2017年09月17日

週休3日制

がテレビで取りざたされていたが先日近くのスナックでママさんいわく土日月の週休3日だと言う まあお互い四捨五入で70が近いし棺桶入る日まで数えれば逆さから数えたほうが近い 店は楽しみでやっていて食べるにはビルの家賃が入るから心配ないとか・・・・かくいうオイラは水木連休で休む お客様の便を考えるとそりゃ不便と思うがそうしないと身体が続かないのだから仕方がない 若き日を振り返れば年に数日なんぞと言う休みで朝から夜2時3時まで働いていた ストレスは可愛い子どもと遊べないことだった それでも働いたガムシャラというのかも知れなかった
で現在どうにか週に2日休んでも周るようになった いっそのこと毎日が日曜日という本の題名みたいなことも考えるときもあるが毎日が日曜日で面白いだろうか?
やっと来た定休日にいろいろ計画組んで楽しみをつくる ビールだって毎日昼から飲んでうまいだろうか? 一日の仕事を終えお気に入りの場所でテレビをみながらホッとして飲む一杯が格別だ 現在は週休2日という昔から思えば夢のようなスタイルを楽しんでいる でもてあますかと思いきやこれが全然そうでもない 最も先週を思い出せば水曜日はオークション木曜日は練馬陸運と相変わらず仕事が絡む 今は人手が足りないので出仕事は休みに回すしかないのですね う〜んラグナビーチにヨットを浮かべてワインを傾けたいねえ



terry4989 at 16:47|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2017年09月16日

ご近所の無頼の徒

同じ町内に有名な渡世人がいて一昔半ほど前に恐喝で新聞に載った

自分が小学生の頃から大人たちの噂話に聞きかじっていた人間だから記憶があり

思わず身を乗り出して新聞を読んだ 70歳と書いてあったから今ご存命なら80半ばだろう

してみると件の氏は仮に自分より一回り上とすれば今からその一昔半に40年間のやくざ生活ということになる
時たま立ち寄るスナックのママさんはその渡世人をママさんが若い時分に勤めていた喫茶店の客として知っていたと言う
”優しい人なんですよ”と当時を振り返って言う・・・・私は少し考えて”優しい人が恐喝とかやるかね?”と言葉を投げた
流石にママさんも押し黙り少しの沈黙タイムが流れた
その渡世人の方が80半ばで今どうされているのかそんな話になった
映画で見る高倉健やぶんたのやくざはカッコイーし正義の味方だ
だがそんなやくざって現実にいるのかね?と思う
♪縞の合羽に振り分け荷物〜笠をヨコチョウに一本刀〜何が粋だよ気がつくころは〜みんな手遅れふきざらし俺か沓掛時次郎♪フランク永井歌唱の沓掛時次郎の歌詞です なんてぴったりはまるのかねえ昔の歌が



terry4989 at 19:11|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

勝 新太郎

ご存知座頭市に悪名で売り出し兵隊やくざというシリーズもありました
パンツの中に麻薬?を隠していたことでも知られ20年ほど前にお隠れになった昭和の大スターです 裕次郎と大変仲がよく二人とも大スターで大酒豪です 銀座のクラブでは席についたホステス全員に1万円づつチップを毎回あげたとか サラリーマンの給料が数万という時代ですから大変なことです まあ実際に配るのは付き人ですがあるときこの付き人が1万円を5千円に減らして配った 封筒入りですから勝には分らない
しかし流石勝新・・・・オイお前幾ら渡したんだと攻め寄る 付き人は勝に睨まれて仕方なく白状  勝先生の金がもったいないと思ったもんですからと言うと勝はしばし間を置いて”俺の金を大事にしてくれたのはありがとう だがな俺がこういうところでチップを渡すのは彼女たちに本当に感謝してるからなんだ ご主人のいる人もあろう 子どもが家で待ってるひともいよう そんな中を俺たちのために酒を注ぎ相手をしてくれるんだ もひとつ俺は天下の勝新だ 5千円じゃねえよ俺はな”女性たちの表情から中身を察知してそう言ったと言う 付き人は深く反省し勝に謝罪していっそう仕事に精を出したとか まるで座頭市を地で行くような話しですね 見ない袋の中身を気配で察し仕込み杖は抜かないが言葉で付き人を諭した 
丁度今時分は有線テレビで座頭市が時たま見れる 私は若い頃はあまり勝新の映画を見なかったが今は齧りついて見ている


terry4989 at 18:35|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2017年09月09日

たこ焼き英語タコヤキ

焼き鳥英語ヤキトリに次いでカラオケ英語カラオケだとか・・・・

日本のカラオケが海外で大うけしてジャズやポップスをメロディにあわせて英語で

踊りながら唄うのがアメリカ流です 日本人の踊りは盆踊りの民謡調がまだまだ主なようで大分アメリカンとは異なりますが根本は一緒

さてそのカラオケは大変健康に良いということで老いも若きもマイク片手に花金の宵はフィーバーしてます

私も近年は億劫で出かけなくなりましたが西川口駅前のカラオケスタジオによく行っていました

そのときに感じたことは唄うのが上手な人は結構沢山いるが聞き上手な人は少ないんだなと ヒトが歌ってる最中でもサッさと帰る人 居眠り始める人から人の歌を聞き終えて”へええ初めて聞いた”と何度も聞いてるひとが言います ひどいのは”もっと上手く唄わなくちゃ”と言う人・・・・人の振り見てわが振りなおそうとつくづく思いました

たかがカラオケされどカラオケです あの有名な本田宗一郎はヒトが歌ってる間は身じろぎもせずじっと聞き入っていたそうで逆に他人に社長一曲といいながら聞いてない奴がいると言ったそうで世界のHONDAですねえ


terry4989 at 17:26|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2017年07月23日

