2021年08月15日

8月15日は

きょうは終戦記念日。
わたしは早くに父親を亡くしているので、父親に詳しいことを聞く機会がなかった。
中学生くらいの時に、誰かに戦争の話を聞いてこいという宿題が出たことがある。
戦時中は四国の田舎の子だった母親には、特にこれといった話題もなく、かといってご近所の人にも効きにくいよね、と電車に乗って近郊の街の父方の伯母に聞きに行った。

伯母によると「姫路大空襲で家を失い、祖父はもうなくなっていた(なにしろうちの父親、親が60代でできた子らしいので…昔は珍しいことではなかったらしい)伯母は魚の行商・父は新聞配達などをして家を支えた、昔はそこそこお嬢さまだったから、とても暮らしに困ったということ。

母親は、というと、香川県の田畑ばかりのど田舎に暮らしていた。
空をB29が街のほうに飛んでいくのを、手を振って見ていたらしい。
大事な建物もない、人の集まらない、こんなところに爆弾落としても無駄。
そうアメリカもわかっているから。
それでも、警官をしていた祖父はこんなことを言っていたそうだ。

「誰にも言うなよ、この戦争は負ける。」

今になって思うのだが、市井の警官だった祖父が気づいていたことだ。
もっとたくさんの人が気づいて、祖父も含め大きな声で叫ぶ人がいたならば。
おじいちゃん、なんで周りの人巻き込んで叫ばへんかったん。

戦争、もっと早く終わっていたのでない?
広島も長崎も原爆を落とされずに済んだのではない?

「核の傘の下にいるから日本の安全は保たれている」
なんて、真顔で言う地方政治家がいるという。
菅首相も戦没者追悼式で、
「今日、私たちが享受している平和と繁栄は、戦没者の皆さまの尊い命と、苦難の歴史の上に築かれたもの」
なんて言っていたけれど、なんだか違うと思う。
近隣諸国への加害責任もあるんでない?

もうわたしたちは、早く核の傘など抜け出してしまおう。
国連が採択した核兵器禁止条約に批准するよう、せめて祈っていこう。

猫にも平和な世の中に
ラウラ「猫も人も、安心して平和に暮らせる世の中がいいにゃ」



tenshineko at 23:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年08月11日

ワクチンがんばりました

帰ってきたねラウラ


ラウラ、昨日はワクチンがんばりました。
うちには車がないので、トランク型のペットキャリーではバイクに積むのに時間がかかる。
もちろん安全に病院に連れていくためには、万が一荷物ホルダから落ちてもいけないので、リュック型のキャリーを使っている。
背中でラウラの体温を感じながら、なるべく怖くないよう近くの動物病院に。

病院で


わかるかな、こうやって洗濯ネットに入れて、万が一脱走したりしないように。
ラウラはとってもいい子でおとなしくしていました。

犬を連れえていた人は皆、なんかちょっと高級そうなわんこと一緒だった。
だけれど猫を連れてきた人はみんな、保護猫だというのだ。
なんだかとっても嬉しかった。

洗濯ネットの網目から注射針をぶすり、今年もいい子でワクチン注射ができた。
とってもいい子だったね、ラウラ。

猫ファイル


予防接種証明書や明細書は、受付のお姉さんがこんなにすてきなケースに入れてくださった。
赤いスクーターに乗ったにゃんこ、さあラウラもスクーターに乗って帰ろう。
長椅子に置いたキャリーのラウラに、
「ねえねのバイクで、光の速さで帰ろうねえ」と話しかけると、受付のお姉さんたちにちょっと笑われてしまった。

tenshineko at 00:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 猫の物語

2021年08月08日

世界猫の日

ラウラ元気です


きょうは世界猫の日だそうだ。
2月22日の猫の日は、日本の誰かが決めた日なんだろうけれど、きょうは世界のどこでもお祝いできる日。
世界中の人に猫のかわいらしさ愛らしさを知ってもらうためにも(そして世界中に猫ヲタを増やすためにも)この日はもっと周知されねばならない。

神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。 1:21神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。 神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。 夕となり、また朝となった。第五日である。(創世記1;20〜23)


このときに神は猫を可愛らしく愛らしく美しく作りすぎた(だから、聖書には猫は登場しない)。
わたしたちニンゲンは、だからもっと猫に夢中になり、猫たちに尽くさねばならない。

もう一度言う。きょうは世界猫の日。
決してクソ暑い中行われた東京オリンピックの閉会式の日ではない。

暑い中、ラウラは(やる気ないけど)元気。
ポーちゃんも毎日お外で待っていてくれる。

ただいまポーちゃん


猫って、いいなあ。かわいいよなあ。
ニンゲンはメンドクサイけれど、猫は素直な心で愛することができる。
見返りなんか求めない、ただこちらの愛情を与えるだけ。


tenshineko at 22:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 野良猫・地域猫

2021年07月14日

訳ありトマト、訳ありのわたし

「ワケアリ」なんて書かれて、朝採れトマトがお安く売っていた。
この子たちのどこに、ワケアリがあるの?

