October 22, 2007

無駄!無駄!無駄!byDIO

afc9a0ee.jpg

昨日は仕事終わって、自宅に帰ってから、DVDを1本観て、それから漫画を読んでおりました。新刊とか出てると、とりあえず買うんだけど、すぐに読まなくて本棚に溜まってることが多い。それをたまに思い出したように読み漁ったり、すでに読んだ作品をまた読み返したり。。。昨日はそんな日。松本大洋「竹光侍」、魚喃キリコの「キャンディーの色は赤」、浦沢直樹「PLUTO」、南Q太「地下鉄の風に吹かれて」などなど。どれも全然ジャンルが違うのが笑える。大洋は「さすが」です。毎回新しいテーマで描いていますが、絵のタッチも含めて面白い。今後の展開に期待です。魚喃は一話一話はすごく短い短編なんだけど、その短い中にシンプルに伝えたいことが描かれてあって、独自のスタイルが出来上がってる。なんか絵のタッチが変わった?「PLUTO」は浦沢版アトム(?)もう別の作品になっていますけどね。Q太は「Q太」です。はい。短編集。思うんですけど、この人の場合、長編より短編の方が良いと思います。最近は全然チェックとかしていないので、なんか面白いのとかありますか?それと、Q太とか、やまだないととか新作とか出てるんでしょうか??それにしても「ジョジョえもん」読みてー!(笑)



teru197618 at 19:03│Comments(0)TrackBack(0) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