八木澤竹芸ブログ -バンブーログ-

竹工芸家・八木澤正と八木澤竹芸のブログです。竹工芸の話、日々の話などを掲載していきます。

お知らせ

八木澤竹芸に関するお問い合わせは、下記のJギャラリーメールアドレスへお願いします。
メールアドレス: j-gallery@bz04.plala.or.jp

Jギャラリー内「八木澤竹工房」:http://www.j-gallery.net/

油抜きと竹林整備

本年も竹の油抜きを行いました。本数が多いので効率的に作業できる湿式法です。お手伝いに駆け付けて下さりました皆さま、ありがとう御座います。
DSC_0124

今年伐った竹は細い竹が多かったので太い真竹を探していましたら、切って欲しい竹藪があると嬉しいお話を頂きましたので行ってみました。
Before
3
杉林の中ではありませんが、立地条件としてまずまず良い環境だと思います。竹林整備やってみます
After
2
小一時間作業しました。
時間もあまり取れないので後何回くらい来れば整備完了するでしょうね。こつこつと進めていきます。
大人数で作業するなら一気に片付けちゃいたいところですが、一人で作業するには時間が掛かりますから、区画を決めて”今日はここからここまで”という感覚で整備していきます。
DSC_0119

太い真竹が沢山ある竹藪なので、地主さんから一任頂いておりますから、良い竹藪になるよう整備していきたいと思います。
節間の長い真竹が生える条件は、日の当たり具合が影響されてくる(薄暗く、温暖な方が伸びる)ので、立地条件に左右されやすいと思います。
太い真竹が生える条件は、土の栄養素が豊富だと太い竹になると聞いていましたが、どうも違う方法論があるようです。試行錯誤してみながらその方法論を実践してみたいと思います。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村

内装照明

ホテルの照明器具設置へ向かいました。
_20171019_034125
完成していませんので全貌はお見せできませんが、面白い灯りが出てきそうですよ。

ホテルから車で少し下ると龍王峡という美しい渓谷を見に行けます。
DSC_0012

ぐるりと一周森のなかを歩く事が出来ます。

DSC_0023
大小様々な滝を渓谷周辺では見つけることが出来ます。

DSC_0028
すべての滝が1つの川となり、やがて海へと還っていく。

全ては一つ。

DSC_0029
この星のものは、全て海へ還っていくようになっているような不思議な感覚を覚えました。
日光龍王峡http://www.ryuokyo.org

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村

竹の内装照明

DSC03735
星野リゾート 界 川治 様の内装照明を竹で作成して欲しいと依頼を頂き、竹割りの日々が続いています。
まず、食堂へ向かう渡り廊下を竹の照明で照らす事になりました。
どんな形になるのでしょう?楽しみです
仕上がりましたらUPしますね。

大量の竹を割っていて、終わりが見えないという感覚。
竹の仕事を始めた頃は、一日中竹を割っていましたが終わりなんて気にしていませんでした。
竹を割るのが仕事でしたから。
やはり、仕上がりの形と納期が入ってくると、割っても割っても一向に減らない竹を見ていると、焦りを覚えるものです。
・・・いや、この焦りの原因は、全身の筋肉痛が原因でしょう。
ひょんな事から全身筋肉痛になってしまい、竹割りに力が入りません。
普段から竹を割っていると、力なんてそんなに入れてない感覚を覚えてきますが、全身筋肉痛になってしまうと、意外にも竹割りに力を使っている事が分かります。
そうだったんだ、結構筋肉を使っていたのですね。
普段から運動をして体を使う事は、大切な事です。
筋肉をびっくりさせないよう、普段から体をいたわりつつある程度の負荷をかけてあげると良いと思います。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村


えりのあ与一福祉祭り

久しぶりに栃木県大田原市へ行ってみると、えりのあ与一福祉祭りが今年も開催されるとお話頂きました。
えりのあ

子育てと介護の仕事と音楽活動、色んな事で大変でしょうが変らず元気に沢山活躍してます。
えりちゃんの訛(なま)り言葉は、栃木と茨城と福島がごちゃ混ぜになった方言サラブレッドなので聞いてて楽しいです。優しく元気な歌声も話し言葉も、耳を傾けていると自然に元気が湧いてきます。介護も音楽も天職なのだろうと思います。

2017年7月1日(土)、大田原市道の駅にて午前9時からお祭り広場でイベントが始まります。
与一伝承館多目的ホールにて13時〜チャリティーコンサート開始です。
八木澤正も共演予定です。
どうぞお楽しみ下さい。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村


