2008年08月04日

4ヶ月ぶりのブログです。。。。

1次試験も終わり、益々2次試験ムードになってきました。
そこで、私が所属するACG(秋葉原コンサルティンググループ)で、8月23日(土)に中小企業会館にて、セミナーを開催することになりました。
このセミナーでは、私も話しをします。
今まで積み重ねてきたノウハウを、皆様にお伝えしようと思っています。

私のプレゼンのタイトルは、

「解き方の手順 〜読解力・分析力・文章力向上の鍵は手順にあった!〜」

です。

ブログでお伝えしている内容を、更にビジュアルに、わかりやすくお伝えする予定です。

以下、ご案内です。
ご案内の最後にACGのアドレスを明記しました。
ここで今回のセミナーの案内をしております。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ACGメンバーを含む4名の合格者が二次試験の実際の解法パターンを公開しながら、解答手順を説明していくことで
「事例問題ってどういう手順で解けばいいの?」
「時間配分はどうすればいいの?」
「どのように事例を読めばいいの?」
という受験生の疑問にお答えします!!

■日時:平成20年8月23日(土) 13:30〜17:00
■場所:中小企業会館(東京都中央区銀座2−10−18)
    http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html
■料金:¥1,000
■定員:30名(先着順)
■申込方法:
 住所・氏名・電話番号を明記のうえ、件名を「2次試験対策セミナー」にして下記までメールでお申込下さい。
 メールアドレス:event@ac-g.info

◆セミナー内容◆
‘鷦〇邯海瞭団Ю睫
 二次試験の特徴を把握することで、試験における心構え、留意点を抑える
解答のパターンの概要解説
 複数の解答パターンを比較することで、自分にあった解答パターンを見つける
実際の解答パターンの公開・説明
  解答手順
  時間配分
  与件の読み方
  メモの取り方
  解答の書き方
ぜ遡筌織ぅ

■ACGのURL:
http://ac-g.info/web/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(23:08)

2008年04月01日



 今回は、設問に関連した的確な与件文を抜き出すコツをお伝えします。


 設問文の中にはいくつかのキーワードがあります。
 そのキーワードに関連した内容を、まず本文から抜き出す作業が必要になります。

 例えば、設問文が以下とします。

(設問)
 A社社長の長男からITを活用した営業活動について助言が求められた時、診断士として何とアドバイスするか。

 上記設問文のキーワードは、下記3点です。
 …甲
 ■稗
 1超罰萋

 上記3点のキーワードに関連する内容を、まず本文から抜き出します。
 与件を抜き出す時に重要なのは、まずは「長男」「IT」「営業活動」という言葉に集中し、ただ単に関連した内容を、まずはすべて抜き出す、ということです。漠然と設問文を読んだだけでは、適切な与件を抜き出すことはできません。

 そしてその作業が終了した後に、抜き出した内容を取捨選択・加工して、解答を組み立てるという作業を行えばいいのです。

 上記の内容をしっかりと手順に組み込んでください。

 それではまた。

(01:14)

2008年03月18日

 マーケティングです。

 事例兇如◆孱村劼新製品をリリースしたが、社長が考えていた見込み通りに売れず、売上が低迷」というケースがあります。

 この場合で、当初見込んでいた新製品などが「思うように売れていない理由」を問われた場合、狙った顧客(=ターゲット顧客)は誰で、そのニーズは何か、プロモーションはどうだったか、を切り口に検討してください。

 大抵は、既存顧客と新規顧客の2つが切り口になります。


 思うように売れなかった理由は、例えば、

ヾ存顧客のニーズにマッチせず、新製品でブランドイメージが低下し、既存顧客が離れていった
⊃卦顧客開拓のプロモーションが失敗した

などになります。


 次に対策ですが、基本的には

ヾ存顧客を呼び戻す
⊃卦顧客を増やす

になりますが、「早急な」対策とあった場合は、まずは

「既存顧客を呼び戻す」

を解答してください。

 新規開拓よりも、ブランドイメージを回復することが先決です。



(01:41)

