皆さんは「医療法人」と言えばどのようなイメージでしょうか?

私のなかで「医療法人」のイメージは
 なんとなく大きい病院!!
という間違ったものがありました(笑)

私のイメージのどこが間違っていたのか、
どのような特徴があるのかを簡単に見ていきます。

医療法人とは
『病院、医師や歯科医師が常勤する診療所、または介護老人保健施設の
開設・所有を目的とする法人』
(根拠:医療法第39条)


①医師1人から法人に

医療法人創設時は、病院又は医師若しくは歯科医師が常時三人以上
勤務する診療所を開設しようとする社団又は財団であることが要件でした。

しかし、昭和60年の第1次医療法改正により「一人医師医療法人」
可能となりました。
つまり医師が1人いれば法人にすることができます。

現在では、医療法人の約8割が一人医師医療法人となっています。

 

②知事の認可が必要

株式会社のように簡単に法人化できるわけではありません。

設立するためには、まず主たる事務所の所在地の都道府県知事の
認可
が必要です。

 

③業務の範囲が限定

原則、医療法人の業務は「本来業務」「附随業務」に限定されており、
収益業務をおこなうことはできません

(例外:社会医療法人は収益業務が可能)

本来業務・・・病院、医師(歯科医師)が常時勤務する診療所又は
       介護老人保健施設を開設・運営する業務

附随業務・・・開設する病院等の業務の一部又は附随しておこなう業務

 

※注意

病院内にある売店や敷地内の有料駐車場は、収益業務にはあたりません。

個人開業医でも法人なりができる(医療法人の設立ができる)ので、
身近に医療法人は増えています。
あなたの通っている病院・診療所も、「医療法人」かも・・・