タイヤがパンクしちゃった

朝起きたら、車のタイヤがパンクしちゃってました😱
パンクの原因は分かりませんが、タイヤが1つ使えないと車は動かせない(動かせば動きますが、安全な場所まで動かしたら、それ以上動かさない方が良いです)。重要な部品です。
保険会社の無料レッカーサービスで、タイヤ屋さんまで運んでもらって交換してもらおうと思っていたのですが、自分でスペアタイヤを取り付けて持っていった方が速いんじゃない?と助言を頂きました。
そうですね、やってみましょう。

車の説明書には、事細かに分かりやすく説明されていますので、説明書の通りに作業を進めます。
ただ、説明書に書いてかない状況、例えば「ナットを外したのにタイヤが外れない」場合等の対応は説明書だけでの解決は難しいです。
ナットが外れていればタイヤは外れるはずです。何らかの原因で密着していて外れないだけなので、テコの原理に基づいてタイヤの上端を蹴ればコロリと外れます。
が、足で蹴るのは少々荒い方法です。
タイヤの下に足を差し入れて浮かして引くやり方も教えて頂きました。
IMG_20160920_071709
いつも付いている物がない。
1つないだけで動くことができない、大切な部品と感謝して取り外します。
毎日ありがとう、タイヤ。

IMG_20160920_071641
なるべく早く車の対応ができる場所へ持っていって、タイヤの交換か修理の判断をして頂きましょう。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村


アルナパレス 大田原市のインドカレー店

あ、こんなところに❗
大田原市に新しいインド料理屋さんができていました。大田原のインドカレー屋さんならば、行かない訳にはいきませんので行ってみました。
IMG_20160908_003525
アルナパレス
大田原市住吉町1-2-20
Tel:0287-46-5756

駐車場の狭さが難点です😫
でも、味が✨
IMG_20160908_003645
ちょっと食べてしまいましたが、二種のカレー\1.050 サラダ・ドリンク付
最近はまっているコルマカレーと、マトンカレーにしました。
このお店のコルマカレーは、黄色っぽい色をしてました。
マトンカレーを辛口にしてみたのですが、このお店の辛さは、辛さを辛くする程美味しくなる、ずっと探していたタイプのカレー屋さんな予感がしました。
香辛料の使い方が凄く面白い✨
アジョワンは、こう使えば良いのか。とか、ここでこの香辛料を使うのか👍と、食べると色々勉強になるカレー、香辛料の使い方をした料理です。
マトンにはしっかり香辛料の香りが染み込んでいて、丁寧に作られているように感じます。
カルダモンが原型のまま取り除かれずに入っていたので、雑な料理と感じる場合もありますが、僕はカルダモンの実を割って中の種をかじりたい人なので、そんな人にはかえって嬉しい事です。むしろ、外殻がとろけるくらい柔らかくなるまで煮込んであったので、雑とは反対方向の評価になるのでは?
面白い。
また行きたい。
久し振りに、また行きたいと思えるインドカレー屋さんができました。

お店に入った時、店主が雑誌の取材を受けていたのですが、取材よりお客さんを優先してくれるサービス精神ですし、「あれ?この店主どこかで見たことがあるような気がする…」と思ったものの誰だか分からないので席に座ったら、「スビマハルをやめてここをオープンした」と、話しかけてきてくれました。

⬇こちらで紹介した事があるインド料理店スビマハル
http://blog.livedoor.jp/tenshofu/archives/1836962.html
あっ❗言われてみれば、そーですね😁お久し振りです。
そんな頻繁にテイクアウトしてた訳じゃないと思うのですが、凄い記憶力ですね。
そういえば、スビマハルの店員さんがインテリ系のオシャレ店員さんに代わっていたような気もします。
…茨城県笠間市の二店のインドカレー屋さんは、ライスは全て黄色い色をしていますから、ライスを黄色にしないんですか?と聞いてみましょうか。単品のサフランライスは、具がたっぷりのインド式チャーハンみたいなメニューとしてスビマハルさんは取り扱っていたので、難しいかな…ターメリックライスで良いんですけどね。

(取材の内容が聞こえてきます…
アルナパレスとは、神様の名前だそうです。)

