2016年06月15日

EX STAGE

改めまして、『TAKUMA TERASHIMA LIVE 2016 EX STAGE 』2日間、無事終了しました!
ご来場くださいました皆様、残念ながら来られなくても、離れたところから応援してくださった皆様、ありがとうございました!!

image

とても…とても素敵な日々でした…
最高にカッコいいバンドとダンサーです!
みんなのおかげで、リハーサルからずっと楽しかった…!


さ、長くなりますよ!(笑)

何度も言ってるけど、寺島の職業は声優で、プロの歌手じゃないから、自分の名前を看板にしたステージに立つことに関して、少なからず抵抗感というか、負い目というか、申し訳なさみたいなものは感じているんですよね。
それでもあのステージに対して前向きに取り組めて、本番も緊張感をもって楽しめたのは、ひとえにファンの皆様の応援のおかげです。

出演した作品を楽しんでくれて、演じたキャラを好きになってくれて、寺島拓篤を応援してくれて、本当にありがとうございます。
シンプルに言えば、それが全て。

寺島がアニメとか好きだからっていうのももちろんあるけど、作品やキャラを愛してもらえる事が、寺島なりの声優としての誇りです。
寺島拓篤とか本当は注目されなくてもいいんですけどね。それでも、こんな普通のオタクのおじさんのライブを楽しんでくれてありがとう(笑)


ただ一つ、ちょっと悔しい事が…
友達からライブの評判が凄く良かったみたいという話を聞いたんですが、

友「おい!好評だぞ!音也と冬馬!」
寺「俺は!?」

やっぱ本物のアイドル達はスゲェや…とても敵わねぇ…
ほら、寺島も人間ですから、やった分は褒められたいわけですよ!でも、やっぱり悔しいよりも嬉しいの方が上なんですよね…

自分の演じたキャラとはいえ、彼らの全てを把握できてるわけじゃないから、声をやらせてもらってから先の事はわからないんですよ。
だから、本当に大きく、たくさんの人に愛されるアイドルになったんだなと、嬉しい気持ちでいっぱいです。
だからこそ!アイドルではないけど、寺島も声優として、表現者として負けてられないなと奮起するんですよ!


まぁでもね、よほどの事が無い限り、キャラクター達の歌をカバーするって事はそうそう無いと思います。
5周年という区切りだから、音楽活動をやるきっかけの一つになった音也と、音楽やライブを続ける上での姿勢を教えてくれた冬馬の曲をカバーさせていただいたんです。

何度も言うように、音也と冬馬だけが寺島にとっての特別なんじゃなくて、演じたキャラクター達はみんな大切で、誰一人欠けても今の寺島は存在しないわけで。
その中で『音楽』ってものに寄り添って考えると、まず浮かぶのは音也と冬馬だったってだけの話なんですよね。
たくさんの人に向けて歌う事を生業としている彼らの歌だからこそ、カバーという形が実現できたんだと思います。
最近だとバンドのギターボーカルやってる朔良もいますが、なんか…朔良は自分たちの曲はカバーさせてくれなさそう…(笑)Liar-s大事にしてるからな、アイツは!


現実の話だと、マモちゃんとか渉くんみたいに凄く尊敬できる仲間がいて、2次元にも演じる事を通して表現の奥深さを教えてくれるキャラクター達がいて。
こんなにありがたい環境ったらないですよね。
まだまだ未熟者であることを、悔しくも嬉しくも思える今に感謝です。


振り返れば、今回のライブは本当にEXTRAでした…!ステージの見せ方や構成、テーマ、パフォーマンス、セットリスト、会場…
いろんな特別が詰まった2日間でした!
7月からオンエアのアニメ『SERVAMP-サーヴァンプ-』のEDテーマ『sunlight avenue』も初披露できました。アニメともども、楽しみにしててください!

出演者、スタッフ、関係者の皆様。そしてこのライブを実現させてくれた、ファンの皆様。
たくさんの人のおかげで、素晴らしいステージになりました!
本当に、本当に、ありがとうございました!!

次はシングル、その次はアルバム、さらにその次はツアー!楽しみ満載な5周年、盛り上がりましょー!!

at 12:40│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この記事にコメントする

名前:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
月別アーカイブ
おすすめ
ケータイでも読める!
QRコード