[大村線] ブログ村キーワード

今回はJR九州大村線千綿駅をご紹介します
千綿駅
大村線は長崎県佐世保市の早岐駅から諫早市の諫早駅に至る47.6 kmのローカル線です。
全線単線で、博多からの 特急「ハウステンボス」 が乗り入れるため、早岐〜ハウステンボス間4.7kmのみ電化されていますが、残りは非電化です。
元々は鳥栖と長崎を結ぶ九州鉄道長崎線の一部として1898(明治31)年に開通、1907(明治40)年に国有化されました。
1934(昭和9)年に現在の長崎本線の有明線(肥前山口〜肥前鹿島〜諫早)の開通に伴い長崎本線から分離されて大村線となりました。

千綿駅
東彼杵郡東彼杵町にある千綿駅は、1928(昭和3)年開業。
早岐駅から24.0kmですからちょうど大村線のほぼ中間に位置しています。
中間地点といえば、この駅ができる際には、東彼杵町内で激しい誘致合戦が繰り広げられたので、妥協案として彼杵駅と松原駅の中間に造られたそうです。

千綿駅千綿駅
一見するとかなり古そうな木造駅舎ですが、1993(平成5)年に改築されたものです。国鉄から民営化されるときには無人駅化される予定でしたが、地元の運動により町に駅業務が簡易委託されました。
千綿駅千綿駅
千綿駅には快速シーサイドライナーは停車しません。
1〜2時間に1本のペースで普通列車が停車します。
駅待合室の壁には、国鉄時代の金具が飾ってありましたが、これはいったい何に使うもんなんでしょうね?

それではホームへ出てみましょう
千綿駅
大村湾ビューです
千綿駅千綿駅
全国には海に近い駅として、海芝浦駅(鶴見線)や青海川駅(信越本線)、陸前大塚駅(仙石線)、下灘駅(予讃線)などがあるようですがここも負けてませんねー
このときはタイミングよく列車が来てくれませんでしたが、運がよければ
キハ66&67 国鉄急行色
国鉄急行色キハ66&67に出くわすことも有り得ます
海沿いを走るディーゼルカーは旅情感たっぷりですね

千綿駅の動画紹介=西日本新聞「九州の駅 ゆったり紀行」


<img src="http://m.nakanohito.jp/an/?u=192050&h=845089&guid=ON&t=&type=m" border="0" width="72" height="16" alt="携帯アクセス解析" />
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長崎情報へ にほんブログ村 歴史ブログへ blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ 旅行・観光ガイド たびすまいる