ティワンのちょこっと投げキス!釣り日記。

キスの投げ釣りが好きな関西のオッチャンのブログです、でも遠投は苦手 なるだけ軽めの錘でちょこっと投げて、キスのブルブル楽しんでます。

毎度です〜。


先週末、ポンコチもって朝練行こうと思ってたんですけど、朝目が覚めたのが6時半を回ってて、結局行かずにダラダラと1日過ごしてしまいました(^_^;)



話は変わって、ってまたも今回ポンコチ話しなんすけどf^_^;、所有していても、今まで殆ど使ったこともなく(一回だけ海に持って行ったことがある)箪笥の肥やしになっていた投げ竿があったのです。

どうもデフォルトのままでは使い辛い、が、弄るのもなんだか憚られるよな〜、なんて思ってそのまま御倉になってたその投げ竿、それが。





2017-06-20-12-28-54
2017-06-20-12-29-30
2017-06-20-12-29-34
2017-06-20-12-28-58





世紀の名竿!Olympic 純世紀 sepia amazon !!



見た目割と綺麗な一本でしょう、でも現在のPEラインでの釣には、トップ以外全て折り畳みのガイドが3個の4点ガイドでは、使い辛いことこの上ありませぬ。

見た所、前オーナーの手によって、トップガイドはシリコンに変えられてて、一様PE対策されてるみたいです、が、矢張り4点はキツイですわ。



後、惜しい事に、全体的に綺麗な個体なんですが、2番に結構な置き傷があるのです、恐らく防波堤に直接立て掛けて使われてた事があるのでしょう。



今回、その世紀の(純世紀)名竿 セピア アマゾンを思い切って弄って、キス釣りロッドに仕立て直す事にしてみました。



先ずは付いてるガイドを全て外してストリップ化、水研ぎでキズもどうかとやってみても、どうにも置き傷までは消えません。



それで、エンジン ウレタンのクリアーを薄〜くしてひと塗り。


2017-06-20-12-29-49



そして再び水研ぎ。


2017-06-20-12-29-55



そこからコンパウンドで地獄の竿研きで、傷は見えにくくはなったようなですわ^^;

まぁ完璧とはいきませんけど、深追いすると収拾がつかなくなりますから、コンくらいで妥協しましょうかf^_^;


それから、新たに装着するガイド、それは。

2017-05-29-11-50-20



先日、ガイド交換のご依頼を受けたトーナメント赤キャスターから引っ剥がしたチタン ローライダー!オーナーのご好意でもう使わないからと譲り受ける事が出来ましたので、今回セピアに移植すせてもらいましょう(^^)


って、ホントはこのガイドが手に入ったからセピア弄ろうかとなったわけなんすけど^^;


2017-06-20-15-49-13




取り敢えず、ガイド位置までは決めてみました。

今後ボチボチとラッピングしていきましょう。



細くて華奢なセピア アマゾン、多点ガイドでどう変わるか?





恐れ多くも純世紀セピア弄ってしまった、まぁでも、箪笥の肥やしでは世紀の名竿もありゃしないし、海へ行かねばってことで。

毎度です〜。



2017-06-17-06-08-28




自宅マンションの植込みの額紫陽花が綺麗に咲いております、が、梅雨に入っているわりには雨が全然降りませんねぇ、自分的にはいいんですけど、こう言う自然のサイクルが狂うと、厄介な事になってしまわないか少し心配になりますねぇ。


先週、先々週と大会が続いて、あの血走ったタタカイの釣も面白いのですが、なかなか釣れなく、焦った釣りでしたもので、ストレスも感じておりまして、そう言う時は何故かポンコチと妄想に走ってしまいます(^^;;






2017-06-17-10-59-45






オリムピック サーフ 93、前にもだしたヒデさんから頂いた貴重な左手巻きモデル、昭和の日にPE1.5剛巻いて釣に行ったんですかど、あの時、やっばり余り細いとストロークに対してスプール幅の関係から、スプールの下っ側がスカスカになってしまってました。

image




今回、何とかソレを解消して、綺麗に巻けないものかと考えて、コレはスプールの幅を縮めるほか方法は無いかと、実際サーフ93の場合、細糸巻く時用に両ツバつきエコノマイザーなる道具が付属で付いてたはずなんです。が、今となってはその対策部品を単体で手に入れるのは至難の技でして、勿論ボクの手元には無い。


