但馬牛 照長土井物語

但馬牛 照長土井は高齢のため、平成14年7月23日「天寿をまっとう」した。
毎日毎日、川に行っては適当な石を運んでお盆過ぎまでかかって墓の土台づくりをしました。
8月29日に念願の照長土井の墓が建った。
お世話になった方々へ、いつの日か恩返しをと思いつつ・・・。

 ご意見などありましたら、どんどんとお寄せください。
 兵庫県美方郡 香美町村岡区黒田207
 27年10月13日よりアドレスが下記となりました。
  terunagadoi@gmail.com

邪魔やっ!

邪魔だ  どけっ

DSC05142

両手上げて謝ったふりするなっ

DSC05124

足を噛みにくるなっ

デブネコっ




後継者、、、、、

今夜は相当長分ですが、よかったらお付き合いのほどよろしくお願いします。



私は現在、牛舎を建設中です。

建てる理由は2つあります。

ひとつは、現牛舎の老朽化です。

ふたつは、「後継者」という夢を見過ぎています。



私は17年の夏より、「農家頭数拡大」という思いでページを書き始めました。

このページの主軸です。

13年にBSE「狂牛病」が発生し、牛価どん底 農家激減 という現象になりました。

特に「農家激減」のスピードは、加速されたように思いました。

ページを立ち上げた理由は、「なんとか、、、」と思ったからです。

でもページを書いて5年目ぐらいの22、3年ぐらいに、「この牛舎、35年近くなってボロボロや。

立て直さんとあかんなぁ。」と思い始めました。

今から6年ほど前です。

当時は(今もですが)借金だらけでした。

売上返済だったんです。

でもなぜか、「牛を守って行く」だけは頭から離れませんでした。

食事は「メシに塩」だけで、なぜか梅干しがごちそうに見えたものでした。

「いつか牛舎を建てて、後継者を募る夢を見る」ということだけが頭をいっぱいにしていました。

但馬牛という『国宝』を、延々存続という進路に向けたい思い一心でした。



26年11月、牛舎建設に大きく携わってくれる『友人』に、「来年春雪解けから牛舎を建てる。」と言いました。

友人は「はぁ〜? 何言っとんねん! 借金返済中で、どこにそんな金があんねん!」でした。

でも私は、どんどん減っていく農家の戸数に「なんとか なんとか!」しかありませんでした。

あくる年の27年3月雪解け同時、私はスコップで支柱を立てる「穴掘り」から始めました。

そのことは過去のページに綴ってきましたが、恥ずかしい話ですが、当時の預金残高は1200円だったように思います。

だから全てが「手作業」なんです。

友人は「とうとう長岡牧場も狂ってしまったか!」と言いながら、彼自身が「主役」となって行ったんです。

設計 施工 は彼が、「ここはこうする! あそこはああする!」と言い始めました。

お互いが「頭にある図面」です。

いくら私に文句を言っても、私は「はい。 分かりました。」としか言えないんです。

逆らえないんです。




私はこのような計画を立てる前から、「ある建設会社の社長」にバイトのお願いをしました。

社長は気持ちよく受け入れてくれました。

バイトをしない限り、牛舎は立ちません。

その後に私の夢を話し、社長は協力体制に入ってくれました。

だから建設機械や牛舎資材が入りました。



以下は余談です。

私は「長岡家」の27代目です。

初代先祖は「長岡源内兵衛正孝」と言い、長ったらしい名前です。

この先祖、「関ヶ原の戦い」に行って豊臣秀吉 黒田官兵衛に従事した、、、、ようです。

「黒田官兵衛の血液を汲む?」、、、、、などの話を父から聞いたわけですが、事実に基づくものではありません。

実際に私の住む「黒田」と言う村には、黒田官兵衛と『思われる?』墓があります。

歴史上、非常に貴重という墓地です。

多くの「いわれ」があるのですが、これも定かではありません。

なぜ「山名藩」のお殿様が、私の家を立ち寄る理由も不明です。

私の母は、「許嫁 いいなずけ」でした。

母が生まれた時点で、嫁ぎ先は決定されていたんです。

現世にはあまりないような内容ですが、昔は「恋愛」など許されなかったんですね。

私が幼い時に、変と思ったことがありました。

父は長男で、弟がいました。

「帰ったよ〜」と言う軽い挨拶は玄関でありましたが、いざ座敷に上がると畏まった形で上から下へとおじさんたちが父に挨拶をしていた光景です。

「時代劇か?」というように見ていたわけですが、妙な雰囲気に見ていました。




父は「家の跡取り 牛の跡取り」と笑みを浮かべて私に言いましたが、当時の私は「サニーよりケンとメリーのスカイライン マツダのロータリーエンジン ギャラン ランサー」のことを頭いっぱいで聞いており、22歳の私にはほとんど頭に残るものではありませんでした。



