ふたたび再就職活動のblog

会社の都合で失業してしまった。早く再就職を決めるべく頑張ります。必ず成功させるべく努力しました。結果契約社員として再就職。想定外のことばかり続いて、挫折寸前です。

いい思いをするためには

下賤な言葉だが「いい思いをする。」「甘い汁を吸う。」ためにはどうすればいいのだろうか?

ただ真面目でもダメ。見る人は見てくれると言うが、見る人にそれなりの力がないとどうしようもない。

実際 今までも自分を評価してくれた人に正直あまり力のある人はいなかった。

自分が損だなと思うのは時々能力以上に見られてしまうところだろう。

無能と思われるよりはいいだろうと思う人もいるだろうが、期待外れと思われるのは正直な話より苦痛だ。

何だこいつこんなことも分からないのか?みたいな。

「聞け」という人に限って実際に聞くと怒鳴るパターンも多かった。

さて、この轍を踏まないためにどうすればいいのかを考えていきたいと思う。

今のところ、職場がかなりバタバタしているところと、今までと異なり半分現場の仕事なので体力的には厳しい。あと給与。

最近 、好景気のせいか、ずっと昔に登録してた会社で忘れてしまったところからメールが突然来て驚いたことがあった。

ただ、多くがいわゆるブラック企業でよく見る名前、そして給与が今のところよりもさらに低い案件が多い。これでは転職する意味がない。

それでもリーマンや震災の時よりは国としてはるかに良い状況ではあるのだろう。願わくばそのおはちをこちらにも早く回して欲しいものだ。

古参?

自分は勤めて割と早く古参になってしまうことが多かった。それだけ移り変わりの激しい職場ばかり経験してきたせいか?前職は女のいびりで男が次々と潰されていき、最後は自分に回ってきた。その前は半年足らずで下が入り、怖い上が移動し、1年足らずでその部屋の古参になってしまった。昔の軍隊経験者の親戚が話していたが、普通は1年間下積みをするのに、戦争が長期化して大勢兵隊にとられるようになると、早くて4か月足らずで補充の兵隊が入ってくる。幹部候補の資格を持っている兵隊なら6か月くらいで下士官候補や見習士官になって兵隊と関係ない暮らしをできる人もいたらしい。下が入るとなんでも仕事をやらせられるので、最初は辛くても後はどんどん下が入ってくるから2、3年も軍隊にいると結構楽しいところになったようだ。自分はちょうど3年目に入った。前も目で言えば3年目だった。3年が節目なのかな。石の上にも3年。
幸運にも被雇用保険の資格を得ることができた。万が一会社都合で退職という事態が起きても180日の給付が約束される。5年未満だと会社都合でも自己都合でも同じ。とても重要だと思う。耐えた効果がようやく出て、自分自身の状況がこの前潰れた会社を辞めさせられた時点の体制にほぼ戻った。ささやかな安心ではあるし、使わないにこしたことはないが最低の線は確保しておきたい。あと数か月あのリストラ会社が雇ってくれれば10年勤務で240日もらえたのに口惜しい。労基署の人を絡めたから割増退職金を出してくれたが、それがなければもっと無様にやられていた。薄情だが薄い情の会社。潰れてしまった。ちなみにあそこは高学歴集団のせいで年功はあまりものを言わなかったが。

今は雌伏

ずっと言っているみたいだけど、今は雌伏の時か。
とにかく仕事があり、以前より年収ダウンながら賞与、交通費等貰えるのは素直に喜ぶべきだろう。友達で派遣社員になっている人は年間300万ちょっとの年収。しかも交通費もすべて自腹。本人も派遣を脱したがっているがなかなか道が開けない。他にもフリーターの友達もいる。 公務員の友達は頑張って働いている。ある意味 衣食に憂いなき身分だから、長くいればそれは有利。
もちろん難しい試験に受かり、公務員世界独特の嫌な思いも経験したうえでの今日だから、頑張ったのだろう。
雌伏 雌伏と何回も言い続けてきた。社会人になって辛かった時も会社を辞めさせられた時も、これはチャンスと思って頑張ってきたが、どうも空回りが多かった。空回りを本回りにしたい。 そろそろ良い思いをしたいな。

皮肉その2

金曜日はあるところに行きます。そこは2011年に僕をリストラした会社のすぐ側、そして前の職場と同じ駅 誰かに会うことはまずありませんが、近くの別の建物で商談するとは皮肉なことです。2011の職場はなくなってしまっていますので気兼ねはありません。前のはよく合うことがあったのでそういう運気が向かないことを祈りたいです。

豪華フレンチ

仕事のからみで豪華フレンチを頂くことがありました。
お金は出さないで交通費だけです。たまにこういうことがあるのが今の職場のメリットですね。昔はやはり同僚とかと楽しく飲めたことがあまりなかったからか、先輩が飲ませるからか、とにかくフレンチ落ち着いて頂きました。できればタッパに入れて持って帰りたかった。

人材会社

ある人材会社に登録するか迷っています。
今までの経験だと登録時は多少は会社を紹介してくれますが、それ以降はほとんどなくなる場合が多く、たまに思いついたように1年位して来たこともあります。時期を見てじっくり考えてみます。

あと少し

あと数日で現職についてまるまる2年経ちます。2011年の不当かつ不愉快なリストラからちょうど6年経ちました。なんか途方もない時間がだったような気がします。一つの職場で継続ならば、人も変わらず、もめ事もなく、仕事をじっくりと覚え経験として職歴としてできた時間ではないかと思うと悔やまれますし、率直に言って悔しいです。この6年間は自分の人生で一番辛い時期で不幸が通り過ぎつつある6年間と思いたい。またもう少しで雇用保険の加入期間も5年以上になりますので万が一の事態が起きても会社都合なら180日以上失業保険を受ける資格を得ることができそうです。2011年の時、あと3か月雇ってもらえれば10年の加入期間で240日失業保険がもらえたと思うとあの薄情な人たち殴ってやりたくなります。でもあの人たちも今年の春 職場を失って雲散霧消。しかしながら好景気に支えらえて給与減を飲めば再就職決まった人も多いというところがちょっと腹立たしい。まさに悪夢の2011年。傾いた態勢を立て直すのに5年以上かかってしまった。

3連休

3連休はやることがあり、結構大変です。家のこと勉強のこと 転職のこと。あと久しぶりに白服社労士と今日は会いました。半年に一回位会ってお話を聞いています。元大手銀行員だったので色々なことを教えてくれます。転職活動は絞って続けています。 間もなく試験が迫ってきます。それプラス整理です。時間を上手に作って頑張ります。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