恍惚と不安速報

話題の最新ニュースを光速でまとめます!

    カテゴリ:ニュース速報 > 洋楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 恍惚の名無しさん 2016/10/22(土) 21:41:51.58 _USER9
    お笑いコンビ「たんぽぽ」の白鳥久美子(34)が22日、フジテレビ系で放送された「めちゃ×イケてるッ!」に出演。
    人生初彼氏であるタレント・チェリー吉武(36)とついに「結ばれました」と告白した。
    no title

     白鳥は昨年3月に放送されたテレビ番組で、長年片思いしていた吉武に電話で生告白。同年6月に交際がスタートした。
    ともに「初彼氏と初彼女」という“純潔カップル”ということも話題となった。

     10月8日に放送された「祝20周年抜き打ち中間テスト」の未公開映像がこの日の番組で放送され、
    『ずっと黙っていたこと』のテーマで出演者が1人ずつ告白をするコーナーで、白鳥が「ずっと黙っていましたが
    ……彼氏と結ばれました」と赤面しながら打ち明けた。

     めちゃイケメンバーからは「おーっ!」と歓声と拍手が沸き起こり、光浦靖子も「おめでとう」と祝福。
    鈴木紗理奈から「どうでしたか?」と声をかけられると、「すごい別れるか、別れないか、のケンカをした夜に、
    結ばれました」と告白。続けて紗理奈から「それ以降は普通に?」とつっこまれると、
    「お祭り状態ですね」と赤裸々に明かし、両手を頬にあて、照れていた。


    デイリースポーツ 10月22日(土)20時49分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000093-dal-ent


    【【芸能】たんぽぽ白鳥久美子(34) 人生初彼氏とついに「結ばれました」と告白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 恍惚の名無しさん 2016/10/22(土) 23:10:04.27 BE:327876567-PLT(14260) ポイント特典
    宇多田ヒカル 東京の育児環境に「なんて子育てしにくそうなんだろう」

    20日放送の「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で、宇多田ヒカルが、東京の育児環境についての印象を語った。

    番組では、宇多田がゲストで登場し、自身の創作活動などを語る中、子育ても話題に上った。
    2015年、宇多田はイタリア人男性との間に男児をもうけ、イギリスの首都・ロンドンで育児に励むかたわら、創作活動をしているという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12176152/

    【パクリ魔だと知ってがっかりした歌手wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 恍惚の名無しさん 2016/04/22(金) 02:23:00.89 ID:CAP_USER*.net
    4月21日、ミュージシャンのプリンスが亡くなった。57歳だった。
    no title

    プリンスは21日、米国ミネソタ州にある自宅兼スタジオで亡くなっているところを発見された。
    プリンスは今月15日より、体調不良のため緊急入院していた。

    地元警察スポークスマンのJason Kamerud氏は「近親者に通知するまで、亡くなった方の
    身元に関するいかなる情報も公開しない」と述べている。

    http://societas.blog.jp/1056098794

    【【訃報】ミュージシャン・プリンス死去:57歳】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: 恍惚の名無しさん 2016/03/26(土) 21:39:41.29 ID:CAP_USER*.net
    no title

    米シアトル市警は先ごろ、米人気ロックグループ「ニルヴァーナ」のボーカル、カート・コバーンが1994年4月にシアトル市内の自宅で自殺した際に使用したとされる散弾銃の写真を公開した。
    CNNなど米メディアが報じた。死後20年以上を経て、なぜ、今、“物証”の写真を公開したのか。

    コバーンの死をめぐっては、当初から自殺を否定する説があり、市警はさまざまな現場写真を公開してきたが、銃は未公開だった。
    米メディアが「使用された銃の写真が公開されないと、証拠隠滅が図られたとの臆測に終止符は打たれない」と公開を求め、市警がこれに応じた形だ。

     コバーンといえば、「ローリング・ストーン誌の選ぶ史上最も偉大な100人のシンガー」で45位にランクされている。
    87年にニルヴァーナを結成。セカンド・アルバムの「ネバーマインド」がビルボードで1位になり、大ヒットした。全米トップレベルのバンドに駆け上がったが、コバーンの自殺後、解散。
    だが「ネバーマインド」はその後も世界で売れ続け、4000万枚以上を売り上げている。

     人気絶頂の27歳でこの世を去ったコバーンの死は世界に衝撃を与えたが、その死をめぐっては、さまざまな陰謀説が浮上した。
    市警は自殺と断定したが、ミュージシャンで女優の妻、コートニー・ラブ(51)がコバーンの死に関与していることを示唆する説(コートニーは完全否定)など諸説入り乱れている。

