「看護師の職場 = 病院 = 病棟あり = 夜勤あり」と連想できます。

病院に勤務する看護師は、看護師全体で8割をしています。24時間体制の病院が多いこともお解りですよね。そのため、看護師といえば、基本的に夜勤勤務を強いられる職種ということになります。

他にも24時間体制の職業はあります。
例えばホテルがありますが、看護師以外の職業では仮眠を取ることが可能です。しかしながら看護師の仕事内容からも分かるとおり、患者が急変する時間は決まっておらず、いつ救急で患者が搬送されてくるか予測不可能です。日勤でも夜勤でも看護師をするためには、心身ともに健全な状態を保つ必要があるのです。

24時間体制の職種の特徴は、毎月の勤務がシフト制であることです。病院では2交替や3交替制を用いて、24時間体制を看護師が業務を遂行します。

【2交替制のテーブル】
・日勤08:30~17:00
・夜勤16:30~09:00

【3交替制のテーブル】

・日勤08:00~16:30
・準夜16:00~24:00
・深夜23:30~08:30

すべての病院がこの時間帯とは限りませんが、おおまかにこのようなタイムテーブルが一般的です。

月と太陽の動きにあわせて生活することが最も体調管理がしやすく、この動きと大きなズレが生じることで、女性は生理不順になったり、精神的に不安定になるということがあります。そのため、日勤だったり、夜勤だったり非常にリズムが作りにくい勤務システムで仕事するため、病院勤務は、人間の体にとって良い状態は言いにくいですね。

一応、労働基準法では、深夜勤務を月に8日までと定められています。しかし、日勤でも夜勤でも病棟の看護師さんに勤務の差はほとんどありませんので、夜勤の看護師数も一定人数に調整する必要があります。看護師が足りていない今、病院勤務の看護師さんは最も過酷な勤務になっていることに違いありませんね。

結果的に、病院に勤める以上は2交替なり3交替のシフトで勤務することになるため、少しでも働きやすい病院に勤めることで、勤務時間に対するストレスを軽減させることができます。不規則勤務でいっぱいいっぱいになる前に、今の職場と他の職場の勤務時間を比較してみましょう。

多くの病院がありますよね。自分で比較するのは難しいし、時間もかかりますよね。調べている時間があるなら、寝たい!遊びたい!と思う看護師さんが多いと思います。そのような方は、看護師紹介会社のコンサルタントにお願いしましょう!

転職コンサルタントは、様々な勤務形態の病院の看護師求人を管理しています。例えば、夜勤できるけど、少しでも高い夜勤手当が欲しい!2交替制の病院がいい!3交替制の病院がいい!など、具体的な条件を伝えるだけで、あなたが希望する病院をいくつも紹介してくれます

自分で調べる必要なく、今働いている病院の勤務体制と比較できます。気になった病院があった場合、コンサルタントに伝えると、その病院の看護師の離職率やスタッフからの評判等も教えてくれますので、ご自身にあった病院選びの方法として、看護師紹介会社への利用を推奨します。

最新の看護師紹介会社ランキングを参考に、ぜひこの機会に使ってみてください☆  >> 看護師求人ランキング