成る程、言われてみればスビマハルさんとメニュー内容が似ています。全品持ち帰りOKとか。二種のカレーにライスとチキンティッカが付く所とか。
コルマカレーは、スビマハルさんの白カレーの方が好きですが、辛味を強くしたい場合は、アルナパレスさんのカレーの方が楽しいと思います。
レッドペッパーが強いだけの、飽きが来る辛さを”激辛”に設定しているお店が多いので、「一番辛くして」を頼む前に、辛さの雰囲気を知っておかなければなりません。最初の注文で激辛を頼んで撃沈してしまうと、何だか勿体無い気がします。
アルナパレスさんは、激辛で面白いことになる予感がします。
今度は激辛注文してみたいです。

面白い香辛料の組み合わせを体験したいなら、是非ともお勧めのお店です。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村

NHK文化センター水戸教室にて竹工芸教室生徒さん募集中です。

NHK文化センター水戸教室にて、竹工芸教室が開設される事になりました。
DSC03077
10月24日(月)から、毎月第2、4月曜の午前10:00〜12:00で行う予定です。
基本的には、こちらで作る物の材料を用意致しますので、竹で編む作業が主体になりますが、「自分で竹を割る作業から学びたい」という方には、竹の割り方・材料の作り方から経験して頂く事も可能です。

DSC03076
県庁跡地で、敷地内に図書館があったり学ぶ場としてとても良い環境だと思います。

申込みの募集が始まりましたので、ご興味御座いましたらNHK文化センター水戸教室へお問合せ下さい。
・NHK文化センター水戸教室 TEL:029-233-1715
・水戸市三の丸1-5-38三の丸庁舎2階 県庁跡地です。
ホームページからのお申込みも受け付けているそうです。↓
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1108729.html

DSC03078
色々な教室が開催されています。
画像中央付近の”ハーブ&スパイスクッキング”が非常に気になります。

DSC03080
今日の昼食も”カレーみたいなやつ”で、ほぼ毎日お昼は”カレーみたいなやつ”を食べていますが、スパイスの基本は知らないのが現状です。
ここ最近、白いカレー(コルマカレー)にはまってしまい、どんな香辛料が合うのか試しながら作るのが楽しいのです。
ターメリック(ウコン)は体に良い効能(肝機能強化、健胃、抗酸化、消化促進、血液循環、日焼け防止、ガン予防、老化防止、美肌)が沢山御座いますので、たびたび使っています。白いカレーに入れると黄色いカレーになってしまうので、今日はターメリックライスとして使いました。
ターメリックは水に溶け難いので、ニンニクを炒めた油で溶かしてからライスと混ぜると良く混ざります。
ただ、香辛料に無知というのは危険な事です。
体に良いと思っていても、摂取し過ぎれば毒になります。
取り過ぎはいけないんです。
ターメリックは肝臓に良いですが、摂り過ぎると肝臓を痛めてしまうのです。
程よい物を、程よく食べる。
これが一番です。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村

ゴミの分別

竹は、割り削り材料を作る際に必ず廃材が出ます。
DSC03074

いつも捨てている廃材を何か別な物に使えれば、資源の再利用、廃材を生むために消耗した時間を無駄にする事がなくなります。
薄く削れた削りカスは、ランプシェード、照明器具の模様として挟み込んで使えます。
厚いヒゴ状の材料は、編んだり組んだり布を貼ってタペストリーに使えたりします。

でも、廃材を原料として確保していっても、廃材は場所を取りますから結局ゴミばかりが増えてしまいます。
廃材を効率よく処理できるネットワークが構築できていれば、廃材を資源として使いきれるでしょうが、そのようなネットワークが出来ていなければ、いずれ廃棄する必要に迫られます。
竹材は良く燃えますから、染色する際に水を沸かすための燃料として使えれば良いのですが、街中で廃材を燃やす訳にはいきませんので、ごみ処理場へ直接持ち込んでいます。

環境保護のため、廃棄物の分別は大切な事です。
でも、処理場によっては新聞、雑誌、発砲スチロール、段ボール、衣類、ペットボトルを可燃物としてまとめて処理します。
え?環境の為にゴミを仕分けしてるのに、ごみ処理場じゃゴミの仕分けしてないの!?
DSC_0490

新聞は新聞、雑誌は雑誌、発砲スチロールは発泡スチロール、段ボールは段ボール、衣類は衣類、ペットボトルはペットボトルでそれぞれ仕分けすれば、異なる処理の道もあると思います。
でも、まとめて処理できる処理場ならば、まとめて処理した方が燃料の削減等様々な問題から、環境を考えると理に適っているのです。

