ご意見などありましたら、どんどんとお寄せください。
 兵庫県美方郡 香美町村岡区黒田207
 27年10月13日よりアドレスが下記となりました。
  terunagadoi@gmail.com

2020年08月13日

「姫、幼き御御身ながらもその愛らしきその御容姿、じぃは(ぞっこん)にござります。」

「ほぅ〜 じぃはわらわにぞっこんと申すのか?」

「相願わくば、大奥御入室との思いにて、、、、、

「江戸城老中、加納殿の申されしことか?」

「め め め 滅相もござりませぬ

「じぃ一存にてのことか?」

「ははーーーーーーーーーーーーーーーっ

IMG_0523

「わらわの心は乱れてはおらぬ故、近こう寄れ じぃ

「ひ 姫の仰せにはござりまするが、(流行り病 はやりやまい)にて(一間半 いっけんはん 約3m)ほどの間をおかねばなりませぬ

「流行り病?」

IMG_0524

「左様にござります

「一間半とは、上様よりの仰せなのか? じぃ。」

「はい。 人から人へ、また人から家畜へとの流行り病にござります。」

「じぃは(いかがわしき)毒など、所持しておるのか?」

「姫、め め め 滅相もござりませぬ

「江戸城内、上様も 加納殿も大混乱と察する。」

「姫の仰せのとおりにござります。 (商人 あきんど)も町人も百姓も、恐怖感に陥ってござります。」

「ふぅ〜む

「百姓は年貢米の加算にての心細き思いにござります。」

「民 百姓は、これまで以上に暮らしが成り立たぬ、、、、と

「姫、百姓一揆はご法度。 今夕にて(入盆)と相成りまする。 御先祖様に御相談の儀とじぃは心得まする。」

「ふぅ〜む














terunagadoi at 20:33コメント(0)

2020年08月12日

正直言いまして、昨日は牧場へ出てなかったんですね。

40℃という県もあったそうなんですが、私地域も午前中は「焼け死ぬ」という感じでした。

それで5時回ったぐらいに牧場と思っていたのですが、午後からは急変しました。

瞬間雨量がすごい  となるほどの雷雨でした。

「ピカッ ドン」という巨大な音がして、落ちたという感じでした。

結局は「出さずに正解」でした。



今日は少し違い、空の雲の方も「出していいよ〜」と雷様が言いました

んじゃぁ まぁ   ということで

IMG_0532

午後3時41分、出たぁ〜

田んぼ回りの刈った草を落としており、まずはその草から処理

その後、

IMG_0534

「毎回のゴルフ場」の整備。

短い芝草を「ホールインワン」に向けて整備 整備です

IMG_0533

食うもん、なくなった














terunagadoi at 20:38コメント(0)

2020年08月11日

今日は1枚も「お写真」撮っていません。

今日は「あっち こっち どっち?」の草刈り清掃をしていました。

んであたしゃ、今シーズン20リッターの「混合ガソリン」を消費したねぇ

草刈りを自慢してんじゃないよ?

草刈機2台がフル稼働しただけ、、、、というお話。

先日、牧場に出した時のお写真が

IMG_0515

これだ

ポポですね

まだ小さく、「幼虫」です。

お召し上がりになるころは、「村岡 ダブル フル マラソン」のころです。

2ヶ月先って言っていいのかな?

しかし、本年度の「村岡 ダブルフル ウルトラ ランニング マラソン」は中止です

全国 外国も含めて、2,000人超える超ビッグイベントは中止なんですね。

神戸の片山さん、淡路のかなぁさん、今年のポポはおあづけですね

牛が踏みつけるまで、あたしが、、、、、。

でもこのポポ、「牛からのいじめ」にあう低い場所です。

ポポの🌴は太いのですが、子牛が大きくなると両角の間で格闘する場合があります。

子牛が果物の🌴に「いじめ」。

どうしようもないんです。











 

terunagadoi at 20:03コメント(3)