2008年02月26日

今回は事例に「競合企業が登場する場合」の留意点です。


競合企業が登場する場合、必ず「競争戦略」が根底にあります。

つまり「差別化戦略」と「集中化戦略」です。


例えば設問で「課題」や「問題点」を問われた場合、
必ず競合他社を意識した解答を書くように心がけてください。


それではまた次回まで。



(01:52)

2008年02月20日

与件に、社長の思いが示されていることがあります。

例えば、

「〜に違いない」
「〜のはずだ」

というセリフです。

この場合、仮説と異なることが起こった可能性が高いです。
しかし、その「仮説と異なったこと」は、それ以上与件には書かれていません。

そこで、「仮説とは逆のことが起こった」
と仮定してみて与件を読み直してください。
その企業の問題点や課題が見えてきます。

逆に、この仮定がなく与件文を何度読んでも、
なかなかその企業の問題点等が浮かんできません。

その他「すばらしい人材を迎え入れた」とかでも、
実はその人が入ったことで新たな問題が起こった(起こる可能性がある)と仮定して検討したことが、直接解答になるケースがあります。

「行間を読む」という感じかもしれませんが、
とにかく「思い」とか「何かよさげな言葉」などがあれば、
逆の仮説を立てると解答が見えることがあります。
試してみてください。




それから、昨年2次試験を受験された皆様。
お時間があれば、以下の「ふぞろいな合格答案」のアンケートにお答えいただければ幸いです。
アンケートに答えて、結果を比べてみるのも面白いかと思います。
是非ともよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ふぞろいな合格答案(旧「80分間の真実」)
アンケートご協力のお願い
 
親愛なる502教室の皆様:
現在我々プロジェクトメンバーは、4作目となる
再現答案集の出版の準備中です。
今年も受験生にとって有益な情報を提供すべく
企画・検討を重ねております。
そこで、今回もコンテンツの核となるアンケートに関して
皆様のご協力をぜひとも仰ぎたいと考えております。
以下の要領で、何卒よろしくお願いします。
 
 
<対象者>
平成19年度中小企業診断士2次試験を受験された方
(合否は問いません)
 
<URL>
http://www.sngs-web.jp/
(このページの「News」欄よりアクセスしてください)
 
<期間>
2月16日(土)〜3月2日(日)
 
<ご確認事項>
,患入いただいた記述については、『ふぞろいな合格
答』に一部掲載させて頂くことがありますので、予め
ご了承ください。
∋飜姪の都合により、ご記入いただいた記述の掲載の
判は当方にご一任願います。
アンケートには個人情報が含まれますが、お預かりし
た個人情報は分析及び本書制作に関するご連絡の目的
のみで使用し、それ以外の目的で使用することは一切
ありません。
 
<ご質問等の連絡先>
宮部宛( miyabe79010@yahoo.co.jp )
 
にお問い合わせください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


(00:27)

2008年02月13日

 今回は「戦略」の切り口についてお伝えします。
 設問で「戦略」を問われた場合、以下の切り口があります。


●「戦略」の切り口
 崔に」「何を」「どのように」のフレームで解答する
■咤廝錬圓魍萢僂垢


 
 崔に」「何を」「どのように」

 例えば「品揃え戦略について述べよ」と問われた場合、いわゆるコンセプトの切り口である「誰に」「何を」「どのように」が活用できます。
 ちなみに、誰に=顧客、何を=製品、どのように=方法・手段、です。
 解答の仕方として、例えば「高齢者向けに安全性の高い食材を提供する」というイメージです。
 マス目が少ない場合「誰に」と「何を」を明記すればOKです。



■咤廝錬圓粒萢

 SWOTの活用とは「強みを活かし、弱みを補強し、機会を捉え、脅威を乗り切る」です。
 例えば「戦略的に何を狙いとして新規事業に着手したか」という問いに、上記のフレーズを活用し、「大手が参入しないニッチ市場で、独自の製造技術を活かし、自社ブランド製品を確立して下請け体質から脱却するため」という具合です。



