2005年10月

2005年10月21日

タラップ上ればそこは僕らの秘密基地

上村邸(外観)ロフト 街並みA

 

 

 

 

上村邸 ロフト2上村邸 ロフト1

 

 

 

 

ロフト 全景(1)ロフト 全景(2)

 

 

 

 

ロフト 電車2ロフト 街並み

 

 

 

 

 

ロフトは僕らの秘密基地

屋根形状を利用して、居間の上部にロフトを作っちゃいました!タラップ階段を上れば・・・・・「そこは僕らの秘密基地!」理想の街を作っちゃおう!

小屋裏スペースは未知なる可能性を秘めた空間ですよね!今回御紹介させていただくのは、鉄道模型などの様に広い設置面積を必要とする趣味には最高ですよね!

株式会社寺田工務店では、小屋裏のスペースや床下などの空間利用を積極的にお客様にご提案させていただいております。「プラス1」の空間で暮らしにゆとりを!夢を!叶えてみませんか。o(*^▽^*)o~♪



terayou753 at 11:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 現場日誌 

2005年10月20日

迷っちゃいますよね〜!カーテン選び

杉山様 カーテン1杉山様 カーテン2

 

 

 

 

S様現場も完成間近!カーテン選び奮闘中

株式会社寺田工務店のHP(トップページ・インフォメーション部分)にも御紹介させていただいております静岡市駿河区西脇のS邸も完成間近です。

奥様と「カーテン工房 まど」のインテリアコディネーターの方が現場で、仮選びしたカーテンの最終決定作業をしているところです。

先日奥様に「カーテン工房 まど」にお寄りいただき、各室のカーテンの候補選びをしていただきました。今日は現場で、各窓にカーテンをあてがい決定作業をしているところなのですが・・・・・どれも素敵で迷ってしまいますよね。落ち着いた雰囲気なら・・・これかな!明るい雰囲気は・・・・これ!などなど、最終決定ともなるとやはり迷ってしまいますよね。

カタログだけで選んだり、小さな生地見本で選ぶと実際にカーテンを吊り込みしたら・・・あれ〜っ!大失敗!なんてことにもなりかねませんが、お好みのカーテン候補を実際の窓にあてがっての決定であれば・・・・きっと素敵なお部屋になること間違いなし!竣工がとっても楽しみです。

カーテン工房 まど」さんで(10月22日(土)〜10月25日(火)のAM10:00〜PM6:00)シルクロード手織絨毯展が開催されるそうですよ!本場の絨毯に興味のある方は必見です。



terayou753 at 17:06|PermalinkComments(2)TrackBack(1) インテリアをもっと楽しもう! 

2005年10月19日

ガラスの靴じゃありません!ガラス瓦なんです!

ガラス瓦(1)ガラス瓦(2)

 

 

 

 

ガラス瓦でお部屋を明るく!

北側のお部屋が暗くて困ってます・・・とか、「キッチンがもう少し明るくならないかな〜・・・・・。」そんなお悩みお持ちの方も中にはいらっしゃいますよね。

ガラス瓦を使ってお部屋に光を沢山取り入れちゃいましょう!お部屋の中が明るくなると、ご家族全員の心までも明るくなっちゃいますよね。

特に北側のキッチンなどは、この様にしてお部屋に光を取り入れられる条件であれば、やってみる価値「大」ですよ!明るいキッチンにリフォームしたら、お料理のレパートリーもグ〜んと増えちゃうかもしれませんね。

株式会社寺田工務店では、リフォーム工事にも力を入れております。ちょっとした一工夫で楽しい暮らしを手に入れちゃいましょう!どんなことでも、株式会社寺田工務店に一度ご相談してみてください。小さなことから初めてみませんか!ちっちゃなリフォームで「暮らしUP」を手に入れちゃいましょう!



terayou753 at 13:25|PermalinkComments(3)TrackBack(0) リフォーム工事 

2005年10月18日

素敵なキッチンレイアウト

山本邸ダイニング青島邸 キッチン

 

 

 

上村邸 キッチン岡尾邸キッチン

 

 

 

天野邸 ダイニング天野邸 キッチン

 

 

 

山田邸キッチン鈴木邸キッチン

 

 

 

 

 

素敵なキッチンにしたいですよね!

女性にとって(もちろん男性だって)素敵なキッチンは「いい家」の第一条件ではないでしょうか!使い勝手が良くて!清潔感があって!明るくて!家族が楽しく過ごせるキッチン(ダイニング)。そんな素敵なキッチンを手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか・・・・。

お客様にまず、株式会社寺田工務店から水廻りとして使い勝手が良く、効率の良い配置をご提案させていただきます。・・・・その中からお客様のイメージに一番近いものを選んでいただきます。

さて!ここからです!使い勝手が良いだけではなくお客様の夢あるキッチンにしていくためには、トータル的にインテリアとしても価値あるものにしていかなければなりませんね。それには多くのレイアウトを実際に体感していただきます。カタログなどの平面的なイメージだけでは分かりにくいものです。私達(工務店)と一緒にショールームをおおいに活用しましょう。

ショールームにはキッチンだけでなく内装工事に関わる殆どの商品が展示してありますので、トータルコーディネイトがとてもしやすいかと思います。

年に2回ほど東京方面や名古屋方面まで出向いて新商品の展示会などにも積極的にお客様をお誘いさせていただいております。「是非一度ご一緒していただけますか!お客様の夢のキッチンが展示してあるかもしれませんね!



terayou753 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) インテリアをもっと楽しもう! 