実際に糸巻いた具合では、下っ側だけ縮めて、後は下巻き工夫すれば行けそうな気がしました、なんとかソレが出来ないかと、PP板とかで作ろうとしても、イマイチ上手くいかず、諦めかけておったのですが、フト目に付いたのが、ダイワ スポーツ5000に付いてる方ツバエコノマイザー!



邪道ながら、試しに嵌めてみたら、スプール自体オリムの方が細いようで少しルーズ、コレはブチルテープ一巻きで調整OK、ストロークはオリムの方が長くて、上3mm程空いてしまいます、そこは太糸をグルグル巻いていき、そのまま下巻きとしてグルグル グルグルと、真ん中膨らます感じで巻いてみて、そこにPE巻き戻してみたところ。


オーバッチし(≧∇≦)

って、なんて些細でかつ、他の誰にも興味の無さそうな喜びなんすけどσ(^_^;)

コレがなかなか嬉しくて、こうやってブログにまで書いてる始末なんですわ(^^;;




そんじゃ、どうでもいい事ついでに、気づいた事でも。


Olympic 93 て言わずと知れた日本の大型スピニングリールのエポックメーキング的な存在ですわね、現在でも人気があってコレクションされてる方も多いですわ、若い頃はコレでブンブン飛ばした方、子供の時に大人が使ってて憧れてた黒くて重くて大っきなリールって方、数々いてはると思うんです。

ボクも子供の頃、黒くて重くて大っきいリールやと思ってました、まぁ実際は93より角ばったダイワが欲しかったんすけど(汗)

オッさんになった、ここに今手にしてみると、な〜んて素敵なデザインなんざんしょとか思ってしまいます。その93、実は現在の投げ用スピニングよりだいぶ小さいです。


image

image

97パワーエアロ自体が現在では無いですけどf^_^;


重さは、


2017-06-17-11-01-43



糸込みで620.3g!と相当重いのですが。


コレが、スプール外して測ってみると。



2017-06-17-11-01-39



以外にも、422.6gと結構軽い事に気付きました(O_O)


そうなんですよ、93の重さの大半は。



2017-06-17-11-01-48



このスプールとドラグノブが占めているのです。

大型ドラグリールでしたので、仕方が無いところなんでしょうが、当時、このスプールを改造して、自分で旋盤回して使った湘南スプールでもって遠投キス釣りされてた方のも結構重かったのでしょうね。


ここで、自分的な希望言えば!93用のノンドラグ超軽量鍛造削り出し遠投アルミスプールなんか作ってくれませんでしょうかねぇ。

って、需要が見込めんからワンオフ1つ10まんえ〜んとかになっちゃうかなf^_^;



いっそ93専門のリビルト&モディファイ専門店なんての何方か?
ポンコチ先生、真剣にどうですか、出来ればラインローラー部やベイルアームなんかもリプロしてもらえたら、ぜひ、チタン合金なんかで(^^)


あ〜どんどん妄想の淵に陥っていきます、ホントは来週また大会だから、補給とかしないとあかんのですけど。





取り敢えず明日は、このサーフ93と純世紀もってのーんびりな朝練でも行ってこよう。

毎度です〜。


昨日に引き続き、またまたポンコチ アイテムが続きます❗️

本日のアイテムはリールっす、どんなんかというと。





image





ドーンと❗️

RYOBI PROSKYER 7 SUPER NOSE

三層一軸式、リョービ トラバースカムで投げ釣り専用機初の完全平行巻き、コップ型固定式浅溝スプール、超軽量マグネシウム合金製、遠投投げ釣り界を一世風靡したあのスーパーノーズです。




って、これはボクのお友達が某オクで落としたもので(^^;)