2020年08月10日

毎日ですが、田んぼの見回りに行きます。

だいたいですが、

IMG_0517

稲穂は出てきました。

2箇所「ボコッ」と穴のように見えますが、「深くて田植えができない」場所です。

今日は「稲の体高」を計ってみました。

IMG_0519

スケールの10センチは「土中」です。

ですからこの場所の稲は、105センチほどでしょうか。

今度は、

IMG_0520

別場所です。

だいたい似た感じです。

毎日田んぼへ行くわけですが、

IMG_0521

足跡が、、、、、。

「なんでこんなとこに、子牛がおるんや

と間違えそうですが、「鹿」の足跡なんですね。

電気柵をしていなければ、田んぼは全滅です。

稲作農家は、「いのしし&鹿」との格闘で米作りをしています。

その後なんだかんだの雑用で、

IMG_0530

午後2時 3時の時間帯に牛舎へ行きたくないほどの「騒音」です。

このようにしない限り、静かは求められません。

IMG_0529

子牛も同様で騒音を出します。

しかし牧場では「スリル」のある場所へ行きます。

IMG_0526

この場所は、「足を滑らせると落ちる」という急斜面です。

角度で言うと、45度ほどあるかな?

母牛は何度も落ちています

「あいたたた〜」のような格好をしますが、平〜気です。

実際に、子牛も落ちました

でも、平〜気なんですね。

それが今、生後半月にならない「ながふみひめ」が落ちかけています

いつか、落ちるぞ

変な表現ですが、「危険な場所へ行ってはいけません」などと言いません

「子牛の時、柿の木の下から転んだ」という『痛い思い出』の方がいいんです

ふんばる力  よじ登る力 を会得した方がいいんです

私は「変な教育」してるでしょうか?













terunagadoi at 20:53コメント(0)

2020年08月09日

先日「墓掃除」をしていたら、「動物にも感染する恐れがある」と友達に聞きました。

「ええーー?」

と思い、昨日「自己防衛策」として

IMG_0511

このようにしました。

「人も動物も、、、」と恐怖感が走りました。

少ない頭数ではあっても、

IMG_0514

わが家には牛がいます。

IMG_0512

「牛は経済動物」と言われていますが、生き物です。

狭い牧場ではあっても、

IMG_0516

幼い子牛は育っています。

幼い子牛を、母牛を、守ってやるのは「私の責任」です。













terunagadoi at 20:34コメント(0)

2020年08月08日

今日は田んぼの見回り後、昨日の続きの墓掃除を終わりました。

それから牛舎付近の草刈り掃除をし、

IMG_0505

このような ↑ ことを。

数日前に「とうとう」というページを書きましたが、但馬内にも感染者となりました。

私は親戚に、「墓参りは遠慮するように」と促しました。

そうは言っても、人が大勢になるという「お盆」ですね。

そのようなことから、「自己防衛策」とない知恵を振り絞ってみました。

左の黄色いバー 電柱の上が照長の墓になります。

IMG_0507

反対方向ですね。

びしゃびしゃで牛舎に入ると、

IMG_0499

右側の3匹の2匹は、「乳牛やん」。

乳牛×黒毛和牛=F1や

ましてF1のテーマ曲のテーマ曲もあるやん

好きやわ〜  このテーマ曲


https://www.youtube.com/watch?v=8F9gyYvQ0mg


きれいな ↑ おねぇちゃんやなぁ  キーボードのおねぇちゃんの顔、見えへん


https://www.youtube.com/watch?v=FZaUPGjjA4c


F1のテーマ曲は、乳牛×黒毛和牛なんや

それにしても、ものすごい熱気なんやなぁ

牛の世界にも「F1グランプリ」ってあるんや

タイヤか爪かの違いだけやん

マルボロとかHONDAとかCANONとか書いてあるけど、「TERUNAGADOI」って書いてくれへんかなぁ〜



IMG_0508

牧場から帰ってきて、千恵鶴坊おにいちゃんとご夕食


今夜は変な ことばっかり 書いたぁ















terunagadoi at 20:36コメント(2)

2020年08月07日

お盆も「目の前」と迫り、今日は墓掃除をしました。

朝のうちは田んぼで雑用し、

IMG_0496

それから墓掃除へと。

以前に少しだけ草刈りをしており、草はそんなに伸びていませんでした。

ここで昼食TIMEとなり、

IMG_0497

この状態で「何かを腹に」入れました。

そうすると空模様が急変。

長い時間ではなかったものの、「大粒アメダス」。  ピカッ ゴロゴロというオーケストラ

今日はこの状態で終わりました。

また続きをやります。












terunagadoi at 20:03コメント(0)

