ネットワークスペシャリスト試験  平成19年問06

 CPU と磁気ディスク装置で構成されるシステムで,表に示すジョブ A, B を実
行する。この二つのジョブが実行を終了するまでの CPU の使用率と磁気ディスク
装置の使用率との組合せのうち,適切なものはどれか。ここで,ジョブ A, B は
システムの動作開始時点ではいずれも実行可能状態にあり,A, B の順で実行され
る。CPU および磁気ディスク装置は,ともに一つの要求だけを発生順に処理する。
ジョブ A, B とも,CPU の処理を終了した後,磁気ディスク装置の処理を実行する。

                        単位 秒
      ┌───┬───────┬────────┐
      │ジョブ│CPU の処理時間│磁気ディスク装置│
      │   │       │  の処理時間  │
      ├───┼───────┼────────┤
      │  A │    3   │    7    │
      ├───┼───────┼────────┤
      │  B │   12   │    10    │
      └───┴───────┴────────┘

   ┌──────┬────────────┐
   │CPU の使用率│磁気ディスク装置の使用率│
┌──┼──────┼────────────┤
│ ア │  0.47  │     0.53     │
├──┼──────┼────────────┤
│ イ │  0.60  │     0.68     │
├──┼──────┼────────────┤
│ ウ │  0.79  │     0.89     │
├──┼──────┼────────────┤
│ エ │  0.88  │     1.00     │
└──┴──────┴────────────┘


『ネットワークの分野を基礎から勉強したい方へ』
 「初級ネットワーク講座」は毎週1回、メールで配信される講義形式の無料講座です。
 「1.ネットワークの基礎解説」と「2.基礎解説の復習を兼ねた問題」という構成です。

 「1.ネットワークの基礎解説」では、多くのイラストが使用され、初心者でも理解しやすい文章で
  丁寧に解説されています。

 「2.基礎解説の復習を兼ねた問題」では、情報処理技術者試験などの実際の資格試験の問題と
  分かりやすい解説が記されています。

  無料で勉強できるのに、登録しないのは勿体無いですよ。
  勉強は、コツコツが本当に大事なので、今すぐ申し込んで、勉強できる環境を作ってしまうのが重要です。

           (もっと詳しく見る)初級ネットワーク講座

   ┌──────┬────────────┐
   │CPU の使用率│磁気ディスク装置の使用率│
┌──┼──────┼────────────┤
│ イ │  0.60  │     0.68     │
└──┴──────┴────────────┘

> 総実行時間はA CPU処理時間(3)+B CPU処理時間(12)+B 磁気デ
> ィスク装置処理時間(10)=25
> (A 磁気ディスク装置処理はB CPU処理の時間内で内で終了し
> ている)
> 
> CPUの処理時間はA(3)+B(12)=15
> 使用率は処理時間を総実行時間で割って、
> 15/25=0.6
> 
> 磁気ディスク装置の処理時間はA(7)+B(10)=17
> 17/25=0.68
> 
> よって、答えはイ

 どうもありがとうございました。

>AとBの合計処理時間は 3+12+10=25
>(Aの磁気ディスク装置処理時間7はBのCPU の処理時間と
>平行処理されるため含まれない)
>CPU の使用率 = (12+3)/25=0.60
>磁気ディスク装置の使用率 = (7+10)/25=0.68

 どうもありがとうございました。

> ● … CPU
> □ … 磁気ディスク
> 
> A:●●●□□□□□□□
> B:	 ●●●●●●●●●●●●□□□□□□□□□□
>  |→      	25   		        ←|
> 
> 25のうち、●は15 □は17
> 15/25=0.6
> 17/25=0.68

 どうもありがとうございました。






●問題文、解説はメインページで相互リンクさせて頂いている『末広先生のWelcome to Suehiro's Homepage』よりお借りしています。 勉強になりますので、ぜひ、先生のページもご覧下さい。