谷底の街「渋谷」を風水的に考察12018.12.15『強運をつかむ風水セミナー』ご案内

November 14, 2018

卓球王国の中国から大魔王と称された伊藤美誠選手を命理学的に考察

 早いもので11月の中旬、拙宅のある桶川は紅葉の盛りを過ぎ、イチョウなどの枯葉が舞い始め、いよいよ晩秋から初冬の装いになってきました。
 さて、国際卓球連盟(ITTF)主催のワールドツアー・スウェーデンオープン(10月29日〜11月4日)の女子シングルスで、伊藤美誠選手が、リオデジャネイロ五輪金の丁寧選手はじめ、中国の主力3選手を破って見事優勝しました。続くオーストリアオープン(11月6日〜11日)でも、早田ひな選手と組み、女子ダブルスに出場し、決勝で中国若手ペアに勝って、これまた見事に優勝!!すごいですね \(^O^)/
 ウメサンも中学時代は部活で卓球をしていた(弱かったです・・・(^^;)ため、卓球は好きなスポーツのひとつですが、世界ランク1位の丁寧選手に、わずか26分間で勝利しての優勝は、鳥肌が立つくらい感動しました。
 伊藤選手は、まるで後光が差しているように、とってもきれいなおでこをしていますよね。こうしたおでこの持ち主は、観相的には知性的で機転が利き、強運の持ち主が多いです。
 伊藤選手については、拙著「チャンスの神様の前髪をつかめ!」にて、次のようにとりあげています。
2018.11.14 伊藤美誠選手

2018.11.14 伊藤美誠選手2

 この本では、生年月日の干支関係のみで解説していますが、14歳4か月からの十年運は、大運支-生日支-生年支が申-子-辰の三合を形成し、「びっくり融合」期にあり、異次元に飛躍できるチャンスの期間なのです。
 特にリオデジャネイロ五輪の2016年は丙申年、来る東京五輪の2020年は庚子年で、三合関係がさらに重なり、超びっくり融合期です!リオデジャネイロでも活躍して女子団体銅メダルを獲得しましたが、東京五輪では団体はもちろん、個人でも大活躍するに違いないと、今から楽しみですね。

 本ではチャンスのときを知ることに特化して、四柱推命学の知識がない方でもわかりやすいように、干支関係だけで見ましたが、ここでは干支だけでなく、より深く四柱推命学的に命式を見てみましょう。

伊藤美誠選手 2000年10月21日生まれ

生年 庚辰戊 偏印 偏官 墓
生月 丙戌戊 偏財 偏官 冠帯
生日 壬子癸     劫財 帝旺 羊刃
生時 不明
空亡(天中殺) 寅卯

格 殺印破格
調候用神 火 (補佐用神 木土)
守護神  丙丁 

命理学解説
 伊藤選手は、月支元命に偏官を持ち、さらに生年月と偏官が重なっています。我が身日干は月令(げつれい)を得ていません(日干を強める季節に誕生していないこと)が、劫財が幇(ほう、同じ五行のこと)、生年干の偏印が助(じょ、生じる五行)となって強め、元命偏官とのバランスが取れており、偏官の性情が強く表れます。偏官は七殺というありがたくない別名を持つように、時に暴挙に出ることもありますが、元命の偏官は、生日支蔵干と戊-癸の干合となっており、偏官が持つ凶面である暴力性などは去り、和気春風とした氣を帯びるようになります。
 一方偏官は冲(ちゅう)されるのを嫌い、冲されると殺氣を帯びて暴挙に出るとされますが、伊藤選手の場合、偏官を蔵す地支が、辰×戌と冲になっています。しかし五行の土性同士の冲(朋冲という)でぶつかりは弱く、さらの生月と生日の蔵干が戊-癸の干合ゆえに、この冲の凶作用は解除されています。
 また、月支元命が偏官の場合、他に印星(印綬か偏印)を持つと、殺印格となります。印星は技芸の象意を持ちますが、伊藤選手は生年に偏印があります。武神とも称される偏官を元命に持つ伊藤選手が、卓球という球技の世界に身を投じ、血の滲むような努力することにより、技の長けた武神になれたのでしょう。 
 そして、生月干は丙で、調候用神と守護神を帯び、発展の命(努力で発展繁栄できる命式)です。
 十二運を見ると、生年に墓、生月に冠帯を持ち、墓庫が開く命式となっています。何が開くかは墓の中身に依りますが、辰の蔵干から生じる「偏官」が中身です。一般的には墓の中身が偏官ですと、生命の危惧を意味しますが、伊藤選手の場合、生年干支が庚辰です。六十ある干支の組み合わせのうち、庚辰、庚戌、壬辰、戊辰は魁罡(かいごう)と呼ばれ、とても強い個性の持ち主です。頭が切れて芸術学術に長けていますが、反面悪く出ると、強情で冷徹な性格となります。六十ある干支の中でこの四つは干と支の結びつきが強く、伊藤選手の場合、庚から偏印、辰から偏官が生じており、もともと官は印を生じますが、益々その作用が強く、墓庫が開いて偏官が強く表に現れ、偏印を強めることになります。
 取り分け今年は戊戌年、伊藤選手にとって補佐用神となる土性が強い年で、さらに十二運は冠帯で、生年支の墓庫を全開し、武神の偏官が強力に偏印に闘氣を与え、「みまパンチ」と称される機関銃のようなスマッシュを武器にしての勝利だったのでしょう。
 中国メディアが「大魔王」出現!と称しましたが、まさに墓庫が開かれ、大魔王(命理学的には偏官)が出現したのです!!長らく敵なしの卓球王国であった中国が恐れる存在となった伊藤美誠選手ですが、びっくり融合の十年運でもあり、益々の活躍が期待されます。

追伸
 谷底の街渋谷を風水的に考察2は、近日投稿します。



tenshin555555 at 14:32│Comments(0) 四柱推命学・算命学 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
谷底の街「渋谷」を風水的に考察12018.12.15『強運をつかむ風水セミナー』ご案内