今の私は、当時の父の思いがものすごい理解できるんですね。

当時の父の思いに当てはまってるからです。

今の時代とは違いますが、本当に「後継者不足」は深刻です。

「値段がいいから続ける  下がればやめる」といった気持ちでは牛飼いはできませんが、どうやって後継者を育てて行く?  のも深刻なんですね。

私は最初からではなく、「ある程度形ができてからページに」と思い、それを今夜としました。

『この広い日本、どこかに だれかが受け継いでくれる  バトンを渡せる』

そのことのみを起爆剤として、この2年、牛舎建築をしてきました。

牛飼いをして建設現場で収入を得て、牛舎建設に向かうという繰り返しですからまともなことはできていないんです。

でもここまで出来たのも、友人 建設会社社長 友達の「大きな支え」があったからこそなんです。



笑われることを書きますが、私は「仮設」を立てています。

それは私は76歳の誕生日に、「私の葬式」と計画しているからです。

もうすぐ私は63歳になります。

残り13年なんですね。

「あと13年か」という言い方と、「まだ13年間ある!」と2通りあります。

私は「13年間ある! この13年は元気でいられる! この間にバトンタッチできる後継者を! それが私の残された最後の仕事だ! 歴史 血統 遺伝は伝えられる!」

というような仮設です。

76歳過ぎて生きていれば申し訳ないのですが、その時はお許し下さい。

バカでもそのような「仮設計画」を立てることによって、気持ちが大きくなるんですね。

だから進めるんです。

長岡家は私で終わりですが、わが家の500年の歴史どころではないんです。 但馬牛は。

父が私に言ったことは、「歴史 伝統 文化」を守れということだったんです。

昨日今日の歴史ではなく、「但馬牛の血を切ってはならない」という教えだったんです。

それを76歳の葬式まで、全うしたいという思いでいっぱいです。

今夜はことの他長分でしたが、私の思いを包み隠さずページにしてみました。

余談の部分は父の口から私の耳ということで、先祖代々から伝わったものと理解します。

書くのは控えよとは思ったのですが、牛も人も同じであるとい観点からページにしました。





下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村







元気にしてるかな〜

牧場は1,5mぐらいの雪に閉ざされていますが、やはり牛が走り回る牧場が好きです。

DSC04966

牛みんなそれぞれに個性があり、牧場では思い思いに活動します。

牛は単独では行動しません。

5頭が5頭とも違う場所、、、、、はありません。

やりやすい部分はあるんですね。

特に「脱走」時は。

牛は団体行動し、外敵から身を守るという習性があります。



でも人間は、その牛たちをバラバラにしてしまいます。

DSC04974

近江「木下牧場」さんにお世話になった「ちえいちひめ」、元気にしてるかなぁ。

「そのちゃん」との間に、「嫁VS姑」ってなってへんやろなぁ。

「嫁VS姑」となってたら、優しい「ゆきちゃん」がカバーしてくれてんやろなぁ。

たかくんやみなちゃんは、みんな優しいんや。

「ラナ」ちゃんがお世話してくれてんやろなぁ。

今年は、「ピッカピカの一年生」になるんやろか。



下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村


やはり雪

予想していたように、寒くなりました。

午後からは晴れ間も見え、風も強く吹き始めました。

青空はありがたいのですが、空模様を変えていくんですね。

午後3時ごろから「本降り」みたいな雪もありました。

スキー場には申し訳ないのですが、もう雪は、、、、、、、す。 

明日は雪です。

珍しくも、なぁ〜んともない。


アナと雪の女王


 

下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

雨 あたたかい

朝は大雨に近い降りでした。

雪が溶けていいのですが、雪が雨を含んで重くなるんです。

それと気温が高かったです。

11℃と2桁。

雪も早く溶ける。

明日は雪と聞きましたが、雪が降る前はあたたかいんですね。

なぜなのか?は私は分かりませんが、「あたたかいから雪が降る」と思えばいいんです。

私はお陰様で、この冬に風邪をひくことができておりません。

くしゃみ 鼻水 せき などは多く経験しましたが、風邪に結びついてはおりません。

除雪に多忙だからです。

冬限定 積雪時に限る  という、夏には経験できない貴重な多忙です。

多忙過ぎると、文章までが適当となります。

(いっつも適当文章やん  今日に限ったことやないやろ?)


