December 2006

December 30, 2006

明年再見!!

こんばんは。
今年も大晦日を残すのみとなりました。
このブログも、今年最後の投稿となります。
昨日は、1年間我が家、我がオフィスを守ってくれた神棚、またささやかながらも財運をもたらしてくれている水槽をはじめとした大掃除を行いました。
 うちの家内は、ウメサンの妻でありながら、松居一代さんの大ファンでして、松居さんのお掃除風水の信奉者です。
松居さんがテレビにて、来年の開運の秘訣は玄関の下駄箱掃除、靴底の掃除ということを知り、半日かけて念入りに掃除をしてくれていました。
来年は『大地』の象意を持つ二黒土星の年ですから、大地を踏みしめて大地の気を直接受ける靴、その靴をしまう下駄箱は重要ですね。
 測量士でもあり中国伝統風水にはまっているケロケロウメサンは、玄空飛星派による24方位ごと、すなわち15度ごと、時には玄空大卦派の64卦方位、すなわち6度弱という細かい鑑定をするところに、本格的風水師冥利の快感なるものを感じたりしていますが、そうした“技法”の前に、掃除や整理整頓がとても重要であることを、家内を通して再確認させられました。
明日は、元旦深夜のショップチャンネル出演もあり、夜には家を出ますが、夕食前までは、車の掃除、部屋の掃除をしっかり行いたいと思っています。
皆さんも、言うまでもなく大掃除をされていると思いますが、神棚や仏壇、玄関とくに下足箱、そして水槽や噴水インテリアの掃除を念入りにして、良いお年をお迎え下さい。
 ブログを始めてから14ヶ月、なんとかそれこそ徒然なるままに、続けることができました。来年も鑑定レポートを中心として、徒然なるままながらも、より内容もバージョンアップできるよう、精進していきますので、2007年もよろしくお願い致します。
明年再見!!

tenshin555555 at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 風水学 | 開運法

December 28, 2006

〜2007年今年の運勢、2007年度究極の開運風水アイテム更新のお知らせ〜

こんにちは!
今年も残り4日となってしまいました。
今月はこれでまだ3回目の投稿ですが、まさに師走の様相の1ヶ月でした。
裏を返せば、それだけご用命をいただいているということで、感謝の限りです。m(__ __)m
さて、ようやく年内における外出の仕事を納め、デスクワークに集中できるようになりましたので、大変遅くなりましたが、気場風水館HPにおける「2007年今年の運勢」、「2007年度究極の開運風水アイテム」の2項目に関して、アップさせていただきましたので、ご照覧いただけますと幸甚です。
私事ですが、2007年は元旦からショップチャンネル出演があります。2007年は、ケロケロウメサンも風水師としてもう一段階成長すべく、年始早々から仕事を入れさせていただき、気合を入れて新年を出発します。
「新春あなたの運勢を占う!」と題し、1/28にはお台場の風水専門店「風水改運中心」にて、新春風水鑑定会を催行しますが、良き一年をスタートすべく、少しでもお力になれればと思っています。詳細は気場風水館HPをご覧下さい。
年内にもう1回、投稿したいと思っています。
「終わりよければすべて良し!!」一年をしっかりと締めて、新たな一年を迎えましょう!!

tenshin555555 at 11:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お知らせ | 風水アイテム

December 21, 2006

五黄殺方位は怖い!けれども怖くない!!

 こんばんは。
またまた前回の投稿から、ずいぶんと間隔が空いてしまいました。
ここのところ、まさに師走の様相でして、すみません!!m(__ __)m
さて今回は、九星気学でいう五黄殺方位に関して、取り上げてみたいと思います。
タイトルの「五黄殺方位は怖いけれども、怖くない!!」は、矛盾した文章となってしまっていますが、たしかに恐ろしい五黄殺方位ではありますが、それを克服して好運の波に乗っている、立命塾門下生の壽龍さんを例に、その化煞法(克服法)を考察してみたいと思います。
 「壽龍」は、11/30投稿記事でご紹介した井藤君のハンドル名です。そのときの記事でもご紹介したとおり、彼は昨年春に、当塾に入塾するため、脱サラして福井からわざわざ上京し、ちょうど一年間新宿から毎週一度通い続けて、今年の春に無事免状皆伝となり、愛妻と愛する子供たちの待つ越前市に帰郷しました。
 新宿から見て越前市は西方位に位置しますが、ご存知の通り今年の西方位は、九星気学でいうところの最大凶方位である「五黄殺方位」です。たしかにウメサンの鑑定経験上も、何の対策もしないでこの方位に移転した場合、かなりの高い確率で凶作用が及ぶ方位であると実感しております。
どうしても凶方位に移転しなければいけないとき、目的の移転地が吉方位となる地に数十日間(気学家により期間は異なります)仮住まいしてから、目的の移転地に移転するという"裏技”を、九星気学は教えてくれていますが、忙しい現代社会においては、なかなかこの"裏技”を使用する時間も経済的余裕もないというのが現状です。
 井藤君もその"裏技”を駆使したくてもできない事情があり、他の化煞法を用いざるを得なませんでした。
 そこで用いた化煞は、
仝雫大卦擇日法と奇門遁甲を駆使して、移転方位が吉となる年月日と時間帯に東京を出発
玄空大卦擇日法にて吉日時に移転祝いを行う
化煞好転十二方位牌の使用
です。
可能な化煞法を施して、あとは凶方位のエネルギーに屈しない気合で仕事に励む決意で帰郷しました。あれから半年以上経ちましたが、彼は今開運ブレスメーカーとして福井県でも評判の存在となり、風水鑑定業もがんばり始めています。
 彼を通じてたとえ最大凶方位であっても、できる最善の化煞を施し、その凶方位エネルギーに屈しない気合でがんばれば、必ず克服できることを確信させていただきました。
 壽龍さんは今月から、福井テレビのHPに風水コラムにも投稿し始めていますので、ご照覧いただけますと幸いです。
  壽龍の風水コラム⇒こちらから


