ティワンのちょこっと投げキス!釣り日記。

キスの投げ釣りが好きな関西のオッチャンのブログです、でも遠投は苦手 なるだけ軽めの錘でちょこっと投げて、キスのブルブル楽しんでます。

毎度です〜!



本日、全日本サーフ兵庫協会の、『夏期キャスティング通信大会』参加してきました〜!



朝日5時に神戸の自宅を出発、バビューンと走って。




image






本日の会場である、和歌山マリーナシティの予備駐車場へ。


先ずは先週全員で、コートの設営を。



2017-09-24-08-10-49




皆さん慣れたもので、テキパキと素早く完成。




2017-09-24-08-30-24




完成した投擲エリアからのコートセンター! 糸の張られたセーフティスロー用の枠を目の当たりにして、その圧迫感に戸惑いを感じずには入られません、ホンマにこんな狭い範囲から、前方に伸びる細〜いコートに投げれるのでしょうか❓❓

とは言え、ここまで来てしまったのですから、練習を信じてヤルシカありません。




開会式の後、まず最初に始まる種目はボクの出るST種目です、いっそいでキャスティング タックルをセットアップして。



2017-09-24-08-58-18



それから気合いのレッドブルを煽り、イザ投擲エリアへ!




2017-09-24-08-58-26






枠の中へ入って、竿を構えると、狭い(-_-)
が、普通にオーバースローで投げるには問題ない広さな訳です(当然か(^^;)が、横にある糸張った枠の圧迫感が緊張を招きます、先ほどまでは思いっきりぶん投げるだけ!との決意が情けなくも一瞬怯んで(ーー)


おりや〜〜

ってな少々ビビり気味な投擲になってしった、が、横の糸には結構まだ余裕がある、そして狭いコートにもまずは入って、セーフティスロー初記録は、136.11m、全くたいした飛距離では無いのですが、コレは全然まだまだ振ってもイケるような、って思えた1投目!



ならば、2投目は気合いの投擲、




ファイヤーW(`0`)W





2投目、151.78m!

まぁマダマダたいした飛距離とはいきませんけど、1投目で感じた閉塞感は最早感じなくなりましたよ!



3投目、さらなる飛距離アップを目指して
おりゃーーと投げたのは、敢え無く右手に抜けてファール( ̄▽ ̄;)


投擲ゾーンの枠はイケそうとは思っても、強振する場合のオーバースローのコントロールはまだまだ鍛錬が必要なのか!



そこから4投目、5投目は147.23m、149.51mで、3投平均が149.51m、スリーファールせずに本日のキャスティング大会を終えました。



セーフティスロー、うん、枠の中からでも投げることが出来ました、今後は飛距離ア
ップを目指して練習に精進しましょう!


それでは、本日キャスティング通信大会に参加の皆様、お疲れ様でした〜m(_ _)m




毎度です〜。


先週末の三連休は(ボクの休みは1日だけでしたけど)、台風に振り回されて釣りどころではなく過ごし、今週は今週で、明日の秋分の日が休みなもので日数も少なく、然りとて業務自体の内容は普段通りにあるもんですから、忙しいったらありゃしない(>人<;)

そんな1週間!なんとかこなして、やっとこさ今日は金曜日、仕事もどうにか一段落ってとこですわ、そして、今度の日曜9月24日は全サ兵庫協会の、『キャスティング夏季通信大会』の日になってます。


今回、初めてST種目にエントリーしておりまして、オーバースローの練習をしてきたのですが、未だに、コレでホントに投げれるのか?なんて不安が拭えません、普段何もないとこで投げるのと、何時も大会の時に、こんなトコから:(;゙゚'ω゚'):って思ってるST種目用の、縦8m横2.5m枠に入って投げるのでは恐らくプレッシャーがぜんぜん違うでしょうし(^^;;



とは言え、此の期に及んでビビっても仕方がないし!ファールを恐れて置きに行ったのではお話にならない!

兎に角、大会ではぶん投げる!





それで今朝、最後に投げ練と神戸港道場へ行ってみて。



2017-09-22-06-47-06





曇りの神戸港道場、東の空に雲の切れ間から朝日が鉄の麒麟群を照らしております。


この時間の神戸港道場、朝間詰め狙いの太刀魚や、サビキ釣りでのアングラーが多くてなかなか投げ練出来る場所が空いてないんですけど、運良く先客が帰られた東側で場所が空いて投げ練開始。



竿はモチロン大会で使う、サンコン プロトギア37号、リールは初代ベーシヤ、ナイロン2号に指定力糸、錘も競技用25号にビーパー相当の錘巻きつけて。





おりゃーファイヤー!