世界の名車も走らんけりゃただの積荷

DSC_0351
DSC_0349



terry4989 at 17:06|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2017年07月18日

日本で一番暑い市は

WEBで見ると高知県四万十だとかで次いでわが埼玉の熊谷が暑いとか書いてありますが先日クルマでラジオ聞いていると実は川越がトップだといってました その理由は川越には観測所が存在しないから公式記録とならないそうな・・・・しかして実際に住んでいる人たちが測ると1^2度熊谷を上回るんだそうです 何でも大東京の熱が逃げ止まる場所だとかで う〜んそうしてみると埼玉は熊谷川越と暑さの隠れチャンピオン無冠の帝都が2市もあるんですねえ もひとつ思い出すと日本人は南洋の土人のような暑さには耐えられない民族だとかで猛暑が続くとばたばたと死んでしまって当然なそうです いやあ死にたかないですね 手段としては水分補給に涼んで休息ですかね

間違ってもこの炎天下で仕事も遊びも頑張らないようにしましょう

terry4989 at 18:17|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

2017年06月01日

入場無料音楽の夏

イメージ (20)
指揮者の藤田久男氏が中学の同級生です 皆さんこぞって連れ立って聴きに行きましょう


terry4989 at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr

2017年05月06日

ローン

は便利なもんで後払いで品物を受け取れる そりゃあ金利はとられるが仮に60回払いだと5年だ  ・・・・オギャアと生まれた子が幼稚園の年中さんだ じゃ5年経ってお金がたまってから買えば理想的だが30歳は35歳になってるし既に必要がなくなっているかも知れない で住宅ローンから自動車ローンとローン全盛の昨今だ 便利な世の中になったもんですが中にはローンを支払わない方も出てくる そういう方は再びはいずこのローン会社にも貸してもらえない つまりローンが通らない人となる

手間隙かけて計算してローン用紙をFAXして返事を待つ ローン会社から電話が来てお客様と替わってくれますか?ときたらOKだ 駄目なときは”大変申し訳ありませんがこの方はお断りさせて頂きます”だ お客様?とは替わらないでいい

次のシーンはつまりバイク屋がお客様?に引導を渡す口上となる

”何かは分りませんがローンは不成立でした”・・・なんでだ!と言われても深い内容は不明だしまた言えばケンカになる場合もあろう 他のローン会社でどうだ!

現在の金融事情は情報の共有化が大変進んでいてここでは駄目でもあそこならということはまずない バイク屋としても折角の商売が1件パーだから何とかなるもんなら何とかしたい一心はある そこで苦肉の策が自社ローン つまり自分とこで貸すというものだが回収率は数パーセントという先例がある 2回目3回目くらいは入金なってもだんだんと遅くなりやがて焦げ付きとなる
松井清原でも3割打って大打者なのにこちらは5割を大きく超え9割にも届かんかというメジャーリーガーにも存在しない凄さです

でそのローンが通らない方々にはいくつか共通項があることに気づく

ひとつには態度がどうにも落ち着かない そして言動が少し乱れている

ローンが通るかな?とやたら心配する・・・失礼だが胸に手を当てると何か思い当たることでもあるんですか?なければ堂々としてればいいじゃないですか、こっちは金を借りるということは向こうにはつまり売上だからねえ・・・・

そして今すぐ結果が出ますよと言っても帰ろうとする

そういえば来たときも約束の夕方よりも大分早い午後の3時前だった記憶が蘇る

つまり金銭貸借に限らず全ての約束事が履行できない方のようでした

人の振り見てわが振りなおして生きてゆこうと心に刻んだ一幕でした

terry4989 at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr

2017年04月09日

編集手帳より

工藤直子さんに花という詩がある。<わたしはわたしの人生を出てゆくことはできない
ならばここに花を植えよう>ひとつの夢が破れたとき、人は”第2の人生”という花を植える。できれば夢の跡から離れた場所に植えたいのが人情だろう。近くに植えて、挫折の記憶に日々新しく胸を刺されるのはつらい。まばゆい栄光の時を知る人であればなおさらである。その人は夢の跡に花を植えた。プロ野球DeNAで5年間にわたって裏方の用具係りを努めた入来祐作さんである(2014年12月時42歳)である。
選手のためにボールをそろえ、ユニホームを準備し、グラウンドを整備した。かつては巨人にドラフト1位で入団した投手である。入来さんがソフトバンクの三軍投手コーチに就任し、指導者の道を歩くことになったという。植えたときはまさか咲くと思いもしなかった花だろう。記者会見では男泣きに泣いたと聞く。用具係りの実人生そのままの設定で缶コーヒーのテレビCMに出たことがある、共演した宇宙人役の語りを思い出す。<この惑星の住人の人生は一直線とは限らない>美しき曲線の前途に幸多かれ

私はそれほどの野球ファンではないんで正直この入来祐作という名前もうろ覚えですが現在をwebで見ると17年度も三軍コーチを継続してますから成功といえるでしょう174センチと書いてありますからプロ野球選手としては大きくないですね

それにしてもイイ話ですね


terry4989 at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr

2017年03月26日

春がきたそれっツーリングだ

ツーリングも今昔様変わり 千葉方面行くのに川崎周りでアクアライン

このラインを通るたびあのトンネルで大地震が来てぶっ壊れないかと案ずるが

まあそんなことはないのだろう しかしあの強風の日にバイクだと怖いね

でバイクの最大の敵はクルマだ クルマのドライバーでもバイク経験がある人は

まだいいが無い人はバイクのデリカシーが分らないからどんどん迫ってくる

2輪を経験しないと4輪の免許を上げないというのはどうだろう

徴兵制度みたいな感じだけどまんざら面白いかも


terry4989 at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr