「玄空おっさんずの風水事件簿」近日電子出版します世界の縮図である日本のほぼ中心で平和を叫ぶ

October 31, 2019

ホームページをリニューアル中です

 10 月も晦日、いよいよ紅葉の季となりましたね。
天高くツリー突く風見鶏

 画像は、ウメサンが主宰させていただいている浅草の教室テラスより撮影しましたが、「天高くツリー突く風見鶏」とへたな歌のテーマ写真です(^^;
 巷ではハロウィンということで、夜は渋谷はじめ、繁華街では賑わいになるんでしょうね。
 ブログを始めてから15年近くになりますが、年のせいでか投稿の気力が衰え、だんだんと投稿間隔が空き、最近は月ニ投稿がやっとになってしまいました^^;
 ゼロの月にはしたくなく、晦日の今日、慌てて投稿します。
 現在通常業務と合わせて、ホームページのリニューアルに取り組んでいます。今までのホームページは2002年から使用してきましたが、ウメサンの怠慢もあってなかなか情報を増やすことがかなわなかったのと、Google検索エンジンの進化に対応できず、検索表示の順位がかなりダウンしたため、思い切ってリニューアルすることにしました。(下画像はiphoneによるスクリーンショットです。
新HP1

新HP2


 新しいホームページはブログ一体型で、情報量は今までとは格段にアップします。11月中旬には公開予定です。これを機会に心機一転、頑張ります。

追伸)
 本日、首里城が全焼したという大変ショッキングなニュースがありました。事故なのか事件なのか・・・。首里城は旧王朝の建造物としては珍しい西向き(玄空飛星的には卯坐酉向、下画像参照)です。
首里城坐向方位図

 1992年竣工ゆえ、第7運で向には坐星3、向星7が挨星となっています。3は三碧で木、7は七赤で金、七赤は第8運の現在、破軍の別名通りの凶意を持ち、金剋木と木を剋します。三碧には文字通り「木」、方位的には東の象意があります。坐には坐星7、向星2が挨星となっていますが、2と7の先天五行は「火」です。正殿は、五行で「火」の朱色で塗られた総木造建築かつ坐が東ですが、七赤が衰氣となって凶作用を及ぼしやすい第8運期は、火事にくれぐれも注意すべき建物であったとわかります。いまさら後の祭りですが・・・。
 是非原因が究明され、沖縄の歴史の象徴である首里城の早期復元がなされますよう心から祈願します。


tenshin555555 at 17:33│Comments(0) お知らせ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「玄空おっさんずの風水事件簿」近日電子出版します世界の縮図である日本のほぼ中心で平和を叫ぶ