2019年08月26日

ハイイロチュウヒの飛翔姿に魅せられて~♬

ハイイロチュウヒ
日本では越冬のために冬鳥として飛来するが局地的であり、個体数は少ない。

オスは全長40 - 45 cm。メスは50 - 55 cm。メスの方が大型になる。
尾羽の背面(上尾筒)には白い斑紋がある。

オスは全身が灰色で、初列風切羽は黒い。
腹部の羽毛は白い。メスや幼鳥は全身が褐色の羽毛に覆われる。
腹面は淡褐色で褐色の斑紋が入る。

草原湿地に生息する。地上付近を低空飛行したり、地上を徘徊しながら獲物を探す。
地面に草や木の枝を束ねた巣を作る。

食性は肉食性で両生類爬虫類、鳥類、小型哺乳類等を食べる。 (HPより引用)

                過去の画像より投稿です。

ハイイロチュウヒDSC_0152

                金色の目が魅力です。
ハイイロチュウヒDSC_0153

ハイイロチュウヒDSC_0154

ハイイロチュウヒDSC_0155

ハイイロチュウヒDSC_0157

ハイイロチュウヒDSC_0159

ハイイロチュウヒDSC_0160

ハイイロチュウヒDSC_0160

ハイイロチュウヒDSC_0161

ハイイロチュウヒDSC_0165

ハイイロチュウヒDSC_0166

ハイイロチュウヒDSC_0168

ハイイロチュウヒDSC_0169

ハイイロチュウヒDSC_0170
          最後までご覧いただきまして有難うございました。



teru1531_2435_082 at 06:17|PermalinkComments(0)

2019年08月25日

ツツドリに魅せられて~♪

ツツドリ
全長33cm、翼を広げると56cm。
ホトトギスと姿、形は大変よく似ていますが、ホトトギスより一回り大きい。
頭から背・翼の上面は灰色で、腹は白く、黒い横縞がはっきりしています。

日本では夏鳥として四国以北、本州、北海道に渡来し、山地に棲息します。
本種も他の鳥にヒナを育ててもらう托卵性の鳥で、主に
センダイムシクイに托卵します。
「ポポ ポポ」あるいは「ポポッ ポポッ」と鼓を打つような声で鳴き、紙筒の口を叩く音に
似ているとして、筒鳥と呼んでいます。
餌は主に毛虫類で、他の鳥が食べられないような毛の長い毛虫を好んで食べるので、
生態系の中での役割は明快です
(HPより引用)

        桜の木で毛虫を食するツツドリ (在庫画像より)             ツツドリDSC_0003

ツツドリDSC_0004

ツツドリDSC_9644

ツツドリDSC_9645

ツツドリDSC_9656

ツツドリDSC_9659

ツツドリDSC_9662

ツツドリDSC_9670
ツツドリDSC_9693

ツツドリDSC_9789

ツツドリDSC_9801

ツツドリDSC_9818

ツツドリDSC_9821

ツツドリDSC_9833

ツツドリDSC_9849

ツツドリDSC_9857

ツツドリDSC_9861

ツツドリDSC_9865

ツツドリDSC_9867

ツツドリDSC_9876

ツツドリDSC_9881
ツツドリDSC_9885











teru1531_2435_082 at 06:46|PermalinkComments(0)

2019年08月24日

アサギマダラに魅せられて~♪

アサギマダラ

成虫の前翅長は5 - 6 cmほど。翅の内側が白っぽく、黒い翅脈が走る。

この白っぽい部分は厳密には半透明の水色で、鱗粉が少ない。

和名にある「浅葱」とは青緑色の古称で、この部分の色に由来する。

アサギマダラは「旅する蝶」として有名で、春から夏にかけて南から北へ移動し、

秋になると南下するようだということです。

2000キロの旅をする蝶ということですが、2日間で740キロもの海上移動することが

あるのです。 (HPより引用)


DSC_0017 (2).jpga
DSC_0017

DSC_0018

DSC_0019 (2).jpga

DSC_0024

DSC_0031 (2).jpga

DSC_0031

DSC_0020

DSC_0021

DSC_0035






teru1531_2435_082 at 06:42|PermalinkComments(0)

