ネットワークスペシャリスト試験  平成19年問15

 EVM(Earned Value Management)は,プロジェクト全体のスケジュールの遅れや
コストの超過を可視化する進捗管理手法である。図の A が示すものはどれか。

  ↑
 金│
 額│                   :    _ プランドバリュー
  │                   :    /  (PV)
  │                   =:    /
  │                   =:   /
  │                  = :  /
  │                  =  :  /
  │                 =  : /
  │                 =  :/
  │                =   %___
  │                =   /: ↑
  │               ==   / : │
  │   実コスト       ==   / :  A
  │    (AC)        ==   /  : │
  │      \      ==   /  : ↓
  │       \    ==  /   / ̄ ̄ ̄
  │        \   ==  /    /:
  │         ┘ ==  /    / :
  │          ==  /    /   :
  │         ==  /    /   :
  │       ===  /   /     :
  │      ===  _/   /┌     :
  │    ===  _/   /   \    :  アーンドバリュー
  │   ===  _/  _/       ̄ ̄ ̄ : ̄ (EV)
  │  ==____/   /          :
  │+==−───-  ̄            :
  └──────────────────────────────→
                     現在         時間

 ア 進捗の遅れ日数

 イ 進捗の遅れを金額で表した値

 ウ 実質的な削減金額

 エ 実質的な超過金額


『ネットワークの分野を基礎から勉強したい方へ』
 「初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される講義形式の無料講座です。
 「1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題」という構成です。

 「1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも理解しやすい文章で
  丁寧に解説されています。

 「2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際の資格試験の問題と
  分かりやすい解説が記されています。

  無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
  勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、勉強できる環境を作ってしまうのが重要です。

           (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座

 イ 進捗の遅れを金額で表した値

> ア 縦軸は金額を表しているので、「日数」にはなりえない。
> イ 正解
> ウ アーンドバリュー−実コスト
> エ 実コスト−アーンドバリュー
>
> 参考:総務省 地域情報化の推進 自治体CIO育成研修 事前学習テキスト4-1
>          プロジェクトマネジメントの基礎 4ページ
> http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/top/local_support/pdf/cio_text_t_4-1.pdf

 どうもありがとうございました。

> 「EVM」プロジェクト全体のスケジュールの遅れや
> コストの超過を可視化する進捗管理手法
> http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20070317/265493/

 どうもありがとうございました。






●問題文、解説はメインページで相互リンクさせて頂いている『末広先生のWelcome to Suehiro's Homepage』よりお借りしています。 勉強になりますので、ぜひ、先生のページもご覧下さい。