脳内アップデートのレビュー、口コミ、評価、体験ブログ

脳内アップデートというおもしろい音源をゲットしました! 今試しています。 脳内アップデートの実体験レビューブログです。 さらに特典もいっぱい付けましたので、御覧くださいませ。

開き直りで集中する

『集中しないと』『やばい』
こんな事を思って焦れば焦るほど集中なんて出来ません。焦りは失敗のもと。

まず開き直りが大事です。

人は1時間程度しか集中できないですよ、通常。好きなこと、得意なことでしたら5時間とか集中できますが、基本的に1時間程度と思ってください。

僕は運転で大渋滞などでのUターンで6時間ノンストップで車の運転を頻繁にしていますが、あれはやらないと行けないという強迫観念、そもそも車をストップできる状況ではないから仕方なくやっていることです。

勉強はどうでしょう。自宅でしたら、『少々一休み』が通用して結局8時間あったとしても勉強した時間は1時間だったなんて経験ありますよね。

『どうせ1時間程度しか集中できないんだから』

この開き直りでとりあえず勉強だったら1時間机に向かってテキストを開いてください。それを数度繰り返したら結果大きなところに行っているかもしれません。

世界の大スターイチロー選手は

小さいことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道。

これを踏みしめて前に進むすかないです。焦ってもナンも生まれない。しかし行動しないとこれもなんにも生まれない。小さな積み重ねが大変大事なのです。
 

集中できない時

a0002_011007
集中できない時まずやることは、

『やばいどうしよう』 などと右往左往しても余計何も手付かずで、結局虚しく終わってしまう可能性が高いです。

なので、まず集中できていない自分を『今は集中していない』 と自己認識する。

そこでスマホでもいいのでメモ帳を開いて、To DOリストを作ってみましょう。To Doはやるべきこと。そのリストを優先順位が高い順から記録を取ります。

何をするべきかを具体化



すなわち見える化することでやるべきことが見えてくるし、その結果、

『よしやろう』とやる気が出てきて途端に集中できるようになるんです。

見える化の大事、さらに体系化の大事、目標が見えてくると自然と集中出来てしまうものです。

勉強が集中できない



難しい問題を解いているときはなかなか集中できませんよね?時計見たり、ちょっと休憩を入れてみたり。

そこで、難しい問題を集中して解く場合は、

これも見える化。

何を見える化するのかと言うと、
問題を見える化するのです。絵にしてわかりやすくしてしまう手法です。

数学なんかですと、わかりやすいですね。応用問題で、問題を絵にして具体的に俯瞰してみるのです。

そうするとわかってきます。

なんでも見える化して、具体的にすることで組み立てしやすくなるのです。組み立てが出来ないから焦ってしまったり、投げ出して集中できなかったりとするわけなのですね。

ちょっとした工夫で集中できるのですからめんどくさがらずに試してみては?


スティーブン・ホーキング博士(宇宙科学者)の格言です。
人生は、できることに集中することであり、できないことを悔やむことではない
ブログ運営者からのお願い
当コンテンツは、実際に脳内アップデートを使って、さまざまな体験をしたという実体験の本物のレビューブログです。


購入後のヒントとなって頂けたらと思います。

★実際のレビューはこちら

当ブログは脳内アップデートを使った体験ブログです

★ブログ運営者情報
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

tensaichan76

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