2020年08月06日

今日も朝から、昨日の続きをやりました。

田んぼ内の「水落し」作業後は、

IMG_0485

あぜまわりの草を刈らなくては。

乾いてる場所なく、全身びちゃびちゃ。

IMG_0486

ようやく何とかなりました。

しかし、これで終わりではありません。

今度は、

IMG_0487

あぜの整地です。

IMG_0489

だいたい「コの字」が終わったかな。

今度は一番奥のあぜまわりです。

IMG_0490

これで田んぼ周辺のあぜは、全部の草刈り作業が終わりました。

携帯見ると3時半。

爆音覚悟で牛舎へ。

IMG_0460

静かになった〜。

※ 上記お写真だけは、数日前のものです。

牛はみんな牛舎へ帰り、

IMG_0495

先ほどまで牧場で走っていた千恵鶴坊を、お掃除。

夕方は涼しくなるんですね。

とは言え、不機嫌さ120%です。













terunagadoi at 20:16コメント(0)

2020年08月05日

正直言いまして、今日は牛のことは何一つやっておりません  はい

朝晩の食事以外、何一つできておりません  はい


今日は朝から、畦とか周辺の草刈り作業やら、田んぼの「水落し」などのことをやっておりました。

IMG_0478

田んぼの中にはプールほどの水が入っており、刈り取りに向かった水落し作業でした。

「稲穂」の成長期には水が必要と聞いていましたが、土中には十分の水があります。

それよりも「刈り取り時期」に田んぼ内が「ぬかるみ状態」では、作業が進みません。

IMG_0479

それで今日は牧場もお休みし、田んぼで1日遊んでました

水落しに、重機は大活躍です

夕方6時、村岡区全体に「夕焼小焼」のメロディ〜が鳴ります。

「でも夕食をしないと」と、少し片付けものをして牛舎に帰りました。

そうすると、

IMG_0481

村の農家の人が「届け物」をしてくれていました

わが家の牛が、「大好物」のコーンです

今夕はできませんでしたが、明日は「すすき よもぎ」などを刈ってきてコーンも混ぜます

喜ぶやろなぁ  コーン ありがとう〜















terunagadoi at 21:09コメント(0)

2020年08月04日

梅雨が明けてから、めためたあぢ〜です。

衣服はほとんどびちゃびちゃ  雨降ってないのに。

午前中は田んぼで重機と遊んでいました。

田んぼの「法面 のりめん」の雑用でした。

午後からは例のごと牧場ですが、

IMG_0474

千恵鶴坊の「シャワー&お洗濯」をしてやりました。

一人だけだったのですが、首より後ろはシャワーです。

お写真上部は牧場道で、千恵鶴坊をつないでる場所は「水飲み場」です。

本来の「つなぎ場」ではないのですが、「木陰」だったのでここにつなぎました。

IMG_0475

水をかけて洗ってやり、気持ちよさそうでした。

その後、

IMG_0476

牧場です。

今日は長幸坊が『ながふみひめ』の子守をしてやっていました。

ながふみひめは生後一週間であり、長幸坊に甘えているんですね。

IMG_0477

いいスキンシップの光景だ

こんな雰囲気、大好きだ














terunagadoi at 20:28コメント(0)

2020年08月03日

今日午前中は、子牛2人の検査でした。

先生方が検査して(千恵鶴坊 長幸坊の2人)、それから分娩室を開放しました。

ご対面です。

IMG_0463

初対面ですから、みんな2m以上離れるのかな?

先月28日に産まれたわけですが、元気印なので今日開放しました。

午後からは「柔らかそうな」草を刈り、

IMG_0461

牛舎へ帰りました。

牛舎へ帰ったものの、ここからが大変です。

「牧場へ出せ〜」の爆音はわかっていても、分娩室から出てきた「ながひめ親子」だけは出さないということにはなりません。

それで今日は、「牧場は1時間程度」と4時過ぎぐらいまで出しませんでした。

爆音を我慢していました。

そして4時過ぎ、

IMG_0464

母親のながひめは喜んで出ます。

しかし生後一週間に満たない乳幼児も出てしまいます。

なんとか1時間と、私も牧場で子守でした。

IMG_0465

このような体制で、母親は乳幼児に牧場へと促すんですね。

IMG_0467

やはりその通りです。

しかし千恵鶴坊は、下のゲートの場所より牧場まで乳幼児のそばを離れませんでした。

結局、今は出荷していない照坊たちにしてもらったことを思い出し、同じことを乳幼児にしているんです。

離れたり近づいたりしても、絶えず乳幼児を見守ってるんです。

乳幼児がこけたら、すぐに走って行く行動なんですね。

IMG_0468

そしてみんなで、「大地に感謝」と頭を低くするんです。

乳幼児は、

IMG_0469

気分爽快で走ってます。

乳幼児に負担をかけない、1時間牧場としました。
















terunagadoi at 21:11コメント(0)

