遅すぎるけど、一応感想書いておかないと落ち着かないんで(笑)

期待以上にいいドラマでした。
ヲタからすれば毎週(ではなかったけどw)耕史くんが出ずっぱりなだけでご馳走様なんだけど、
ちゃんとしっかりいいドラマになってたので、とっても嬉しかったです。

まず映像がすごい綺麗だった。さすがNHK。
初回の空の青さがとても印象的だったんだけど、
最終回でもやっぱり空が美しかったですね。
雨だったり雪だったり青空だったり、
そういう自然のものを美しく見せてくれるドラマって最近あんまりないから、
それだけでドラマの質をぐんと上げてた気がする。

そしてなんと言っても豪華出演者!!
このドラマはおじさま達が可愛らしかったですね〜。
筆頭はやっぱり近藤正臣さん。由蔵さん。
最初はうさんくさい…と思ってしまったけど(笑)、とってもキュートな人でした
「吉原には縁がない」と自分で言っといて、同意した品川さんを睨みつけるところとかw
あの表情は最高でした♪
笹塚様も、竹蔵さんも、金兵衛さんも、今津屋さんも、
あと鰻屋の主人鉄五郎さんも、みんなとっても魅力的な方ばかりでした。

女優さんもみんなよかったです。
ただ…おこんちゃんはやっぱりダメだったなぁ…。
あんなに猛烈アピールしておきながら、
奈緒様奈緒様って何かにつけて名前を出すのがすごくイヤだった。
一貫性がないと言うか…。
最終回では、おきねちゃんの名前まで出して。
あれは深川女だからとかじゃなく、単なる無神経だと思ってしまったよ。。

一応言っとくけど、中越さんは決して嫌いじゃないんですよ。すごく可愛いと思うし。
キャラ設定が受け入れられなかっただけで。
おこんちゃんを好きになれれば、もっとこのドラマに嵌れたかもしれないのに。残念。


そして我らが磐音さま。
土方さん以来の時代劇、どうなんだろうと思ってたけど、全く別人でしたね。
さすが山本耕史。
切ない表情をやらせたら、ほんとに上手いですよね〜。
磐音さまは切なさ全開だったから。
楽しそうに笑ってても、どこか淋しさが漂っていて。
強くて優しくて、でもどっか淋しそうで、しかも格好いい。
これで惚れない女がどこにいる(笑)
あーなんかまた最初から見直したくなってきた。

DVDも発売されるし、視聴率もよかったみたいだし、続編の話も早くも出てますね。
続編かぁ…。もちろんあるならあっていいけど、熱望!ってことはないなぁ。
それならもっと違う役が見てみたい気がする。
いや、もちろん磐音さまはとっても素敵だったんだけどね。
土方さんのような中毒性はなかったということで(笑)

とは言え、3ヶ月間磐音さまを見られて幸せでした。
ありがとうございました!