CIMG4394

ちょっと傷があるから?
切って食べちゃえば、わからないじゃない。

ビルのはしっこに、今年もツバメが巣を作り、かわいらしい子燕がいる。

CIMG4341


もしかしたら、親ツバメが拾ってきたエサは、このミニトマトの葉っぱに止まっていた昆虫かもしれない。
蜂や蝶が葉っぱをゆすって受粉させ、トマトができたのかも。
(理科は苦手なので、いい加減なこと言ってますが)

CIMG4340
「みんにゃ、なかよくしようにゃ?」


どのいのちも、みんなおんなじ。
訳あり傷だらけでいいところなしのわたしが、おいしく食べてあげる。
きみのおいしさは、わたしだけが知っている。

tenshineko at 00:23|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | ひとりごと

2021年07月12日

寝違え筋肉痛

なんだか地味に忙しくて、ブログの更新を怠ってしまっていました。ゴメンナサイ。
ラウラもわたしも元気です。

ただ、わたしはこの間から何度か寝違えたりして、すっかり筋肉痛です。
ラウラがじいっと見つめるお布団に入ると、やはりそこには猫と人間の関係があるわけで。
猫のほうが偉いんです。
だから、ニンゲンなどは端っこで小さく、猫さまの邪魔にならないような姿勢で眠らねばならず、寝違えてしまったというわけ。

ぺろりんラウラ
「ラウラのせいじゃないにゃ〜ん」


臭いのきつい湿布や塗り薬はラウラに嫌われるので(そこまでして一緒に寝たいのです)以前病院でもらったクサくない湿布を使っているのですが、貼るのが難しいです(笑)
あまり臭わない、よく効く湿布や塗り薬をご存じでしたら教えてくださいね。


tenshineko at 23:42|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 猫の物語

2021年06月17日

暑くなってもラウラ

Laura2


暑くなってもラウラ、毎日一緒に寝てくれる猫。
先に布団を敷いておいて、そのあとPCを触ったり本を読んだりする時間がけっこう長いのだけれど、ラウラは布団の足元でいつも丸くなって寝ている。
さあ、そろそろ眠ろうかと布団に入ったら、毎晩必ず枕元にトトト…とやってきて、ころん、と体を横たえる。

Laura3


わたしの肩だったり背中だったり、腰だったり足の裏だったり。
時々布団から出ていったりするけれど、こうやってわたしたちは朝まで一緒に過ごす。

Laura4


わたしの指をジョリジョリと舐めまわしたり。
ながーいシッポで頬っぺたをポンポン叩いたり。
きみ、ラジオの音と一緒にねえねを眠らせないつもりでしょ?

室温はずいぶん上がってきている。
いつまで一緒に眠ってくれるかなあ。
背中の温かみを感じながらわたしは雑音の多いAM放送を聴いている。

tenshineko at 23:21|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年06月09日

ポーちゃんを叱れない

なんだか玄関前で猫の音がする。
いつものポーちゃんの「あけて、おなかすいた」
という声とは違う。
何か訴えかけるような表情の声だ。
以前には怪我をして前足を腫らしていたこともあったから、心配になって玄関の戸を開ける。
途端にポーちゃんの口許から、スズメがバタバタッ、と飛び立った。

Poe2


そっか、スズメつかまえたよ、って、ねえねに見せに来てくれたんだね。
スズメはかわいそうだけど、元気に飛び立っていったし、何よりポーちゃんの気持ちを大切にしたい。
うん、何言ってんのって言われることもわかってるけど。

Poe1

猫なんだ、ポーちゃんは猫なんだ。
食肉目ネコ科ネコ属に分類される動物なんだ。
いくらうちでしっかりご飯をあげていても、捕食できるタイミングに小鳥やネズミがいたら、捕りたくなるのはしかたないよね。
「見てみて、誉めて」と持ってきてくれたんだものね、賢かったね。
わたしはポーちゃんをどうしても叱れない。
いい子だったね、と誉めてしまう。