2020年08月02日

今夜はページを、、、、、、という心境です。




とうとう但馬管内に、数人の感染者が出ました。

そして私が住む美方郡にも感染者が、、、、ということを聞きました。



今日は村の行事で、毎年行われる「道路の草刈り作業」がありました。

作業内容は聞くものの、ほとんど感染者が美方郡にもという話題が大きかったです。

「明日は我が身」というように村人も会話していたわけですが、「目の前」という状況に青ざめていました。

もう「お盆休み」と控えた中に、いくら山奥の田舎とは言え、村の中には国道9号線があり全国の車が走ります。

「お墓参りはだれも来ないで」という切実な声が聞こえました。

私の村に県外ナンバーがあれば、恐ろしいという住民の青ざめた会話でした。

今日はそのような1日でした。

IMG_0458

でも牛には、「何の罪も責任」もありません。

IMG_0459

全く普通どおりです。

IMG_0460

動物にうそをつくのは、「罪」と思えた日でした。

情報 知識不十分で今夜のページは進めました。

もし誤報 まちがい となれば、どうかお許し下さい。













terunagadoi at 20:45コメント(4)

2020年08月01日

梅雨明けと同時、お盆月である8月に入りました。

あたしは梅雨明けと同時に、「全身びちゃびちゃ」感となりました。

「飲むわ 出るわ」の繰り返しです。

さて8月となり、ご案内です。

来る18日は淡路家畜市場において、「8月子牛セリ市」が開催されます。

日にちだけのご案内ですが、ご勘弁下さい。

但馬市場の開催はありません。

どうかそのようにご理解いただき、淡路市場での但馬牛のご高配のほどよろしくお願い申し上げます。



わたくしはと言いますと、雑用で田んぼで遊んでいました。

草刈り、水管理などの雑用ですね。

IMG_0450

このような「健康優良児」に発育しています

よ〜く見ると、

IMG_0449

何か「穂」のようなものが見えます。

IMG_0451

こっちもだ。

おかしいなぁ〜  わらを作ってるのに

そのような田んぼを見て、

IMG_0453

午後からはこんなことを

子牛たちは産まれて初めての経験です

今まで自由きままに過ごしていたものが、このように固定されてはたまったもんやない

しかし「千恵鶴坊」はバタバタがなく、

IMG_0454

落ち着いていました。

そこで「体高」を計ってみました。

IMG_0452

このような「撮り方」しかできず、およそで95センチでした。

今日で生後「110日」です。

今日は初日ですから、1時間ほどつないだだけです。

やはりこうしないと、

IMG_0455

静かになりません。

IMG_0456

しかしうまそうに食うなぁ














terunagadoi at 21:06コメント(0)

