女の子ピース!!800



イタリアの左右のポピュリスト、五つ星運動と同盟の連立政権が倒れるとすぐに、前者が臆面もなく天敵の民主党に駆け寄って手を結び、新たな連立政権が樹立された。

不安定なイタリア政治は面白い。いや、興味深い。内閣がくるくる変わるのはとんでもない欠点だとばかり思ってきたが、最近僕はそれは欠点ではなく、イタリア政治の「特徴」なのだと考えるようになった。

戦後のイタリアの内閣はひんぱんに変わることで知られている。平均寿命は一年未満、という時期が長く続いた。今もよく変わる。2018年に発足した五つ星運動と同盟の連立政権も1年と2か月で崩壊し、第66代ジュゼッペ・コンテ内閣が間もなく船出する。

今回の政変ではほとんど見られなかったが、政権交代の度に大きな政治空白が生じる。だがそれによってイタリア経済が停滞したり、行政が行き詰まったり、司法が恐慌をきたしたりすることはまずない。

もしもそういう状況があったとするならば、それは政治空白や政治不安のせいではなく、イタリアの経済や行政や司法が「元々そういう風だった」からに過ぎない。イタリアではそれらは常に問題山積なのだ。

ひっきりなしにやって来るイタリアの政治不安は、政権交代が可能な政治体制だからだ。政権交代が可能な分、権力につきものの腐敗が最小限にとどまる、というむしろ余得を伴うのがイタリアの政治の在り方である。

腐敗が最小限にとどまると聞けば、政治腐敗にうんざりしているイタリア国民は、あるいはデタラメをいうな、と怒るかも知れない。だがここでも僕は確信を持って言える。政治不安と政権交代がなければ、腐敗はもっとはるかに大きなものになっているだろう、と。

先月、連立政権の一翼を担っていた極右政党同盟のサルヴィーニ党首は、閣僚でありながら、内閣不信任案を提出して政権を崩壊に導いた。コンテ首相は、彼の行動は自身と党の利益のみを優先させる利己的で無責任な行動だ、と国会で厳しく指弾した。

コンテ首相の批判を待つまでもなく、サルヴィーニ氏は内閣を倒して総選挙に持ち込みたい思惑が強かった。副首相兼内務大臣の彼は、強硬な反移民・難民政策を実行に移して、地中海を介してイタリアに押し寄せるアフリカ・中東からの難民・移民を締め出しにかかった。

その政策は移民疲れの激しいイタリア国民の支持を集めた。サルヴィーニ氏は急上昇する彼自身と同盟への支持率を背景に発言力を強め、ここ最近はまるで自分が首相だと言わんばかりの態度に出ることも少なくなかった。

だが、議会解散から総選挙に持ちこもうと画策した彼の思惑は裏目に出た。連立相手の五つ星運動が、政権が崩壊するや否や、なんと野党の民主党にすり寄って新たに連立を組もう、と持ち掛けたのである。

五つ星運動と民主党は犬猿の仲どころか、お互いが天敵ともいうべき相手である。五つ星運動は、先の総選挙で政権与党だった民主党を激しく攻撃して支持率を上げ、ついに第一党となって政権を勝ち取った、といういきさつもある。

その五つ星運動が臆面もなく民主党に言い寄ったのだ。まさかの展開にサルヴィーニ氏は真っ青になり、自分を棚に上げて五つ星運動を「裏切り者!」とののしったがもう後の祭り。あれよという間に両党の連立協議が進行した。

五つ星運動と民主党はほどなく合意に至り、コンテ氏を首班とする政権が再び誕生することになった。同盟とサルヴィーニ氏は排除される形で下野。あっという間にお山の大将からただの人になった。

2011年、イタリア政界を長きにわたって牛耳ってきたベルルスコーニ元首相が失脚した後、イタリアではモンティ、レッタ、レンツィ、ジェンティローニという選挙の洗礼を受けない政権が続いた。

そこに政治不信に疲れきった国民の不満を吸い上げる形で、反体制ポピュリストの五つ星運動と反EU反移民を旗印にする極右の同盟とが選挙を経て政権を奪取した。

しかし、既述のようにそのポピュリスト政権も内部分裂であえなく終焉。結果として8年間で6つの政権が現れては消える展開になった。

そこで見えてくるのは、混乱の様相を呈したイタリアの柔軟な政治制度だ。それは混乱ではなく、政権交代が確実に実行される、いわばイタリア的秩序の顕現なのである。

特に「まさか」と思われた左派ポピュリストの五つ星運動と極右ポピュリストの同盟による連立政権の樹立は、まさに「なんでもあり」がイタリアの政治の王道であり、政権の座に就く者はイタリア的なしなやかさで「なんとか」政権運営をしていく、という厳然たる事実である。

柔軟に政権交代が起こり、権力を握った者は誰もがそれなりに国の舵取りをこなしていく、という驚異的な現象がさりげなく出現するイタリアの政治状況は、全くもって面白く興味深い、と最近つくづく思うのである。


facebook:masanorinakasone