    昨年公開されたコバーンの死に迫ったドキュメンタリー映画「ソークト・イン・ブリーチ~カート・コバーン 死の疑惑~」は以前、市警が公開した遺書の不自然さを浮き彫りにしている。

     遺書の最後の4行に書かれている文字は大きい。作品中で顔出し、実名でインタビューに答えた元市警関係者は「素人目に見ても筆跡に違和感があった。下の方の字は違ってみえる」と語り、犯罪捜査の文書鑑定人は「最後の数行は何者かが筆跡をまねた可能性もある」としている。

    法言語学者は「遺書の大部分は音楽について書かれているのに、最後の4行は家族について書かれている。誰が読んでもこれぞ遺書という典型的な内容」とし、それが逆に不自然だと指摘する。
     CNNによると、陰謀説を支持する男性がコバーンの遺体写真の公開を求める訴訟を起こしているが、コートニーや娘は脅迫される可能性があるとして拒否しているという。

     そうした中での今回の散弾銃の写真公開。大きな銃身がはっきりと写っているが、それ自体が自殺を証明するものではない、と改めて思ってしまう。

    http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160326/enn1603261530005-n1.htm

    【【音楽】「ニルヴァーナ」コバーン “自殺”銃公開が新たな火種に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
    1: nanasi 2015/12/12(土) 21:30:06.29 ID:CAP_USER*.net
    2015-12-12 18:18:55

    <セットリスト 12/8(火)@オーチャードホール>
    1. Peace
    2. 21st Century Schizoid Man
    3. Epitaph
    4. Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)I
    5. Meltdown
    6. Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind)II
    7. Level Five
    8. Hell Hounds Of Krim
    9. The ConstruKction Of Light
    10. One More Red Nightmare
    11. Banshee Legs Bell Hassle
    12. The Letters
    13. Sailor's Tale
    14. Easy Money
    15. Starless
    Encore
    16. In The Court of the Crimson King
    17. The Talking Drum
    18. Larks' Tongues In Aspic Part II

    no title

    no title

    no title



    キング・クリムゾンは予定調和を許さない。ロバート・フリップの理想の下、
    1968年に結成したこのバンドは、数回の活動休止を挟みながら、常に新しい音楽表現を行ってきた。
    真の意味での“プログレッシヴ”なグループととして前進することを求められてきた彼らが
    最もファンにショックを与えるとしたら、グレイテスト・ヒッツ・ショーをやることだろう。

    2015年12月、約12年半ぶりの来日公演は、ファースト・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』
    (1969)からの曲を含む名曲の数々を披露するという、まさか!?...のステージが実現することになった。

    ◆キング・クリムゾン@渋谷オーチャードホール~画像~

    過去のクラシックスを多く演奏する今回のツアーだが、メンバー構成は新しいラインアップだ。
    ステージ前方にはパット・マステロット、ビル・リーフリン、ギャヴィン・ハリスンの3台のドラム・キットが置かれ、
    他4人のメンバーは後方の壇上で演奏することになる。

    そんなステージ・セットを見るだけで、今回のツアーがただのレトロ・ショーでないことが明らかだった。
    「ライヴの撮影は禁止。撮っていいのはトニー・レヴィンがカメラを構えているときだけ」
    「演奏中の再入場は禁止」など、フリップ自らが開演前のアナウンス(姿は見せず)。
    相変わらずの偏屈ぶり…と思わせて、最後は「以上を守って、キング・クリムゾンとパーティーしましょう」
    と締めくくり、観衆を沸かせている。

    東京公演2日目となるこの日のオープニングは、『ポセイドンのめざめ』(1970)からの「平和/終章」だ。
    ジャッコ・ジャクスジクが歌い上げるこの曲を導入部にして、効果音が流れ始める。
    観客はもちろんそれが何かを知っている。そう、「21世紀のスキッツォイド・マン」のイントロだ。
    キング・クリムゾンというバンドを世界に知らしめた名曲で斬り込むこの日のセットリストは、
    ジャパン・ツアーで最もインパクトのあるものだった。

    >>2以降につづく)


    http://www.barks.jp/news/?id=1000122326

    引用元: ・【音楽】キング・クリムゾン、渋谷オーチャードホールにてあの名曲の数々を披露

    【【音楽】キング・クリムゾン、渋谷オーチャードホールにてあの名曲の数々を披露】の続きを読む

    このページのトップヘ