2020年07月31日

今日は「村岡? 美方郡?」が梅雨明けになったように聞きました。

降りそうな雰囲気もあったわけですが、「青空」の勝利でした

何か変ですが、梅雨が明けて、「あけましておめでとうございます」といった1日でした

それで今日は、「梅雨が明けたら」という雑用に入りました

朝の牛のごはん → じぃの朝ごはんが済んで牛舎に行くと、

IMG_0441

取り囲まれました

「じぃ 降りられへんやん どいてぇな

猛獣たちに睨まれると、いろはにほへと〜



早速準備です。

まず、壊れていた左側のゲートの「ちょうつがい」部分の溶接です。

グラインダーだの鉄筋だの小物の用意をし、

IMG_0442

溶接作業に入りました。

何も分からない素人の溶接ですから、壊れて当然なんですね。

「ああでもない&こうでもない」と独り言を言いながら、

IMG_0444

わぁ〜 何とかなったやん  ゲートが元通りになったやん わーい わーい

ここで「THE 昼食 TIME

午後1時7分から作業を再開し、

IMG_0445

別ゲートの補修溶接。

お写真には写っていませんが、2時11分には「爆音」です

そんなことは無視して、

IMG_0446

なんとなくになりつつあります

「うるせぇなぁ あいつら

IMG_0447

午後2時47分、なんとなくになりました

ちょうつがい部分には「グリス」を塗り、少しでも軽く動くようにしました。

溶接機やら小物の片付けをし、3時13分「開放牧場」としました

「はぁ〜  やっと静かになった〜

両袖からは、「点滴」のような汗  全身びちゃびちゃ

牧場でみんなが走るのを見て、

IMG_0448

あたしゃ草刈りです。

とりあえず、今夜と明日朝の2食分だけ。

梅雨明けで暑い上に、溶接花火

大輪が咲く「3尺玉 4尺玉」の花火は、今日の日中に見ました。

疲れた〜  寝る〜















terunagadoi at 21:10コメント(0)

2020年07月30日

ムシムシ&ジメジメの1日だったのですが、ずっと牛舎にいました。

牛舎内のお片付けをしていたんです。

午前中は静かです。

朝ごはんの後は「どっこいしょ」で、みんな「反芻ガム」を噛んでます

でも午後の「ある時間」になると、聞いてる方がたまらんのです。 爆音を。

小雨、、、、だったんですね。

雨ならよかったのですが、霧雨に近かったんですね。

開放〜   あ〜静かになった〜

IMG_0438

雨に濡れている草の場所を歩くため、足元が若干きれいになりかけです。

モデル嬢は、ちえゆきひめです。

草を食べる「ぷちっ ぷちっ」の音しか聞こえません。














terunagadoi at 21:00コメント(0)

2020年07月29日

昨日産まれた子は、よくおっぱい飲みます。

それで午前中、「床のおがくず」交換をしました。

IMG_0429

お呼びでないのに母親は私を舐めにきます。

そうすると子牛も、

IMG_0430

同じように来ました

「床掃除してます  ちょっと待っててね

IMG_0431

子牛は乳タンを空にするようです

そして

IMG_0433

ゲップと言いながら「どっこいしょ

「寝る子は育つ」の語源どおりです




午後になって、

IMG_0435

「じぃ、僕らに妹ができたんや うれしいなぁ

「じぃ、僕らに妹ができたんや うれしいなぁ

「うん 牧場に出たら可愛がってな

「うん

「うん

IMG_0436

「もうちょっとしたら、ご対面できるんやろ?

「もうちょっとしたら、ご対面できるんやろ?

「ん〜 一週間ほど待ってな?」

「かわいいやろなぁ

「かわいいやろなぁ

「千恵鶴坊も長幸坊もおにいちゃんや  それよりさっきから2人口揃えて、なんや ザ、ピーナッツみたいやん

「モスラ〜や モスラ〜

「モスラ〜や モスラ〜

「あのなぁ  ながひめは怪獣の子やないんよ

「モスラは、キングギドラを倒すのよ うふっ

「モスラは、キングギドラを倒すのよ うふっ

「あのなぁ 昨日産まれたおんなの子は、怪獣の子やないんやっ

IMG_0437

「いやっほう〜

「いやっほう〜


だめだ  今夜のページは

















terunagadoi at 20:49コメント(0)

2020年07月28日

早朝5時53分、ながひめに「おんなの子」を授かりました

安産でした。 

IMG_0424





昨夕牛を見て「明日朝」と思ったわけですが、予定どおりとなりました。

IMG_0418

母親が舐めて毛を乾かして、わたしはおっぱいを拭いてやりました。

ここからが「試練の道」なんですね

子牛は「七転び八起き」の特訓なんです。

立った  コテン  の繰り返しです

IMG_0419

ようやくコテンとならないようになった

あちこちと歩きまわり、

IMG_0425

今度は「おっぱい探し」と母牛のまわりを模索します。

IMG_0420

「んっ?  このあたりかなぁ

IMG_0423

「あった〜  おっぱいが

乳タン満タンであったものが、ガス欠

IMG_0426

子牛はゲップとなりながら、「どっこいしょ」とお休み体制です。

予定日は30日のあさってですが、長岡牧場は早産みです














terunagadoi at 20:48コメント(2)