2019年08月23日

ハヤブサの飛翔姿~♪

ハヤブサ
全長オス38-45センチメートル、メス46-51センチメートル。
翼開張84-120センチメートル。
体重0.5-1.3キログラム。
メスの方が大型になる。
頭部の羽衣は黒い。頬に黒い髭状の斑紋が入る。
体上面や翼上面の羽衣は青みがかった黒喉から体下面の羽衣は白く、胸部から
体側面にかけて黒褐色の横縞が入る。
ハヤブサは世界中の広い範囲に生息する猛禽類の鳥で、空中から獲物を襲う際の
スピードは時速400km近くにまで達するとされています。

また、獲物は一度の攻撃で捕えるのではなく、最初は足で獲物を突き落とし、
旋回して落下している獲物を鋭い爪で掴みます。
狩りの際の獲物は主に小鳥ですが、飛んでいるトンボなどの昆虫を食べる
事もあります。 (HPより引用)

ハヤブサDSC_7736

ハヤブサDSC_7735

ハヤブサDSC_7737

ハヤブサDSC_7744

ハヤブサDSC_7745

ハヤブサDSC_7746

ハヤブサDSC_7747

ハヤブサDSC_7748

ハヤブサDSC_7749

ハヤブサDSC_7758

ハヤブサDSC_7760

ハヤブサDSC_7762

ハヤブサDSC_7763

ハヤブサDSC_7764

ハヤブサDSC_7765

        最後までご覧いただきまして有難うございました。









teru1531_2435_082 at 06:43|PermalinkComments(0)鳥、トンボ、蝶 | 風景

2019年08月22日

キバナコスモスの蜜を吸蜜のルリモンハナバチ ~♪

ルリモンハナバチ
黒色の体に鮮やかな青色の斑紋をもつ美しいハナバチ。
林縁の草原などで見られ、花を求めて活発に飛び回る。
メスは、コシブトハナバチ類やケブカハナバチ類の巣に産卵し、幼虫は
その巣に蓄えられた花粉を食べて育つ(労働寄生)。(HPより引用)

            幸せを呼ぶ青色の蜂・ブルービー
オオスカシバ゛DSC_8016

オオスカシバ゛DSC_8017
オオスカシバ゛DSC_8018

オオスカシバ゛DSC_8019

オオスカシバ゛DSC_8020

オオスカシバ゛DSC_8021

オオスカシバ゛DSC_8022

オオスカシバ゛DSC_8023

オオスカシバ゛DSC_8024

オオスカシバ゛DSC_8025

オオスカシバ゛DSC_8026

オオスカシバ゛DSC_8027

        最後までご覧いただきまして有難うございました。


teru1531_2435_082 at 06:27|PermalinkComments(0)

2019年08月21日

まれな旅鳥・サカツラガン~♪

まれな旅鳥として少数が渡来する。

マガン、ヒシクイの群れのなかに単独でいることが多い。
くちばしとくびが長い。頭頂から後頸にかけて黒褐色。

ほおから前頸は淡褐色。

全長81-94センチメートル。翼長オス45-60センチメートル、メス37.5-44センチメートル。

翼開張153-185センチメートル。体重3.2キログラム。

河川湖沼湿原河口干潟などに生息する。

食性は植物食で、植物の茎、、根、種子などを食べる。 (HPより引用)

                   サカツラガン

アカツクシIMG_1599

アカツクシIMG_1592

                    ツクシガモ
アカツクシIMG_1580

                ツクシガモとアカツクシガモ
アカツクシIMG_1579

アカツクシIMG_1578

         最後までご覧いただきまして有難うございました。





teru1531_2435_082 at 07:02|PermalinkComments(0)鳥、トンボ、蝶 | 風景

2019年08月20日

アベリアの花・吸蜜のオオスカシバ~♪

成虫の前翅長は3 cmほど。
体の背中側は黄緑色で、腹側は白い。
腹部の中ほどに赤い横帯模様があり、その前後に黒い帯模様もある。また、
腹部先端の左右には黒い毛の束がある。
オオスカシバは昼に活動するので人の目につきやすい。
様々な花を訪れ、ホバリングしながら蜜を吸う。(HPより引用)