みなさん、風邪などひかれませんように。

みなさん、お布団をひかれますように。




下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村





飲んできた

今日は神戸から友だちが来て、飲んできた

歩くたびに、地面が動く

不思議な現象だ 

コテン






下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

豪雪地 兎和野高原

兵庫の豪雪地どんなとこ? 香美町の兎和野高原

 兵庫県香美町の兎和野(うわの)高原で積雪×××センチ−。新聞やテレビで報じられる大雪の報道で、この地名を見聞きした人は多いだろう。兵庫の“豪雪地”としてクローズアップされる兎和野高原とはどんな場所か、訪ねてみた。

 旧3町が合併した香美町は、日本海沿いの香住区、山あいの村岡区、小代区の3区から成る。兎和野高原が位置するのは村岡区で、香住区(旧香住町)の中心から、南に車を走らせて約50分かかる。

 地域気象観測システム(アメダス)が置かれているのは、村岡区宿(やど)の県立兎和野高原野外教育センター敷地内で、標高は約550メートル。駐車場の一角にあり、2005年12月から観測を続けている。

 今回の大雪がピークをすぎた13日、山々に囲まれた高原に入った。駐車場は雪でふさがれ、かんじきに似たスノーシューを長靴に取り付けないと身動きが取れない。足跡一つない新雪をかき分けて進むと、雪に埋もれたアメダスを発見。5月にはレンゲツツジが咲き誇る一帯は、見渡す限りの雪原だった。

 神戸地方気象台によると、05年12月以前は麓の村岡小学校(村岡区村岡)にアメダスを置いていたが、観測環境の改善のため移設された。アメダスは「村岡」の名を引き継いだが、旧村岡町の住民から「積雪量が村岡の中心部と違いすぎる」との声が相次いだことなどを受け、07年1月に現在の「兎和野高原」に変更された。

 だが、なぜ兎和野の積雪ばかりが報じられるのか? その答えは気象庁の県内の積雪観測点が、神戸と但馬4カ所(香住、豊岡、兎和野高原、和田山)に限られるためだ。このため、ほかの地域で積雪があっても兎和野が前面に出ることになる。

 兎和野高原の積雪量は14日午前10時の時点で194センチ。観測史上の最高値は12年2月の205センチだ。合宿や自然学習の舞台ともなる同高原。野外教育センターの田中勲所長(66)は「春や夏に来た子どもたちには『冬になるとニュースで兎和野の名前が出るから、思い出してね』と言っているんですよ」とほほ笑んでいた。


下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

3日分の除雪の量

村内の生活道路は、積雪15センチを超えたら除雪車が稼働することになっています。

どこの村でも基準は同じですが、問題は「雪捨て場」に困るんですね。

田んぼ 畑 空き地 川 などなどですが、どうしても「近場の田んぼ」に協力をお願いするとなります。

DSC05268

2本の電柱の雪山は、およそ5mです。

私自宅前の近所宅の田んぼです。

黒板が置かれている場所は、道路の上となります。

でもこの雪山の田んぼは、路上より1m下がっています。

ものすごい雪と思われるかと感じます。

もっとびっくりなのは、この雪山は「3日間 100m足らずの道路除雪量」なんですね。

1日「2〜3」回の除雪の時もあり、結果的にこうなってしまうんですね。



実を言いまして、ここから大変なんです。

天気が落ち着いたら、今度はこの雪山を取り除く「除雪作業」があるんですね。

「春になっても雪が残っているために、農作業ができない」ということになるんです。

ご協力いただいた田んぼの地主さんに、ご迷惑をかけられないんです。

だから「別な除雪作業」も必要なんですね。

そのようなことで、雪山の除雪撤去前の業者の黒板なんです。



除雪とは、「走れる 歩けるようになればいい」だけではないんです。





下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村







軽トラ 除雪車

軽トラ 除雪車



軽トラ 除雪車



下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

牛肉拡大へ補助金、雌牛1頭5万円

 県産牛肉拡大へ補助金、雌牛1頭5万円 ブランド肉育てる

 千葉県は県産の銘柄牛「チバザビーフ」を広めるため、生産農家に繁殖用雌牛を増やしてもらう取り組みを始める。1頭あたり5万円を補助するなどして、2025年度には繁殖雌牛を県全域で3500頭に増やす。ブランドの浸透を図る一方で、販売量を増やすために計画的に牛を増やす農家を後押しする。

