ネットワークスペシャリスト試験  平成19年問11

 DFD の説明はどれか。

 ア 業務などの処理手順を流れ図記号を用いて視覚的に表現したもの

 イ システムの状態がどのように推移していくかを視覚的に表現したもの

 ウ 実体及び実体間の関連という概念を用いてデータの構造を視覚的に表現し
  たもの

 エ 適用業務をデータの流れに注目して視覚的に表現したもの


『ネットワークの分野を基礎から勉強したい方へ』
 「初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される講義形式の無料講座です。
 「1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題」という構成です。

 「1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも理解しやすい文章で
  丁寧に解説されています。

 「2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際の資格試験の問題と
  分かりやすい解説が記されています。

  無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
  勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、勉強できる環境を作ってしまうのが重要です。

           (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座

 エ 適用業務をデータの流れに注目して視覚的に表現したもの

> ア × フローチャート
> イ × 状態遷移図
> ウ × E-R図
> エ ○

 どうもありがとうございました。
 アは,特別な名前があるかと思います。業務フロー?
 アの改良版として,流れるデータを中心に描くのが,DFD です。

> 答えはうろ覚えなのですが、去年の秋の試験で解いたのを思い出しました。
> 回答をアとエで迷い、DFD = data flow diagram を訳してエとしました。

 どうもありがとうございました。

> DFD
> システム間のデータの流れを示す図。データを発生・吸収・処理・蓄積するシス
> テムの間を、データの流れを示す矢印で繋いで作成する。
> http://e-words.jp/w/DFD.html

 どうもありがとうございました。






●問題文、解説はメインページで相互リンクさせて頂いている『末広先生のWelcome to Suehiro's Homepage』よりお借りしています。 勉強になりますので、ぜひ、先生のページもご覧下さい。