Laura1


ポーちゃんがやっていたように、ラウラも小鳥や虫やネズミを捕って生きていたのだろう。
それはしかたのないことだ。
小鳥がかわいそうという気持ちも、もちろんあるけれど。
生きていくためには、すべての動物はこうして生きていく。
わたしたちニンゲンも、動物や植物のいのちをいただいて生きてゆく。

だから、祈りつつ一生懸命生きようと思う。
わたしのできることを、わたしができるように。

tenshineko at 23:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 野良猫・地域猫

2021年06月06日

太る理由

きょうで姫路市立文学館の「ダヤンと不思議な劇場・池田あきこ原画展」は終了。
あともう一度見ておきたくて、礼拝の後お昼も食べずにそのまま出かけた。
日曜の最終日ということもあり、そこそこ混んでいたけれど、初日よりはゆっくり見られたかな。
原画でしか見られない筆致や色にため息をつきながら。

今日もう一度池田先生のサイン会があるということだったが、きっと初日にもらえなかった人もいるだろうからと思って、ここはぐっと我慢。
きょうはそれより、可愛いダヤンのグッズを買って帰ろう。
Tシャツとチャーム、マグネットを買ったらオマケでクリアファイルをもらった。
姫路城のキャラクター・しろまるひめとのコラボ。

dayanグッズ


ところが、清算しようと思ってわたしは大きな間違いに気がついた。
ゆったりサイズのTシャツだというのに、間違えてLサイズを持ってきてしまったのだ。
慌ててスタッフの方に告げると、交換してくださるということ。
しかし、しばらくして戻ってきたスタッフさんに「ごめんなさい、これが最後の1枚でした」と謝られてしまった。

ダヤンTシャツ


「まあ、いいか!わたしが太ればいいのよ!」
こんな時でも笑いを取りに行ってしまうのもどうかとおもうけれど、この色柄が一番気に入ったんだよね。

ラウラ「ねえねってば!」
ラウラ「ねえねってば!」


よく見たら、ダヤンとラウラってちょっと似てるかも。
家に帰ってこねくり回しながら、お腹や胸の白いところを見る。
ラウラの毛に白いところがもうちょっと多かったらそっくり。
どうりで美猫だと思った。

tenshineko at 23:49|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年06月01日

今日はなんの日

眠れない朝や早く起きすぎてしまった朝。
ラジオが「きょうの花言葉」とか「きょうの記念日」とかを教えてくれる。
きょうは何の日?

世界牛乳の日、気象記念日、バッジの日。

バッジ
ラウラにちょっと似たバッジ、お気に入り。
憲法9条を守ろうっていう、肉球新党のわんことにゃんこのバッジもね。

電波の日、NHK国際放送記念日。

ラジオとジンジン
ジンジンがよく、ラジオを枕に寝ていたねえ。

ねじの日、真珠の日、マリリン・モンローの日。

バースディ・ラウラ2
ラウラ、それはちょっと違うと思うなあ…

ほんとはね、ラウラの誕生日なんだ。
おととしうちに来て、うちの子にするかどうか散々悩んで。
友達に背中を押され、名前を決めた日。
あのとき約3歳と言われていたから、だいたい5歳の誕生日おめでとう。

バースデイ・ラウラ1


ジンジンが神さまにお願いして、連れてきてくれた猫。
TNR活動だけで、もう自分ちで猫と暮らすことはやめようって思ってたのに、押しかけるようにやってきてくれた可愛い子。
ずっと一緒に暮らそうね、だから元気で、いつまでも元気で。

tenshineko at 23:31|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 猫の物語

2021年05月31日

きみはしあわせか

raura1


面白いポーズでラウラが眠っていたものだから。
ちょっとした悪戯心で写真を撮ってみた。

raura3


うにゃうにゃと何だか寝言でもいうように。
起こさないようにとわたしは笑い声をかみしめる。

「猫の幸せは、屋根のある家にいて、ゴハンの心配がないことです」
そう教えてくださった、動物病院の先生の言葉を私はずっと覚えている。
だからきみは、たぶんしあわせだ。
わたしもきみと一緒に暮らせてしあわせだから。

raura2


うん、むちゃくちゃシアワセそうやなぁ。
ベロ出して肉球もお腹もみせて。
野良だったむかしのことは、もう忘れてしまったね。

tenshineko at 00:58|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 猫の物語

2021年05月28日

気持ちいいよねえ

laula


昨日の午前中までは大雨、今日からはまた曇り空。
鬱々とした空模様だが、ラウラは変わらずに寝て過ごしている。
気がついたらわたしの掛布団の上に眠っているものだから、なかなか布団を押し入れにしまえないんだなぁ…