オオスカシバDSC_7773

オオスカシバDSC_7773

オオスカシバDSC_7774

オオスカシバDSC_7775

オオスカシバDSC_7776

オオスカシバDSC_7777

オオスカシバDSC_7778

オオスカシバDSC_7779

オオスカシバDSC_7780

オオスカシバDSC_7781

オオスカシバDSC_7782

オオスカシバDSC_7783 (2).jpga

オオスカシバDSC_7783

オオスカシバDSC_7785 (2).jpga

オオスカシバDSC_7785

オオスカシバDSC_7794 (2).jpga

オオスカシバDSC_7794

オオスカシバDSC_7795

オオスカシバDSC_7796

オオスカシバDSC_7797

オオスカシバDSC_7798

オオスカシバDSC_7812

       最後までご覧いただきまして有難うございました。


teru1531_2435_082 at 07:17|PermalinkComments(0)鳥、トンボ、蝶 | 風景

2019年08月19日

レストランのテーブルに飾られたサギソウ~♪

MFのレストランのテーブルに飾れていたサギソウです。

手にもってコンデジのマクロで撮影してみました。

さぎそうIMG_0970

さぎそうIMG_0971

さぎそうIMG_0973

さぎそうIMG_0974

さぎそうIMG_0976

さぎそうIMG_0978

さぎそうIMG_0979

さぎそうIMG_0980

さぎそうIMG_0988

さぎそうIMG_0989

さぎそうIMG_0990

さぎそうIMG_0991

さぎそうIMG_0992

さぎそうIMG_0995

さぎそうIMG_0996

さぎそうIMG_0997

さぎそうIMG_0998

さぎそうIMG_0999

さぎそうIMG_1000

さぎそうIMG_1001

さぎそうIMG_1006

さぎそうIMG_1009

さぎそうIMG_1010

さぎそうIMG_1011

さぎそうIMG_1012

          最後までご覧いただきまして有難うございました。



teru1531_2435_082 at 06:45|PermalinkComments(1) | 風景

2019年08月18日

アカツクシガモが撮りたくて~♪3

熊本県玉名市にアカツクシガモが飛来した時に撮影に行けなかったので
広島市動物園の鳥舎に4羽いるとの情報で撮りに行ってきました。
他にもサカツラガン、ツクシガモも居ました。

アカツクシIMG_1601

             アカツクシガモとツクシガモ
アカツクシIMG_1597

アカツクシIMG_1596

アカツクシIMG_1595

アカツクシIMG_1594

アカツクシIMG_1593

アカツクシIMG_1585

アカツクシIMG_1579

アカツクシIMG_1577

アカツクシIMG_1576

アカツクシIMG_1574

              アカツクシガモとサカツラガン
アカツクシIMG_1573

        最後までご覧いただきまして有難うございました。



teru1531_2435_082 at 06:43|PermalinkComments(0)鳥、トンボ、蝶 | 夕日と夕焼け

2019年08月17日

ハイイロチュウヒの♂の飛翔姿~♪

ハイイロチュウヒ

日本では越冬のために冬鳥として飛来するが局地的であり、個体数は少ない。

オスは全長40 - 45 cm。メスは50 - 55 cm。メスの方が大型になる。

尾羽の背面(上尾筒)には白い斑紋がある。

オスは全身が灰色で、初列風切羽は黒い。腹部の羽毛は白い。

メスや幼鳥は全身が褐色の羽毛に覆われる。

腹面は淡褐色で褐色の斑紋が入る。 (HPより引用)

               在庫画像より投稿です
ハイチュウDSC_5184

ハイチュウDSC_5183

ハイチュウDSC_5182

ハイチュウDSC_5181

ハイチュウDSC_5180

ハイチュウDSC_5175

ハイチュウDSC_5170

ハイチュウDSC_5169

ハイチュウDSC_5168

ハイチュウDSC_5159

ハイチュウDSC_5158

ハイチュウDSC_5147

ハイチュウDSC_5145

ハイチュウDSC_5144

ハイチュウDSC_5143

ハイチュウDSC_5142

ハイチュウDSC_5140

ハイチュウDSC_5127

ハイチュウDSC_5126

ハイチュウDSC_5125

ハイチュウDSC_5124

ハイチュウDSC_5123

ハイチュウDSC_5121

      証拠画像を最後までご覧いただきまして有難うございました。




teru1531_2435_082 at 06:58|PermalinkComments(0)鳥、トンボ、蝶 | 風景