2017年06月11日

家に帰りたくない

ジンジンおやすみ
ジンジンが待ってるにゃよ?


10日の土曜日のこと。
昼過ぎだったか、いきなり玄関のチャイムが鳴って、警察官がやってきた。
わたしの住むアパート・どくだみ荘の東の端に住んでいる老人が孤独死していたという。
どんな人だったかとか、最後に見たのはいつだとか、まあそういうことは聞かれるだろうが、なんでわたしの個人情報をそこまで?と思うくらいいろいろ聞かれた。
それも入れ代わり立ち代わりで何度も。
詳しいことは書けないが、いろいろ問題の多い人だった。
でもわたしも他の住人も交流はないから苗字しか知らない。

細かい作品を作っていたところだったのに、気持ちがすっかり飛んでしまって、外のパトカーや白バイ、家の前をドカドカ歩く靴音、そんないつもと違う雰囲気に、気持ちはすっかり沈んでしまう。
どくだみ荘、孤独死二回目だよ…

狭い廊下にびっしりと群がる警官たち
腕に「鑑識課」と刺繡が入っているのが見える。
事件性があるのでもなさそうだけれど、下の駐車場に止めてある、窓にびっしりネットを張った、パトライトつきの白いワゴン車、あれにご遺体を積んでいくのだろう。
早く連れて行ってあげればいいのに。

バイクを置いてあるところにも警官がいっぱいうろうろしているので出かけにくく、少し減ったところで隙をついてスーパーへ。
とにかくこの状態から抜け出したかった。
買うものも別にないのに売り場でウロウロ時間をつぶす。
夕方6時過ぎ帰るとやっとパトカーは消えていた。

きょうも教会で礼拝が終わってから、帰りたくなくて。
「でもジンジンちゃんが待ってますよ」と、
優しい姉妹が言ってくれたのでようやく重い腰を上げる。
だけれど、わたしは見てしまった。
ついいつもの習慣で、バイク置き場のある東の階段を上がってしまったのがいけなかった。
西の階段を上がるべきだったのだ。

ご老人が亡くなっていた部屋のガラス戸の内側に、ハエがびっしり。
ここには蠅の王がいるのではなかろうか。

玄関には虫よけを吊るしてあるけれど、それだけではダメだろう。
蚊取り線香は蠅には効かないよなあ、と思いながら気休めに焚き、お友達に教えてもらったハッカ油のスプレーを作る。
できることはなんでもしておきたい、ジンジンが待っていてくれたのだから。







Nyaa'z バナー長方形GIF
てんぷら☆さんらいずの絵葉書あります。売上の一部は
おうちのない猫たちのボランティア活動に使われます。

にほんブログ村 猫ブログへ モバペ|ペット人気ブログランキング
ランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

tenshineko at 23:55│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック てんぷらっち的ニュース | ご近所トラブル

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 井上   2017年06月17日 02:03
う〜〜ん。大変でしたねぇ。
気持ちも沈みますよね、そんなことがあると。

うちも集合住宅だし、それこそ独居老人も多そうだし他人事ではありません。

明日は我が身、でもあります・・・
でもニャンがいるから死ねません。
2. Posted by てんぷらっち   2017年06月17日 20:01
井上さん

ねえ、ほんとに他人事じゃないですよね。
40代50代だって、脳卒中などでいきなり召される人は多いし…わたしの父親もまだ39でした。
今回もそうですが、社会とのつながりを持っていないといけませんね。
「あの人最近見ないけど」と気にしてくれる人がいるだけで、随分違うと思うのです。
猫のために長生きしましょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Archives
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

投票してね!
for click!
にほんブログ村 猫ブログへ



モバペ|ペット人気ブログランキング