寺嶋です。
もうタイムリーな話ではありませんが、
忘れてはいけないニュース産業廃棄物の横流し問題
私たちの食生活を脅かすものです。

「廃棄物」とは
利用しなくなったもの、有償で売却できなくなったもの
一般廃棄物と産業廃棄物に分類
価値がないものですね。
「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の違い
事業活動に伴って生じた廃棄物かどうか。
事業活動に伴うものは「産業廃棄物」、伴わないものつまり産業廃棄物以外は「一般廃棄物」です。

産廃排出業者の責任
原則、自らの責任で処理。
自ら処理できない場合は、産廃処理業許可を持っている処理業者に処理を委託。
⇒今回の事件、排出業者は委託処理をしていて問題ありませんでした。

産廃処理業者の義務
処理基準に従って適正に処理
処理義務を怠り横流し。
あってはならないことです。


産業廃棄物の処理業を営むためには、「許可」を取らなければなりません。
「許可」とは。。。
一般的に禁止されている行為を適法に行えるようにする行政行為のこと

つまり誰でもできるわけではなく、要件を満たしたものだけしか許可を得ることはできません。
(↑ 届出との違いです。)
許可の意味を知ると、特別だと感じるのではないでしょうか。

たからこそ、ルールを、法令を遵守することは当然です。
産廃処理業許可に限らず、「許可」取得事業者は法令違反が無いか見直しましょう。






建設業許可なら行政書士法人名南経営へ!
cropped-head


「許認可申請業務」と「相続・遺言関連業務」なら
行政書士法人名南経営にお任せください。
head1
 
contact