そしてラウラ、夜になっても寝て過ごす。
わたしが眠ろうとすると、どこからともなくやってきて。
枕のそばでゴロゴロいったり、顔をベロベロ舐め回したりするのは反則ね。
かわいいけれど、猫のベロで顔を舐められると痛いんだから。

小さなラジオの声と、猫のゴロゴロオルゴールと。
比べながらわたしは気がついたら眠り込んでいる。
ラウラはトイレやゴハンの置いてあるケージに行ってみたり、また布団に戻ってきてわたしの腰にくっついたり、足の間に転がったり。
なんだかんだでひと晩を一緒に過ごす。

時々、途中でわたしがトイレに行ったりするとついてくるものだから、そんなときはついてきてドアの間をすり抜ける。
だから、抱っこして壁のカレンダーを見ながら
「きのうもきょうも、ラウラはいいこだね。かわいいね」
と、猫かわいがりの声を出す。

あのね、ここでだけの内緒の話。
トイレの中で猫を抱くということは、裸の足で猫を抱くということ。
これがまた、気持ちいいんだよねえ。

tenshineko at 23:47|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 猫の物語

2021年05月10日

コロナよお前も

ベロだしラウラ


少々ブログの間が開いてしまいましたが、わたしもラウラも元気です。
ラウラは相変わらず、しょっちゅうベロ出しの姿で眠っていたり、ゴハンのワガママを言ってわたしを困らせたり、夜は一緒に眠ったりしています。

ゴハンのワガママというのは、カリカリだけでは食べないということ。
トッピングをいろいろ変えるのですが、ペット用煮干しをあげるときには頭だけ残します。
でも、頭が一番栄養がありそう(な気がする)ので、大きい胴体と一緒に頭も指で潰して与えるのですが、この間骨が指に刺さってしまいました。
いつもなら毛抜きで取れてしまうのですが、今回はなかなか取れず。
眉毛用の鋭い鋏で指の皮を血が出ない程度に切り開いてみたり、カッターの刃先を当ててみたりして、ようやく取れたような?

世間では新型コロナ禍の納まる気配は遠く、わたしの愛するJTマーヴェラスでも関係者8名から新型コロナウイルス感染症陽性判定が確認されたとのこと。
早くおさまってほしい、なんとか。
普通の生活にわたしたちを戻してほしい…
この間病院に行ったら、帰り道にこんな貼り紙のある不動産会社をみつけた。

ハウスピア
こら!コロナ お前も早く 自粛しろ!


これがみんなの本音だよね。
キャットフードや煮干し、猫砂やペットシーツを買い出しに、1円でも安いお店を求めて買い物に行くのに、それがままならない自粛生活。
もうそろそろコロナ疲れも限界だなぁ…

tenshineko at 23:17|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 猫の物語 | ひとりごと

2021年04月17日

一年間待ち続けて

dayan1

コロナ禍で1年間延期となっていた、池田あきこ先生の原画展がはじまった。
雨の中、いそいそとバスに乗って姫路文学館へ。
始まる前から長蛇の列だった。
サイン会用に図録を購入し、いざ中へ。

dayan3

ダヤン、待ってたよ。来てくれてありがとう!

パステルや色鉛筆や水彩を使った美しい絵にため息をつきながら進むと、『ジェットストリーム』という黒いペン1本で描かれた作品もあった。イベントの際に制作された物らしいのだが、一色のペンからこんなに色を感じる、この精緻な技術に何かを学びたくて、食い入るように見つめていた。

dayan6


ダンボールなどを使った立体作品や、大きなぬいぐるみなどもあり、写真撮影OKの場所も。
そして、いよいよサイン会の時間。遠くに池田あきこ先生が!