 ついでに「戦略」と「戦術」の、2次試験的違いについて抑えておいてください。

・戦略:方向性、目標、今までと異なることをする
・戦術:具体性、目的、今までと同じ延長線上で考える



 それではまた来週お会いしましょう。勉強がんばってください。


(02:24)

2008年02月05日


 今回は「売上低下・向上の理由」を問われた時の切り口についてです。


 売上は、皆様よくご存知の通り以下に分解できます。

 売上=客数×客単価

 つまり、与件文から「客数」「客単価」に関する内容を探し、解答の根拠を探します。そして注意が必要なのが、解答に「客数」「客単価」のどちらが増加または減少したのかを、忘れずに記述するようにします(これが点数アップのスキルです)。


 例えば、設問で「売上が一時期低下した。その理由を述べよ」とあれば、
与件より「客数減少」および「客単価低下」に関連しそうな内容をチェックしてください。
 そして与件に「特徴のない品揃え」「近くに豊富な品揃えで、大きな駐車場を設置したスーパーマーケットができた」などとあれば、これが根拠となり、次のように解答します。

「理由は、品揃えに特徴がなかったため、豊富な品揃えや利便性に強みを持つ競合に顧客を奪われ、来店客数が減少したため」


 逆に「売上が上がった理由」を問われた場合も同様に対処してください。


 それではまた次回お会いしましょう。

(02:58)

2008年01月28日

 わかりにくいタイトルになりましたが、例を出してご説明いたします。


(例1)
 設問「メッキ加工を当分な内製化しないことに決定した。その理由を述べよ」

 上記の場合、必ず下記2点についてコメントします。

‘眄讐修離妊瓮螢奪
外注化のメリット


(例2)
 設問「当面の事業拡大を見送った理由を述べよ」

〇業拡大のデメリット
現状維持のメリット


 解答に明記するのはメリット・デメリットの双方から明記することが高得点のポイントです。ただ考え方としては、「環境変化」「機会」「脅威」など、色々な方面から検討し、そして最後に、上記の通り設問に沿ってメリット・デメリットに落とし込むことが有効です。

 それではまた次回お会いしましょう。


(01:12)

2008年01月21日

 「成長」に関する設問についての切り口です。


 まず「今後の成長」について問われた時は、「成長=戦略」と考えてみてください。戦略(=成長)の切り口は以下の2つです。

●戦略(=成長)の切り口
 \宿福米睇要因(製品差別化))
 ∋埔譟奮杏要因(市場細分化))


 また「今後の成長の課題」について問われた場合は、以下の切り口で方向性を検討してみてください。

●「今後の成長の課題」の切り口
 〆8緇況がどのように変化するか
 △修隆超変化の中で、強みを維持するための課題は何か

 環境変化が起こらない場合もありますが、それでも注目するのは「強み」です。

 環境変化が起こらない(現状のままいく)場合は、
「今まで強みを活かして市場ニーズに対応してきた。今後も同じようにすればいい」というのが解答の方向性になります。


 それではまた次回お会いしましょう。


(02:42)

2008年01月17日

 事例機柄反ァ砲寮潴笋如以下2つの問われ方をする場合があります。

 崛反ス渋ぞ紊隆囘世ら述べよ」
◆崛反ゾ紊隆囘世ら述べよ」

 この2点は、以下のように大きな違いがあります。


 崛反ス渋ぞ紂
 組織図のこと。
 つまり「機能別組織」「事業部制組織」などの問題点(1次の知識)を切り口にして考える。
 例えば解答は、「問題点は、機能別組織のため営業と設計の情報が共有されず...。解決策は...」という感じ。


◆崛反ゾ紂
 組織全般を含む。
 つまり「組織図」だけでなく「人事」「リーダーシップ」「モチベーション」「組織文化」全般を切り口にして考える。
 例えば解答は、「業績連動型評価制度に改変する。具体的には...」という感じ。


 ,両豺腓蓮崛反タ沺廚世韻任いい任垢、△里茲Δ別笋錣貶をされたら、切り口は非常に幅広くなりますので、ご注意ください。

 それではまた次回お会いしましょう。


(02:42)