大切な事は、やってはいけない事をやらない事。
とてもシンプルな事です。
単純な事を単純に守れば良い。
たった、それだけの事です。

燃えないゴミは、燃えないのですから、燃えるごみ袋に入れちゃダメです。

環境先進国では、様々な物にデポジット制が導入されています。
品物を購入する時にデポジットを徴収され、廃棄する時に料金を戻してくれる制度です。
日本では、冷蔵庫を捨てると廃棄料約5000円が掛かります。
オーストラリアでは、廃棄時に約1万円戻ってきます。
デポジット制ならば、購入時に支払った分が戻ってくるから、不法投棄は減るでしょう。

本当は、「お金が戻ってくるから適正に処理しよう」、じゃなくて、適正に処理する事が当たり前の事として、単純に守れれば良い事なのですけどね。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村

クラフターズマルシェ最終日です。

東武百貨店大田原店にて開催中のクラフターズマルシェ、本日最終日です!
午後4時で終了致します。
お近くの方お時間御座いましたら、是非お立ち寄りください。

実演とワークショップ開催致しておりますので、どうぞ足をお運び下さい。
本日は、リネンのコサージュやコースター作り、竹工芸体験を飛び入り大歓迎でやってます。

竹のリュックサックも完成致しましたので、どうぞご覧にいらして下さいませ。

竹のリュックサック

来月ですが、14日(木)〜19日(火)まで東武百貨店大田原店で開催されます展示会に参加させて頂く事になりました。

・クラフターズマルシェ
会場:東武宇都宮百貨店大田原店
住所:栃木県大田原市美原 1-3537-2
http://www.tobu-ohtawara.jp/
期日:2016年7月14日(木)〜19日(火)
10:00〜19:00 
〇出品作者
● 八木澤竹工房●二期倶楽部 アートビオトープ那須●小島 礼子●Atelier Kirari ●Dou de Ville ●畑からそだてた布 ●Atelier KURURU●Linen●Atelier JULIA ROSE●自家焙煎珈琲コトリ●アトリエ憂

開催期間中、それぞれの作者によるワークショップも開催予定です。
7月14日
●Atelier Kirari ジュエルDeCoRe

15日
●Atelier KURURU ドライフラワーアレンジ
● 八木澤竹工芸
花カゴ1500円(税込み1620円)、ブローチ1500円(税込み1620円)
☆御子様 も 出来る 竹細工 ワークショップ コースター500円(税込み540円)、ストラップ500円

16日
●Dou de Ville
コサージュ 2850円 3078円(税込)
棒針レース 糸付き 2000円 2160円(税込)、

17日
●畑からそだてた布
1)からむしの糸作りと機織り体験。
からむしの繊維を細く裂いて、繋げ、糸を作ります。
作った糸を使って簡易機織り機で、ミニコースターを織ります。値段2500円+税=2700円
時間:約1時間
2)機織り体験
簡易機織り機を使って、からむしのミニコースターを織ります。値段1000円+税=1080円
時間:10分〜15分
※織り上がったコースターはその日にお持ち帰り頂けないので、
 後日郵送になります。

18日
●アートビオトープ
.汽鵐疋屮薀好 お客様には マスキング作業をしていただきます。1800円(税込み1944円)
※ 後日 加工した作品を お渡しになります。
▲謄薀螢Ε 3000円(3240円)
オリジナルガラスの作品に土、二期倶楽部の苔、ジオラマ等でアレンジ体験。御子様から楽しんで 頂けます。

19日
●八木澤竹工芸 ※内容は15日途 同じです。
●Linen リネンのコースター 800円(864円)
です。
★アートクレイシルバー (純銀粘土・シルバークレイ)
体験いつ来ても できます!
担当 講師 Atelier Kirari(17、18、19日) アトリエ憂(14日、15日、16日)

竹のワークショップは、7月15日(金)と最終日19日(火)です。
お時間御座いましたら、遊びに来て下さい。

出品作品も揃えなければならないのですが、作品点数なるべく多く持っていきたいと思うのです。
色々作りたいという想いがあるものの、なかなか思うように時間が取れず苦闘中です。
以前こちらのブログ→http://ameblo.jp/j-galleryj/entry-12132998727.html
にて記載致しましたが、お寺の住職様がご依頼下さりました珍しい道具。
折角なかなか目にする事のない道具の作り方を学べましたので、
無駄にする事なく学ばせて頂いた事を次に繋げるため、
和尚さんの道具をヒントしながら竹のリュックサックを作成中です。
DSC_0454
なんとか形になりそうです。
出来上がりましたら、またUPしますね。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