2020年07月27日

早く梅雨が開けてほしいですね。



今夜は「顔写真2枚」をよく見ていただきたい、、、、という思いで、顔品としております。

まず最初は、

IMG_0406

長幸坊です。

生後2ヶ月と少しですが、少しづつ「男顔」に近づいています。

「男」という雰囲気はしなくもありませんが、何をどのように表現していいのか分かりませんが、「顔品はよろしく」という言い方もできません。

雄ですから「逆三角系」顔になっていくのですが、多少不満を感じる面があります。

ちなみに母親は「幸豊土井 ゆきとよどい」で、長幸坊は「丸富土井 まるとみどい」の産子です。

特にと思う部分は、「耳」です。

大き過ぎるというのは変な言い方になりますが、顔のバランスに合わせて不釣り合いと見えます。

「じゃぁ、どれぐらいの大きさが当てはまる?」

とご質問を受けても、お答えしづらい内容です。

牛の顔を見て、「見た目の判断」となるからです。

今度は、

IMG_0409

「千恵鶴坊」です。

一見しただけで、「めす子牛」と間違われそうです。

美方郡産牛、「あつたづる」 「中土井」を表現した顔品と思っています。

雄子牛であっても、面長の鉢じまりのいい特徴表現と思っています。

体型も中土井系特徴と見ており、「私の望むもの」です。

耳は長幸坊と違い、細長い小さめの形です。

いくら私なりの「計画交配」であっても、整うということはほとんどないんですね。

ちなみに母親は「鶴神土井 つるがみどい」で、千恵鶴坊は「第2安鶴土井 だいにやすつるどい」の産子です。   ちえつるひめの子牛です。

惜しまれる点として、「やや小格  めす顔」です。

このような雰囲気の子牛は、過去に多く見てきました。

特に「安幸土井 照長土井」子牛は、雄であっても「めすの顔」と見えました。

その反対に谷福土井子牛は「男顔の雄子牛」で、凛々しい姿というのを覚えています。

惜しまれるのは、谷福土井子牛のめすは、「男顔」に近かったということでした。

それぞれの「種雄牛 しゅゆうぎゅう  種雌牛 しゅひんぎゅう」の特徴の現れが、子牛につながって行くんですね。

それが「遺伝的能力」と表示される内容です。



昨日の午後は雨で、牛舎は静かでした。

今日の午後は多少の小雨でしたが、騒音を出したので

IMG_0415

このようにしました。















terunagadoi at 21:18コメント(0)

2020年07月26日

午前中草刈りして、わずかな量でも牛舎に持って帰りました。

牛はひっぱる ひっぱる〜

IMG_0402

それから田んぼへ行きました。

IMG_0401

元気よく発育してるように見えます。

IMG_0400

本数を数えてみたら、25〜30本超える株もありました。

IMG_0398

なんとなく元気かな?

IMG_0397

牛が喜ぶ「わら」が出来そうです。















terunagadoi at 21:11コメント(2)

2020年07月25日

今朝は「ながひめ」の分娩室に入り、

IMG_0388

体や乳房を拭き掃除してやりました

30日が予定日でも、それまでに産んでしまいます。

IMG_0390

体つきもそれなりに変化しつつあり、元気な子を願うばかりです。

今現在、「食い気」だけですね

IMG_0391

午後はやっぱり、こんな風景が好きです。

この「緑と黒」が好きなんです。 あたしは

IMG_0393

子牛は2人、じゃれ合いです。

左「千恵鶴坊」VS右「長幸坊」です。

牧場でそんな光景を見ながら、

IMG_0395

晩ごはんの草刈りです。

今日の場所は、「笹 よもぎ くず葉」の多い場所でした。

IMG_0396

夕ご飯には十分な草を積み、牛舎へ帰ります

笹の軸は「割り箸」ほどの太さがありますが、カッターで切断して与えます。

牛には「荒いもの」も必要なんです。

ひとつには、「胃を刺激する」ものも大切なんです。

というようなことで、今夜はこの辺で












terunagadoi at 20:21コメント(2)
但馬牛 サイト内記事検索
但馬がおもしろい! 〜 春
但馬牛の赤ちゃん (こべ)
「Skype Me」は提供を終了しました。
但馬牛 村岡町の記憶
但馬牛 お手紙下さい
terunagadoi@gmail.com
但馬牛 コメント
兵庫県美方郡香美町村岡区黒田207の天気
但馬牛 湯村家畜市場セリ風景
但馬牛 湯村家畜市場がなくなる日
但馬牛 母牛(ちえなが)の怒り!
但馬牛 Archives
但馬牛 訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

但馬牛 QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