dayan2


あこがれの池田あきこ先生。
絵本のほかにも色鉛筆やパステルの技術本も出しておられ、わたしはとても影響を受けた。
いや、画風は全く違うけれど…
「1年間お待ちしていました」と言うと、「やっと会えたわね」と返してくださった。
若々しくお優しそうな、すてきな方。

dayan7

野良猫たちの幸せをお祈りください、とお願いすると、こころよく笑顔で了承してくださった。
ダヤンが「猫を捨てないで」と言ってくれたなら、どれだけの猫にしあわせが訪れるだろうか。

tenshineko at 22:36|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック てんぷらっち的ニュース | お気に入り猫グッズ

2021年04月13日

死ぬかと思った

18歳の時から二輪車に乗っている。
いちばん最初はホンダのタクト・フルマーク、ほどなくしてスポーツタイプのバイクにも乗り始めた。まぁ、わたしは身長が148センチしかないので、125佞泙任靴乗れないのだけれど。
それでもライダー歴は長いので、そんなに運転は下手じゃないつもりだ。

でもきょうは焦った。死ぬかと思った。
雨上がりの広い道路の端っこ、アスファルトのひどい凸凹。
よろけそうになるわたしとアドレスの脇を、水しぶきをあげて大きなトラックがバイパスめがけて走り去る。
この写真でわかるだろうか?

sato


撮影してくる余裕なんてなかったので、画像はグーグルマップからの借り物。
果たしてこれはいつ撮影されたものだろう?
普段、あまり通らないルートなので今まで気づかなかったが、そばには大きなレストランの駐車場の入り口があるので危険じゃないかなあ?
車体が小さいバイクや運転に不慣れなライダーだったら、自損事故を起こすんじゃないだろうか。

よかったにゃ、何もなくて
「よかったにゃ、何もなくて」


トラックにかけられた雨水でずぶ濡れ。
帰ろう、家に帰ろう。とにかく家に。
いとおしいねこを、そっと抱き上げよう。
猫を抱いたら気持ちが落ち着くね、ラウラ。






にほんブログ村 猫ブログへ モバペ|ペット人気ブログランキング
ランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします。


tenshineko at 21:26|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック てんぷらっち的ニュース | ひとりごと

2021年03月31日

いつでもそばにいる

猫たちの墓(生類慰霊碑)

小さな花束を三つ買って、墓地公園に行った。
お墓の花立の両側に母の好きそうな愛らしい花を。
わたしの猫たちのお墓「生類慰霊碑」にもひとつ。
おかあさん、わたしのねこたち、天国は暮らしやすい?
小さな声でお祈りして、讃美歌を歌う。
きょうはジンジンの命日だ。

CIMG4288

天守閣を望む

この公園は桜もたくさん咲いているし、姫路城の天守閣のビューポイントでもある。
犬を連れて散歩している人、子どもを連れて歩きながらお花見している人、お城を眺めながら缶コーヒーを飲んでいる人、いろいろだ。

花壇

以前は地球儀型の噴水があったところは、きれいな花壇になっている。
だけれど、きれいな桜より花壇の花より。
誰が植えたのでもない蒲公英がわたしは好きだ。

たんぽぽ


わたしの猫たちは、みんな拾い猫もらい猫迷い猫。
蒲公英みたいに風に乗ってきた猫ばかり。

だけれどさびしいね、三月はさびしいね。

ラウラは、ねえねといっしょにゃ…
ラウラは、ねえねといっしょにゃ…


寂しそうな顔をしていると、そっと足の間に入ってきてくれた。
あしたの朝には月替わり、ずうっと一緒にいようね。



tenshineko at 23:11|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 猫の物語 | ひとりごと

2021年03月09日

わたしは誰?

ねえねはねえねにゃ。
ラウラ「ねえねはねえねにゃ。」

なんだか最近、ちょっとモヤッとしていることがある。
やたらにどこかの誰かに間違えられることが多いのだ。
「あら、田中さんでしょ?」「ひさしぶり、鈴木さん」
みたいな感じで声をかけられる。
こういうことがやたらに多いのだ。

まあ、似たような年代、背格好の人はたくさんいるだろう。
わたしは平板な顔立ちで、人ごみに紛れてしまうと見つけられないであろう個性のない人間だし(はい、リアルでわたしと会ったことのある人、笑わない!)時々ならそんなこともあるかな、とは思う。

CIMG4244
ラウラ「そ、そにゃの?」


でもなぁ、あんまり続くとちょっと気味が悪い。
わたしではない誰かが、わたしのそっくりさんがいるのだろうか?
高校時代、近くの学校に同姓同名のスケバンがいるらしいという話は聞いたことがあるけれど。
本当のわたしはわたしだけだよね?ラウラ。

はい、あくしゅしようにゃ!
 はい!あくしゅしようにゃ!