tenshin555555 at 22:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 雑記(風水) | 開運法

December 10, 2006

「惜しみなく与えれば返ってくる宇宙の法則」

 師走に入ったと思ったら、気が付くともう中旬にさしかかっています。
師走の名の如く、公私ともにあわただしく動き回る日々で、12月最初の投稿になってしまいました。すみません!m(_ _)m
さて年末と言えば、「年末ジャンボ宝くじ」が脳裏にすぐ浮かんでしまうケロケロウメサンですが、原稿の〆や鑑定書作成の納品日、出張鑑定に追われるまま、なかなか宝くじを購入できないでいます。
 ウメサンもこれでいて風水師の端くれですから、宝くじを購入するにも、やはり奇門遁甲、九星気学、玄空大卦擇日法等を駆使してと思っていますが、まだ調べてもいません。なんとか今週中にはそれらを駆使して、購入してみたいと思っています。
 先ず最初に宝くじが浮かんでしまったウメサンですが、年末と言えば他に連想されることは、「歳末助け合い運動」もそのひとつです。
 歳末には、募金をするように心がけているケロケロウメサンです。風水鑑定にしろ、風水アイテムの販売にしろ、さまざまなご縁をいただいて知り合ったお客様がおられたからこその生業ですから、そのご縁に対し、また家族含め健康で生活できることに対する感謝の思いを込め、少しでも世の中のために還元できればと思っております。
 「惜しみなく与えたものは返ってくる」というのが、不変なる宇宙の原則と実感しているケロケロウメサンです。この「惜しみなく」というのが、なかなか難しいのですが、まとまった収入が入ったときはその何十分の一でもいいですから、世の中に還元することをお勧めします。
 ウメサンの場合は、まとまった収入の基準をだいたいいくら以上と定め、消費税と同じ5%程度を還元することと心に決めていますが、そういう基準を設けていると、比較的「惜しみなく」できる感じです。
 2月のブログにてご紹介したお客様ですが、うん百万という臨時収入のうち、ウメサンが提案したとおり5%を、ユニセフなどの公的な機関に分けて募金をされました。その後どうされているのか気になっていたのですが、先日ご連絡いただいたところによると、脱サラして自立後、次から次へと大きな仕事が入ってきたというのです。もちろん彼にはその道の有能な技量があり、そして風水環境も整えてはいるのですが、その徳積みが、大きな条件になったのだろうと実感したケロケロウメサンです。そのお客様は、今後法人化もして、経営者としてますます活躍されるに違いないと確信しました。
 このお客様を通し、得た収入は自分の力だけで拠るものでなく、天が与えてくれたご縁と多くの支援を受けてのものですから、できる範囲で精一杯世の中に還元していくことの重要性と真理性を、改めて教えられたケロケロウメサンです。

追伸)
私事で恐縮ですが、情報誌の「TOKYO WALKER」最新号(12/5発行)に、お台場特集が組み込まれており、不肖このウメサンが風水監修させていただいた「お台場小香港」も1ページ分掲載されております。ウメサンのケロケロフェイスも、他の画像に悪影響を及ぼさない程度にちっちゃく乗せて頂いております。小香港はじめ、リニューアルオープンしたお台場一丁目商店街、近日オープンのマッスルパーク等、クリスマスシーズンのデートコース等に最適な情報満載ですので、ご購読いただけますと幸いです。

tenshin555555 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 雑記(風水) | 開運法