 雌牛を増やすために250万円、PR関連も含めると銘柄牛振興に総額1045万円の事業費を17年度予算案に盛り込んだ。チバザビーフは、県の牛肉生産者の協議会が認定するもので、「かずさ和牛」「みやざわ和牛」「しあわせ満天牛」など10銘柄ある。

 県は昨年8月「千葉県酪農・肉用牛生産近代化計画書」を策定。昨年2月に2290頭だった繁殖雌牛を25年度には3500頭に増やす目標を掲げている。21日には東京都中央卸売市場食肉市場(東京・港)で品評会にあたる枝肉共励会を開催。20日には前夜祭も開き、仲卸業者ら市場関係者を対象に県産牛肉をPRする。

 

下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

まぁ、、、、、雪取りです。

今夜はタイトルに困りました。

毎日のことなので、雪をテーマにしております。





今日は拓ボンがお手伝いに来てくれました

「拓ボン ありがとう

DSC05269

「あちゃ〜 なんですかこれは

「屋根の1mのお利息が落ちたんや

「下も屋根の雪も落とさんとあかん  拓ボン、この間のように除雪してくれへん?」

「はい わかりました

DSC05270

そのようなことで、今日は彼が重機オペをしてくれました。」

私はスコップで建物内の雪取りをしていました。

しばらくして、「バキッ ガシャ

んっ?  っと見ると、

DSC05271

「長岡さん、やっちゃいました

あ〜ぁ

拓ボンは屋根部分の雪を落とそうとして、いろはにほへと ABCDEFG

暗くなりましたが、最初のお写真がこのようになりました。

DSC05272

拓ボン、お疲れ〜

今夜はお互いに、これで寝よう

おやすみ〜




下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村





疲れた〜

今夜はたった一行。

疲れた〜  寝る〜 






下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

雪売ります

雪の欲しい方格安でお売りします。

鮮度抜群の雪です。

但し、長岡牧場までとりに来ていただける方に限らせていただきます。

キャンペーン期間中(2月末日まで)につき無料とさせていただきます。

メールでもご予約を受け付けております。 terunagadoi@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

長岡牧場 長岡 直美



下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

除雪車が来た〜  わーい わーい

香美町役場にご無理をお願いし、

DSC05258

除雪車が来ました。

ロータリー車で、遠くに雪を吹き飛ばします。

DSC05261

牛舎前もこんな感じです。

時間はかかりました。

DSC05260

こんな感じですから。

除雪後の路面です。

DSC05264

両側の「雪の壁」は軽トラの屋根以上となります。

2m近くになるのかなぁ。

除雪はわが家の牛舎までですが、

DSC05266

こんな感じでしょうか。

じぃの「草も積める高級ベンツ車」は、生き埋めになりそう。

最後にしつこく、

『こんな雪に  んんん 負けてたまるかーーーーーーーーーーーーーーーーっ

 


下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村




夏がく〜れば 思い出す〜

今日私は、「ハチ北」に用事があり向かいました。

「な なに ? このことは?」

DSC05252
 
でした。

現場は「道の駅 ハチ北」の500メートルほどハチ北よりですが、一台も入れるスペースはないんですね。

お写真の時間は「午前8時11分」ですが、車の方々は7時からこんな感じと話していました。

夏であればだいたい10分程度の3キロちょいの道のりですが、延々車の列です。

雪でスリップして動けないもあるのですが、道幅も狭くなる所もあるんです。

国道9号線まで列が続いたと聞きました。

「8時ごろには行きますので。」

と自宅を7時半に出ましたが、2時間後の9時半に目的地へ。

「では失礼します。」

と帰りかけたものの、1時間かかって自宅へ帰りました。

ほんのわずかな用事が半日以上となってしまいました。



用事を済ませて除雪しようと思っていました。

牛舎へ行くと、

DSC05255

こんな感じ。

ほぼ1mの雪が乗っています。

牛舎と地面の雪の間隔は、1mもありません。

この屋根の雪がこのまま落ちたら、、、、、、。

急いで地面の間隔をあけるように、除雪してきました。

ここばかりではないんです。

DSC05253

先日「姫」が出ていたパドックも、雪の中です。

右のポールの高さは、1,4mです。

あ〜ぁ

牛たちは全員元気で、救われます。

明日もまた、1日中除雪です。

疲れますが、最後に一発

「こんな雪に  負けてたまるかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ




下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村





雪とねこ

雪とねこ




下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

雪 幸 行き ゆき 由紀 ユキ ☃

今日は白いもんが降ったとさ

今朝早朝朝早く、よじはん、、、、ぐらい?