使う前に、一通り整備と注油を頼まれたものなのです。

一応、ボクも一台持ってるのは持ってんですけど、自分のは使えるけど、ボディガタガタの真のポンコチ、しかも右手巻きなもんで、自分どうもスピニングの右手巻きが苦手なもんでなかなか使えないんです。




早速、整備にはいりましょう、今回のモデル、スーパーノーズの前期型で、後期型との違いは、ライン ローラーが前期型は金属、後期型はSIC?です、それと後期型には前期型にないきのうとして、ベイルアーム アジャストメント システムと言う、−ドライバーでもってベイルアームの角度が変えれる機能が追加されております、確かあとのスーパーノーズ4570にもあったような。

2017-06-14-12-10-35

コレはボクの後期型ポンコチの写真です。


2017-06-14-12-10-55



今回は箱入りで展開図もあって便利です。



image

image



三層一軸式トラバース カム、二重になってるドライブ ギアの外っ側の歯がローターピニオンを回し、うちっ側の歯が中空式の円筒カムを回します、真ん中の丸いネジから羽根が出てるようなのがオシレーターで、真ん中を貫通してるメインシャフトを前後させてます、って書いてもコレはナカナカ口では説明難しい(^^;;

現在の、全ての投げ釣りリールの、ダイワ式の2時軸式の円筒カム式平行巻きとは違い、多少複雑な構造ですねぇ。


それから、今度はローターを外すのはメインシャフトを抜かなければいけないのです、何故かと言えば。


2017-06-14-12-10-23




この、スプール受けがピンではめ殺しになってて、まずシャフトを抜かないとローターのネジも回せません、

が、しかーし!

ボクの持ってる後期型の場合。

2017-06-14-12-09-51

後期型ね。
オケツにあるメインシャフトの止めてる部分も、なんと、ピンがカチこんであってハメ殺し状態((((;゚Д゚)))))))
構造的に分解不可能になってました!

なんでやね〜ん(´Д` )

あの時は、そこをなんとか。


2017-06-14-12-12-59
2017-06-14-12-16-54

ボクのポンコチ後期型の映像ですよ


折れてるドリルの歯を当ててトンカチで叩いてピンを抜いて分解したんですけど、果たして今回出来るかどうか、っと見てみると。





2017-06-14-12-11-16




なーんと!!前期型のはネジになってて、普通に外せるや無いですか!

2017-06-14-12-11-01


展開図でも、47番、ネジになってますわ、後期型は何故??


兎に角そのお陰で、なにも苦労なく。


2017-06-14-12-11-22
2017-06-14-12-11-29




チャッチャと、トラバースカムも分解バラバラにして、古い油を洗って新しく油を注して、余程大切に使われてたようで内部は健全そのもの、再びチチャッチャと組み立てます。


image



ボディの方も、防腐処理がイマイチでたいがいボコボコになってるものが多いマグネシウム合金にも、腐食は少なくかなり良い状態であります、各箇所に砂が少し付いてたのは海で使われてた証拠ですね、説明書通りに、釣りから帰ったら、硬く絞ったタオルで拭いて防腐剤で磨いてたのでしょう。



2017-06-14-12-11-45





唯一の難点としては。


2017-06-14-12-11-38



ライン ローターがカッサカサに干からびて、油っけが全くなくなってて、粉吹いて殆ど回らなくなってたとこです、最初ナカナカ外れなくてビビりました、が、何とか外して洗って注油すれば、問題なく回っております。


最後に、防腐剤と乾いた布で噴き上げて。




image




整備完了〜!



イヤー然しカッチョ良いリールですねー!

一軸トラバースカムでボディの中心軸上にハンドルもローターもスプールもあるシャープなデザイン、そりゃ左右両用巻きとか整備性とか、ストロークのロング化とか色々制約があったのだろうけど、ボク個人的にはこのスーパーノーズのデザイン、ズバ抜けてカッコ良いと思いますわ。



あ〜こんなの弄ったら、左手巻きのが欲しくなってくる〜〜(;´д`)




何故か最近、オクでも高騰してとても手が出ないんですわ(><)

このページのトップヘ