2005年10月17日

高気密!高断熱!の秘密(スーパーウォール工法)

土台パッキン取り付け床下断熱工法

 

 

 

ウレタン吹き付け土台パッキン吹き付け断熱剤

 

 

 

 

高気密・高断熱(スーパーウォール工法)の秘密とは

スーパーウォール工法で建てた建物がなぜ高気密なのか・・・高断熱なのか・・・・。まず基礎工事(土台据付の段階)の時点で秘密があります。

基礎天端に特殊スポンジ質の基礎パッキンを取り付けいたします。この目的は基礎内部に関しても、外気温の影響を受けにくくすることにあります。

土台と基礎を締め付けるボルトがありますが、このボルト穴までも吹き付けタイプの断熱剤にて施工いたします。この目的は金属はたいへん熱を伝えやすい物質なので、このボルト廻り(金属)を断熱してあげることで、(真冬などの冷え込みが強い時などは床板に冷たさが伝わりやすくなりますが小さなボルト穴までも断熱することにより)高断熱性の保持に努めています。

基礎内部にいたっても、(外気温の影響を受けやすい外周部)基礎の立ち上がり及び外周の耐圧盤面を成型された断熱材にて断熱しています。

この様に、基礎内部にいたっても高気密・高断熱にすることによって、真冬でもフローリングが冷たいなどの不快感を軽減することができます。当たり前のことではありますが、快適空間の基本の一つに「夏涼しくて!冬暖かい!」が掲げられますが、スーパーウォール工法で建てられた家はこの点で非常に優れていると思っております。実際に冬の完成見学会にこられたお客様が一番ビックリされるのは、冬なのに床が冷たくない!床暖房でもしてるのですか?・・・・などとお聞きになる位に床板が冷たくならないのです。フローリングが冷たく感じないと言うことなんです。



terayou753 at 14:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0) プチお茶会の開けるかわいい住宅 

2005年10月16日

どんな外観イメージに・・・・・?

平野邸 外壁打ち合わせ

 

 

 

外観のイメージ・・・・・どうなされますか・・・?

サッシの色は?玄関ドアは?外壁はどんなパターン?

毎日着る服だって素敵にコーディネートしようと思ったら色々と迷ってしまうものですよね〜・・・・まして一生に一度の我が家の外観ともなると何時間・・・いや何日考えても答えはなかなか出ないものですよね。

私たち建築関係者は例えば100人中80人のお客様が素敵ね!と納得していただける外観のコーディネート法は心得ています。仮に建売物件であればそれでもOKなのでしょう・・・・。

しかしこの世でたた一つの我が家ともなると、もう一つ何かテイストが必要になってまいります。

皆・・・お客様は我が家だけの・・・・といったオリジナリティーを求めていらっしゃいます。

その我が家だけのテイストをお客様とじっくりと話し合い、お客様と一緒になって「たった一つだけの我が家」・・・「いい家」を造り上げて行きたいと、株式会社寺田工務店ならびにサポート業者一同これからも精進していきたいと思います。

今回の外観イメージは・・・・・はたしていかがなものに・・・・



terayou753 at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) プチお茶会の開けるかわいい住宅 

2005年10月15日

たよれる大工さん!

大工さん

 

 

 

 

お宅を建てた大工さんを覚えていますか?

我が家を一生懸命建てた大工さんの顔を覚えていますか?日に焼けた笑顔を思い出しましたか?

株式会社寺田工務店では大工工事に特に力をいれています。なぜならお客様と大工のコミュニケーションが「いい家」を造り上げていく上でとても重要なことだからです。是非お時間があれば現場をのぞいてください。そして大工さん達と気軽に話しをしてみてください。担当させていただいた大工達の家造りの思いが熱く伝わってくるはずです!

