今季こそ2000と思って回してたのですが、最終日わざわざレートやるために入ったネカフェのwifiが貧弱で見せ合い画面切断おじさんになってました。
仕方ないので泣きながらネカフェでこの記事書きました。
サイクルを回すパーティに見えますがサイクルは回しません。
環境にフェアリーが少ないのでゴツメサザンと鉢ガブがひたすら強かった。

最高レート1996、最終1938です。


hydreigonaegislashvenusaur-mega
azumarillkangaskhan-megagarchomp



サザンドラ@ゴツゴツメット
図太いHB 悪波挑発電磁波羽

普通のゴツメサザン。 フェアリーのいないガルクレセの並びに強く、 悪タイプの挑発持ちのためイカサマ1ウェポンの耐久に強い。
先発で出してもゴツメを警戒されることはなく、ガルーラは必ず猫から入ってくれました。
間違いなくこのパーティのMVP。


ギルガルド@食べ残し
控えめHCS キンシ身代わり毒シャドボ

特に毒にした意味はない。
マンダが重いので身代わりをめざ氷にした方が良かったと思います。
龍技を打たせない見せポケ的な意味合いが強い。


フシギバナ@メガ石
図太いHBC ギガドレヘド爆めざ炎宿り木

借り物なので調整よくわかってないフシギバナ。毎度ありがとうございます。
最近は有利対面で粉撒くイメージしかないこの子ですが、 ほとんどのメジャーなメガ枠に弱いのが対面が弱い理由であって、 その取り巻きには大概有利を取れるポケモンなので裏で相手のメガ枠をなんとかできれば 十分にまだまだ戦えるスペックはあると思いました。


マリルリ@ラム
意地HAS じゃれつくアクジェ叩き腹太鼓

カバを起点にするラム太鼓マリルリ。
スイクン相手に後出ししたりヤミラミや馬車の鬼火に対して無償突破出来るラムは非常に優秀でしたが、 Hを削ってSに回しているのもあり、考えなしで腹太鼓するといつの間にか倒れてたり対面構築に出せなかったりとお盆とは一長一短と言ったところでしょうか。


ガルーラ@メガ石
やんちゃHACS 猫恩返し嚙み砕く零ビ

サザンガルドバナマリルリはメガマンダ及び受けルに余りに弱いため、 零ビ採用の両刀ガルーラを使用。
あとゲンガーに打点のないガルーラは弱いと思っているので嚙み砕く。
相手はガルーラを倒すためにガブゲンマンダを出していると思いますがこっちはそいつらを倒すためにガルーラを出します。

一番辛いポケモンは野球タイプのゲンガー、ボルトロス。
こいつらに気合玉を当てられた瞬間ほぼ負け確です。


ガブリアス@鉢巻
陽気AS 逆鱗地震エッジ空元気

この構築のエース。ほぼ逆鱗しか打ちません。
ガルーラを抜けてガブ対面でワンチャン取れる陽気鉢巻。
クレセリアが受けに来ることが良くあるので意地っ張りにしたい時も多々ありました。
空元気は浮いてる相手が身代わり連打してきた時の命中安定打点。
毒ボルトは今季ほとんど見ませんでしたが。


~選出~ 

・対ガル(ヘラ)クレセ、カバガル → ガルガブサザン
ガルーラに対する引き先がいる構築はガルーラ先発で出してガルガル対面であればサザンに引きます。相手が猫でもクレセバックでもアドを取れます。ガブを意地にしとけばほぼ確実に負けなかったと思います。。

・対対面厨パ → ガブガルサザンorガルド
ガルーラに対する引き先がいなさそうなパーティは相手のガルーラがガルサザンに一貫する格闘技を持っている可能性が高いのでガブから入って逆鱗で崩します。

・対マンダ軸 → ガルガブ@1
マンダに舞われるとガルーラの猫とガルドで一発入れることしか出来ません。 対面で舞われることのないポケモンで固めます。 壁クレッフィからの展開は本当に厳しいので急所か凍ってもらうしかないです。

・対クチート軸 → ガブガルドマリルリ
初手はほぼクチートなのでガブから入ります。大抵引いてきます。 クチート軸はポリクチorカバリザなので選出が読みやすいです。 ガブを大切にしてガブの一貫を取るようにします。

フシギバナ()
選出率は感覚ですが
ガブ>ガルーラ、サザンドラ>ギルガルド、マリルリ>>>フシギバナ
バナはレパガッサとかに強そう(一度も当たってない


もうちょっと頑張れそうでした。
来シーズンは忙しそうなのでレート潜る時間が取れるか分かりませんが、第6世代のうちにレート2000達成したいものです。







研究室にこもってばっかだと悪い大人に騙されるからポケモンと旅に出てぇ・・・