大きく変るんじゃないかと思います。

王心凌 - Wikipedia
●応援ブログ  瞳&心凌迷  Cyndi & Future



(20:59)