防人作家の群像

 今回のブログ「防人作家の群像」は、現代日本の防人(さきもり)、防衛省の骨格を成す自衛官と防衛官僚の著書を読み、紹介することにより、著者の人物像が浮かび上がってくることを期待するものです。美化も悪意も興味ありません。真実を知る時、心の中にささやかな喜びの鐘が鳴り響きます。

  「エアマンシップ―消えたファイター・パイロットたち」(田中石城・かや書房・平成八年)   <目次>   【おいたち】…2   【防衛大学校】…14   ■デンスケ20   【パイロットになる】…33   ■航空実習36■初めての事故体験39■落下傘降 …

↑このページのトップヘ