この肉球の柔らかさと肉球を知っているのは、たぶんわたしだけだよね。
ありがとね、ラウラ。

tenshineko at 22:12|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ひとりごと | てんぷらっち的ニュース

2021年03月02日

ポーちゃんもう大丈夫

ラウラ「だいじょぶかにゃ?」


あの子、だいじょぶかにゃ?
ラウラは繊細な猫だけれど、じつはやさしい子。
お手々が痛くって、三本足でピョンピョン歩いているポーちゃんのことが気になっているみたい。

ポーちゃんいい子だったね

ポーちゃんお薬飲めたね


毎日朝夕、消炎剤と抗生物質のお薬を飲んで前足を消毒するポーちゃん。
かなり良くなったようで、今のお薬がなくなったらもういいですよ、と動物病院の先生にも太鼓判をいただいた。
玄関の中に抱っこして連れてきて投薬しているのだけれど、ラウラはいつもそれを見守ってくれている。
(消毒液がこぼれた床をティッシュで拭くと、とってもきれいになるんだけれど、成分はなんなのだろう)

ラウラがいちばんだよ


拗ねちゃってもいけないので、ラウラが一番大事だよ、と治療のあとにはしっかり伝える。
この甘えたさんの表情といったら!

かわいいよ!ラウラ


繊細でいじけっ子で甘えたさんで。
なんてかわいい子なんだろう。

そうそう、先日ポーちゃんの怪我が治るようにお祈りしてね、とお願いした教会学校の生徒S君、ポーちゃんがだいぶ良くなったんだよ、と伝えると「よし!」と大きくガッツポーズをしてくれた。
ああ、この純粋な祈りの気持ち。
神さまに伝わりポーちゃんを癒してくれたに違いない。

tenshineko at 22:05|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 野良猫・地域猫

2021年02月22日

猫の日はいつもより

ラウラ「猫の日にゃんだから」
猫の日にゃんだから…

ラウラ「かわいがって!」
もっとかまって!かわいがってにゃ!


きょうは猫の日、2月22日。
猫の日だから、いつもより構わなければならない。
猫の日だから、いつもより可愛がらなければならない。
猫の日だから、いつもよりゴハンもおやつもゴーカにしなければならない。

猫が一番大切なのだから、猫が一番偉いのだから。

喉ををゴロゴロ言わせて
時々ぎゅうっとわたしの腕をつかんで。

ラウラ喉をゴロゴロ


きょうはポーちゃんの消毒や投薬の時も、そばで励ましてくれるように見ていてくれたね。
いい子だな、いい子だなラウラ。

ポーちゃんは今日も頑張ってお薬を飲み、消毒もがんばった。
きょう、たまたまスーパーで教会学校の生徒・Sくんに会った。
転んで歯が折れちゃった、というので、早く治るようお祈りしてるよ、と言い、「先生のお世話してる地域猫ちゃんも怪我して病院行ったの。早く治るようお祈りしててね」
というと、大きく「うん!お祈りする!」と言ってくれた。
S君がお祈りしてくれたならば百人力だ。
ポーちゃんもきっとすぐに治るだろうと思う。

ラウラも今のところいじける様子はない。
だけれど、ひとつ困ったことがある。
体の下にわたしのルームソックスを敷いたまま。
返してくれないのだ…

ラウラ靴下返してください
ラウラ、靴下返してください…


tenshineko at 23:44|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 猫の物語

2021年02月21日

アホで結構

いま、主にうちにご飯を食べに来ているのはポーちゃんだけになっている。
他のTNRした子たちは、ご近所の家で気に入られて迎えられたり、ふっと姿を消してしまったり。
エドガーは、いなくなったと思ったらふっとある時姿を見せて、わたしの顔をじいっと見つめて姿を消した。
さよならを言いに来たんだろうか、せめてご飯くらい食べていけばいいのに。

ポーちゃんは元気で可愛くて人懐っこいのに、なぜか里親さんに恵まれなかった。
ずっとうちのそばで暮らしている。
ほんとは、ラウラと一緒にうちの子にしたいけれど、それではラウラがいじけてしまうことが目に見えているのだ。
地域猫仲間のうちでもひとりぼっちだったラウラを迎えたので、ちょっと甘やかしすぎたかも。

