March 31, 2017

第9運(2024年〜2043年)玄空宅運盤(飛星チャート)

 三月晦日を迎えました。
 前回、年に一度の天戦地冲月を取り上げましたが、韓国では昨日前大統領の朴槿恵氏に逮捕状が出て、収監されましたね。天国から地獄のジェットコースターのような運勢となってしまいました。
 朴槿恵氏については、命理学と風水学にて考察をしていますので、関心のある方は
辞任必至の朴槿恵大統領スキャンダルを命理学&風水学で考察1
辞任必至の朴槿恵大統領スキャンダルを命理学&風水学で考察2
を参照ください。

 さて今回は、風水学の投稿です。三元九運では現在、まだ第8運(2004年〜2023年)にありますが、あと7年もすると、次の第9運に入ります。新築やリフォームの風水鑑定や、三元九運を刷新する「改換天心」という風水工事の依頼を受けたとき、第8運も残り7年弱となった今、どうしても次の第9運時における宅運も考慮する必要があります。
今までは、第8運最旺の8(八白)をいかに有効利用するかが、最も重要でしたが、これからは第9運最旺となる9(九紫)も考慮していかねばなりません。風水師としては、難儀な移行時期に入ってきたわけですが、裏を返せば、風水師としての腕の見せ所だとも言えます。
 実は三元九運のほか、両元八運という説もあります。この両元八運ですと、すでに2017年立春(2/4)より、第9運に入っております。
 ウメサンが風水の基本理論としている三元玄空地理術においては、天の氣は三元九運に拠り、地の氣は両元八運に拠るとしています。天の氣と地の氣はサイクルが異なり、各九運における期間にズレが生じます。
 地の氣はすでに第9運に入っている今年からは、8(八白)だけ重視ではよくなく、9(九紫)も重視しなければなりません。
 今回、第9運における玄空宅運盤(飛星チャート)を掲載します。八宅別となっています。
第9運挨星盤(東四宅)

第9運挨星盤(西四宅)


 2024年2/3までに新築、入宅する場合は、あくまで第8運の玄空宅運盤に拠ることとなりますが、今後は第9運にも刷新できるように、アドバイスする必要があると、ウメサンは考えています。

 関心ある方は、立命塾講座にて生講義で伝授させていただいていますので、塾の門をぜひ叩いていただければ幸甚です。
第11期立命塾「実践的風水学講座」募集中ですm(__)m



tenshin555555 at 13:16│Comments(2)風水学 

この記事へのコメント

2. Posted by ケロケロウメサン   August 07, 2017 11:01
千代様、
南半球からのコメントありがとうございます。
正直言いますと、私はまだ南半球での出張風水鑑定は経験ありません。
南半球だと宅運盤(飛星チャート)はどうなるのか?という疑問を誰しも抱きますが、私の老師である劉育才老師が、南半球でも宅運盤は同じであると断言されていました。
これから土地購入、家宅購入をお考えとのことですが、あと6年半で第9運となりますので、第9運における宅運盤を基準として土地、家は購入もしくは建築し、2024年2/4以降の吉日時にご入居されることをお薦めします。
玄空飛星派風水を学ばれたことがあるとのことですので、ご存知と思いますが、同じ宅運盤(飛星チャート)をもとに鑑定するとしても、門派により、技法が異なります。
玄空派も玄空六派といい、大きく六グループに分かれ、玄空飛星派風水を使用する流派は開祖章仲山老師の生誕地である無錫常州にちなみ、無常派と言われます。
この無常派も、沈氏、孔氏などさらに別れ、私は談氏三元玄空地理の門下です。
その沿革や理論技法は、拙著「陽宅風水術実用大全(東洋書院)」に詳述しましたので、amazonにてご購読いただけますと幸甚です。
ご購読後、ご質問等あれば、メールやコメントでご質問ください。
宜しくお願い致します。
ケロケロウメサンこと楳山天心拝

1. Posted by 千代まゆみ   August 05, 2017 17:11
5 日本のサイトで、flying star fengshui を語れる人は余りいないと感じていましたが、
先生のサイトはかなり本格的で感動しました。
私はFlying star feng shui をちょっとだけ勉強させて頂いた者ですが、第九運を前に土地、もしくは
家を購入しようかな、とかんがえています。
先生のコースに参加したいのですが、あいにく、海外に在住している為日本に出向くのはむずかしい
かとおもわれます。(ちなみに、私共、南半球に暮らしております)
2004年に酉の玄関で家をたてましだ。結果、近所との人間関係(ヤキモチ等の複雑なフィーリングなのだとおもわれますが)がとても悪くなり九運に向けて
良い方位の家を買いたいので、アドバイス等ありましたら、宜しくお願いします
第七運(1988から)ここに住んでいるのですが、2003までは、人間関係、ビジネス全て順調だった
のですが、色々な人間関係は壊滅的で、お金だけは追わずとも順調には入ってきます。
先生お薦めの本等がありましたら、おしえていただきたく。
よろしくおねがいいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字