お客様のご要望に親身になってお応えしていきたい!お客様が新築後何年経っても、大工さん達の笑顔が直ぐに浮かんで来るような、そんな家造りにしていきたいといつも思っております。

笑顔が浮かぶ家造り!それがわが社のモットーです!



terayou753 at 18:57|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 現場日誌 

2005年10月14日

紅葉の中で・・・・

紅葉と社寺 秋の京都軒先にみる秋の京都

 

 

 

 

石畳 京都茅葺ー京都の秋

 

 

 

秋の風情に溶け込む日本建築(和風建築)

日中は、まだかなり日差しも強く暑さを感じますが、朝一現場に向かう時などはちょっと肌寒いくらいの爽やかな空気を感じられるようになりました。

和風建築のルーツを知るには、やはり社寺建築なのでしょうか・・・・。社寺建築といえば京都ですね。大規模な社寺建築だけでなく小さな東屋風の建物も勉強になりますよね。秋の京都・・・・行ってみたいな〜。

生活様式が急速に欧米化し、私達の住宅も和風建築物より、はるかに洋風建築が増えてまいりました。(・・・・仕方にない現状でしょうか・・・・。)

しかし私達日本人の心の中には「和の空間を大切に思い和の時の中で癒されたい」という気持ちは、いつの時代も変わらずに存在するのではないでしょうか。

和風建築の素晴らしさをこれからも沢山勉強して、現代の建物に役立てていきたいと思っています。

和風建築と紅葉  やっぱり日本人に生まれてよかったな〜!



terayou753 at 13:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 和風造りって・・・いいですね。 

2005年10月13日

和風(民家調)建築

塩沢邸 丸太加工塩沢邸 建て方

 

 

 

塩沢邸 梁(二重梁)塩沢邸 居間(2)

 

 

 

塩沢邸 玄関塩沢邸 和室

 

 

 

和風建築(民家調造り)

株式会社寺田工務店専属の熟練大工達が大丸太(地松)を弊社加工場にて、ほとばしる汗を掻きながら加工して行きます。

大黒柱・差し鴨居・地松の大丸太梁が匠の技で組み合わされて行く。(日本民家建築の伝統を絶やすことなく伝えて行きたい。)

天に伸びる柱!柱と柱をしっかりと結ぶ横架材(差し鴨居・丸太梁)これこそ日本民家の建築美!白壁の中で地松の二重梁がさらに黒々と輝いて見えてきます。その二重丸太梁を見ていますと・・・・厳格でありながらも、どこか温かみの味がある「昔の父親」みたいに感じてしまいます。

部屋の真ん中には木の香(檜極厚天然木)を漂わせながら炭火を燻らせる囲炉裏式の掘りごたつがなんとも印象的です。自然光と和紙を透過した温かな照明器具の光とが囲炉裏の中の炭火をさらに赤々と映し出しています。

日本民家建築の特徴の一つに、畳の続きの間がございますが障子や襖を開け放した状態は柱・梁の構造美がはっきりと分かってとても美しく思います。お施主様が趣味で集められた古民具の建具(蔵戸・欅の格子戸)を一本一本丁寧に弊社工務店の大工が手直しをして嵌め込みました。住まう形が時と共に変わってきてしまった今日・・・このような古民家の建物はめっきり少なくなりましたが、そんな現代だからこそ、お客様によっては、古民家建築に心の癒しを求められるのではないのでしょうか・・・・・。そんなこだわりをお持ちのお客様にも、株式会社寺田工務店はお客様とともに、こだわりの家(いい家)を造り上げて行きたいと頑張っております。



terayou753 at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 和風造りって・・・いいですね。 

2005年10月12日

模型でイメージを伝えよう!(店舗編)

シューマン(模型)駐車場2シューマン パース画

 

 

 

 

シューマン模型(玄関)シューマン外観(実際)

 

 

 

 

店舗設計にも模型を活用してオーナーにイメージを伝えよう!

洋菓子処 シューマンの設計にあたり私はまず基本的な平面計画と立面図を描き、次の作業としてパース担当者(寺田真由美)に外観のカラーパースを作成させました。オーナーにまず基本的なお店の外観イメージをつかんでもらう為です。この段階でオーナーの意見を更に取り入れ具体化して行きます。(上段右側の写真がそのカラーパースです。)

次の段階で模型が登場いたします。勿論、模型の制作は当社の模型担当の永野があたります。洋瓦一枚一枚の質感も本物そっくりに作り上げて行きます。郊外の洋菓子屋さんにとって、とても大切なのはお店の内装や外観だけでなく、お客様が気兼ねなく車を駐車することが出来る駐車場の問題が一つにあります。そんな時も建物模型と駐車場の簡易模型があればとても分かりやすいものです。特にケーキ屋さんは女性のお客様が多いために、車での出入のしやすさには気を配りました。限られたスペースの駐車場ではあっても夢を捨てず、お店入り口へと導くメインアプローチを緩やかに蛇行させることによって、小高い丘にお店があるかの様に配置いたしました。そんなときこの模型が非常に役に立つのです。(左側の上下2枚の写真が模型です。)

このように建築パースと建築模型を併用したオーナーとの打合せは、短時間ではあっても中身の濃い打合せが出来たように思います。(右下の写真が実際に完成した建物です。)洋菓子処シューマンはお蔭様でお客様で一杯の状態です。まだ行ったことのない方は是非お店をのぞいてみてくださいね!



terayou753 at 17:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 建築模型