本年も竹の油抜きを行いました。本数が多いので効率的に作業できる湿式法です。お手伝いに駆け付けて下さりました皆さま、ありがとう御座います。
DSC_0124

今年伐った竹は細い竹が多かったので太い真竹を探していましたら、切って欲しい竹藪があると嬉しいお話を頂きましたので行ってみました。
Before
3
杉林の中ではありませんが、立地条件としてまずまず良い環境だと思います。竹林整備やってみます
After
2
小一時間作業しました。
時間もあまり取れないので後何回くらい来れば整備完了するでしょうね。こつこつと進めていきます。
大人数で作業するなら一気に片付けちゃいたいところですが、一人で作業するには時間が掛かりますから、区画を決めて”今日はここからここまで”という感覚で整備していきます。
DSC_0119

太い真竹が沢山ある竹藪なので、地主さんから一任頂いておりますから、良い竹藪になるよう整備していきたいと思います。
節間の長い真竹が生える条件は、日の当たり具合が影響されてくる(薄暗く、温暖な方が伸びる)ので、立地条件に左右されやすいと思います。
太い真竹が生える条件は、土の栄養素が豊富だと太い竹になると聞いていましたが、どうも違う方法論があるようです。試行錯誤してみながらその方法論を実践してみたいと思います。

にほんブロ グ村 美術ブログ 木工芸・竹工芸へ
にほんブロ グ村