そのポーちゃんが、この間から左手(前足というのが正しいんだろうな)に怪我をしているようで、ピョンピョンと三本足で歩いている。

ポーちゃんお手々が痛い

抱き上げても真っ黒なので血の跡が見えず、ただ腫れた手だけがかわいそうで。
骨折?捻挫?
2,3日様子を見たけれどよくなる気配もないので、思い切って動物病院に連れて行った。

野良猫を動物病院に連れて行くなんて、アホちゃうか、という声も聞こえてきた。
アホで結構、地域猫だけどわたしはポーちゃんについては責任があると思っている。
何より大切な「命」なんだから。

ポーちゃん病院で


病院でのポーちゃんは、とてもいい子だった。
レントゲンを撮ってもらったが、幸い骨折はしておらず肉球のそばに傷があった。
それが膿んで腫れているとのことで、注射をしてもらい、消毒液とお薬、それに投薬用のピルポケットを処方してもらった。
今朝から消毒とお薬を頑張っているが、とてもいい子だ。
ベランダに置いた段ボールハウスにじっとしていても、わたしの顔を見ると出てきてくれる。
よくなりますように、痛みが取れますようにと祈りながら抱き上げる。

さて、ポーちゃんの治療のあいだ、忘れてはいけないのがラウラの心のケアだ。
猫はかなり繊細な生き物。
自分以外のもの(猫でも人間でも)を大事にしていると思って、粗相(それもわたしの布団で!)しちゃうことがある。
だから、いつも以上にラウラにかまってかまって、デレデレしなければならない。

ラウラが一番大事だよ

大事な子ラウラ


きみが一番大事、うちの猫はラウラなんだから。
ラウラがうちの猫なんだから、ねえねの猫なんだから。
ねえねのラウラ、ラウラのねえね…
他人が聞いたら、これまたアホちゃうかと思われるような言葉を呪文のように囁く。
とにかくポーちゃんが元気になるまで、気の休まることがない。

tenshineko at 22:50|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  | 猫の物語

2021年02月02日

がんばれ群馬銀行グリーンウィングス

ねえね図々しいにゃ!
ねえね、口座もにゃいのに図々しいにゃ!

ほんとにもう〜、ねえねってば
懸賞みつけたら、にゃんでも応募しちゃうんにゃから…


はい、わたしは群馬銀行に口座持っていません。
たぶん大阪に一つあるきりで、関西には支店がないし。
だけれど、群馬銀行グリーンウィングスの試合は、ネットで何度か見ている。
みんないい顔でプレーするんだよね。
わたしは強いチームが好きだ。だけれど、それ以上に楽しそうにプレーするチームが好きなんだ。

先月の13日にこのBlogの『コロナに負けるな!アスリート!』で、残念なことに4名の選手・スタッフが新型コロナに感染してしまったという大変な時に、懸賞当選のお知らせの葉書をくださったという記事を書いた。
その懸賞の賞品が、今日届いた。

群馬銀行ファイル

賞品は選手全員のサインが入ったクリアファイル、ということだったのだが、ファイルの中に可愛らしい封筒が入っている。
なんだ?と開いてみると#9・上地野々香選手のメッセージ入りの、サイン写真が!
これはとっても嬉しいオマケだ。
上地選手はリベロとして活躍している。宮古島出身で、これから人気の出そうな愛らしい笑顔の23歳。

しかし、この賞品を送付してくださった方は気づいただろうか?
わたしの住所が昨年群馬銀行とV1昇格を賭けてV・チャレンジマッチで闘った、ヴィクトリーナ姫路の体育館から徒歩5分にあることを(笑)

だけれど、わたしは単純な人間なのである。
懸賞はほとんど趣味なのだけれど、当たったらうれしくて、その企業の商品を率先して買ったりする。だから、群馬銀行グリーンウィングスも応援しよう。
嬉しいことに、チームは保健所の指示による療養期間等が終了したそうだ。
感染者を含めた選手・スタッフについて改めてPCR検査の結果、全員陰性。
これによりチーム全体での活動を再開したというから、今季は無理でも来季上がってきてほしい。

tenshineko at 00:28|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック スポーツ | てんぷらっち的ニュース
読者登録
LINE読者登録QRコード
Archives
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

投票してね!
for click!
にほんブログ村 猫ブログへ



モバペ|ペット人気ブログランキング