2017-09-22-07-22-12






で、今日は大会と同じ5投だけ真剣に投げてきました、これにて練習は終了、後は竿磨いて、本番でぶん投げるだけ!














2017-09-19-06-06-07


全然関係ないんですけど、ヤットコさんはベランダで平均台の練習しておりました(^^;;

毎度です〜。


世の中三連休の初日の今日、土曜日ですが、ワタクシはお仕事。そして超大型台風タリムが現在接近中で、すでに雨降っております、明日の午後にこの辺りを通過するらしく、その備えにテンヤワンヤして、やっと準備も一段落したところであります。

これから台風が接近してくる地域のみなさま、どうぞお気をつけ下さいませ!

因みに、ワタクシ明後日の月曜日、国民の休日である敬老の日もお仕事ですわ、唯一の休みは嵐とは(><)

家で籠城ですな。






釣りにも行けないし、先日手に入れたポンコチでも紹介します。


たまたま寄ったポンコチ・・もとい・・中古釣具店で衝撃の出会いを遂げたそのロッド、それが。

















2017-09-08-08-09-03





空色も眩しい!




2017-09-15-13-11-09
2017-09-08-08-11-14





櫻 日本号 力学ノ勝利 ❗️

今を遡ること40数年前の超高級キャスティング ロッド、当時の価格¥12,800、当日オリムピックのキューバやアマゾンなど人気投げ竿の価格が¥5000ほどだったことからもこのニッポンゴウが、どんなに高額だったか伺えます。

当時のスペックを調べると(ポンコチの権威、ハオコゼ尊師のブログから)3.8米では、仕舞い寸法約141cm、重量890g、錘負荷30~40号、Bガイド足低50mm35mmを特に工夫して作った超遠投竿。


備考に、『超遠投用に作り200m突破の竿!公認記録時間の問題と言われる、まことに見事な遠投竿でございます』!っとあります!



そのトンデモナイ超遠投竿、細部を見てみると。





2017-09-08-08-09-12
2017-09-08-08-09-29
2017-09-08-08-09-36





な〜〜んと、メチャメチャ綺麗なんですわ、金箔の上に巻かれた飾り巻きなどまだビニールが貼ったままになっております、ブランクの色も艶々なんで、あの大口径サクラガイドもピカピカなのであります!

只、惜しい難点も3点ほどあって。

1点目は、




image




穂持ちに僅かに置き傷がついてます、数回は使用されたようです。

2点目に、



2017-09-08-08-09-48




大口径20mmの特殊金属配合のBガイド トップなんですが、パイプ部分は真鍮にメッキやったようで、そのメッキ部分が経年劣化でかグサグサに浮き上がってしまっております、まぁ強度的には何ら問題は無いものと思われます。


3点目として、


2017-09-08-08-10-55



木の方に穴を穿って差し込んである、極太木製グリップはピカピカの艶も健在なのですが、先の石突きに被せてあるゴムカバーが、これも経年劣化によってか今にも崩壊しそうな感じでヒビ割れてしまっております、惜しいながらも寄る年月には逆らえず致し方無いところでありますな。




以上の3点を差し置いても、ナカナカみる事が無いほど状態の良いこの日本号、そのお値段は!


な〜〜んと五百円 ((((;゚Д゚)))))))


歴史的価値の高い昭和の銘竿も、世間一般では只の古道具に過ぎません、そそくさとレジに向かったのは言うまでもありません。



継いでみると。




2017-09-08-08-14-31





錘負荷40号、飛距離200mオーバーを狙った、とんでも無く太く重い超剛竿なんですが、まぁブニョい!

が、とんでも無く力強くブニョい、表現変ですが、オッそろしく硬いムチって感じで、現在の剛竿みたいに、全く曲がらないのを無理やりバシュ!って降る感じで無く、石弓みたいにグワッっと曲がった竿全体がバビョーンなんて感じの調子であります、振り手を選びますわねコレは(^^;;






と、喜び勇んで手に入れた力学ノ勝利なんすけど、使えませんよね〜コレは、どうしましょ、また使わん道具を買ってしまった(ー ー;)

このページのトップヘ