「大雪警報が発令されました。 大雪の恐れがありますので、十分に気をつけて下さい。」

今朝8時11分、「たばこ、、、ないやん 買うてこ」。

DSC05245

帰り道ですが、

DSC05246

降っているんです。  これでも。

まだ道路は見えています。  これでも。

DSC05247

安全運転を心がけているでしょ

国道9号線です。  これでも。

どんどん降りますから、国道も「真っ白」になるんですね。

「たしか、ここは道のはず」というようになっていくんです。

「走るの、こわいよぅ

当然なんですね。  雪が道を消していくからです。

除雪車が除雪しても、「たしかここは道のはず」というようになるんですね。

一番怖いのが、

DSC05250

こんな感じ。

ワイパーなども効果ないんです。

止まるしかないんです。

前方不注意ではありません。

後ろの車、「おかま」。

私が事故を起こした「お写真」ではありませんが、全く前方が見えないんですね。

だからこのような場合は、上下線ストップとなるんです。

私は雪国人間ですから慣れてはいますが、前が見えないんでは動けません。

だから雪国に来る場合は、大げさでも「それなりの準備 用意」が必要となります。

「大阪 京都 東京は晴れだったから」は通用しないんです。

明日も降るそうです。

雪国でない人でみれば、「除雪費」は無駄のように言われます。

でも、雪国で安全を確保するには「除雪費」は必要不可欠なんですね。

私は「白色」が嫌いです。




下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村




早いけど、ねます。

タイトルどおり、早いけど寝ます。

ごめんなさい。





下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村

あほなレッスン

憧れていたピアノを手にし、でたらめなレッスンしています。

ピアノをバラしてみました 

DSC05238

このようになっています。

非常に構造が複雑で、最後にハンマーでピアノ線を叩いて音が出ます

私は楽譜も音符も全く分かりません。 読めません。

でも私だって、楽譜がなければピアノに向かえません。

ではどのように弾く?  どのような楽譜?

これが ↓

DSC05241

私の楽譜です。

なに、、、これ?

当然ですよね。

私なりの楽譜ですから。

DSC05242

私のピアノには、

DSC05239

すべて番号を書いています。

楽譜には、例えば16 17 の数字に○を書いています。

これは黒鍵を示すんです。

「16と17の間にある黒鍵を叩け」というものです。

 ?  レ ?  ミ ?

私が弾いてても、何の音? は全く分かっていません。

ただ、エリーゼのためにを弾く場合には18  18 17の間にある黒鍵を3回繰り返す   というように覚えていきます。

トルコ行進曲

15 14  14と13の間にある黒鍵  15  16 が右手

左手は 7  9 11で  9 11は同時押し というように覚えていきます。

当然、頭に曲名が入っていないと弾けません。

みなさんが見て「大爆笑」となりますが、私の場合はこのようにしないとピアノに向かえないんです。

楽譜もパソコンを見て一コマ 一コマ停止して書きます。

弾けてるわけではないんですよ?

でたらめであっても、楽しい んですね 

ミ  ソ  ファ などなどの音を弾いてる という認識は全くありません。

楽譜の数字を叩いてるだけです 





ストーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぷ

DSC05237

じぃ  たのむから  アホなこと書くな

「あ〜  すんません

このページは但馬牛のことを書くページやろ?

「はぃ〜  そうです

ご覧いただく人に但馬牛の理解を深める、、、、が目的のページやろ?

「はぃ〜  そうです

笑われてまうで?

「はぃ〜」 

トルコ行進曲?  ヘタでもそんな曲が流れたら、うちの牛、走り回って狂ってまうで?

「はぃ〜

上様の仰せ、全うできておるのか? じぃ

「ははーーーー  お返しする言葉もござりませぬーーーーーーーーーっ

今夜のことは上様のお耳には入らぬようにはいたすが、よく心得よっ

「ははーーーーっ  ありがたき幸せにござりまするーーーーっ





下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村








は〜  くしょん!

タイトルは気にせずに、進めてまいりやす

今朝はさほどの積雪はありませんでした。

村内の生活道路の除雪確保の除雪車は来ましたが、重いべちょべちょの雪なんですね。

パウダースノーであれば楽々に走れますが、今朝の雪はそうではなかった

DSC05234

重い雪ですから、竹が「ギブアップ」なんですね。

車が通る場所に、ギブアップ。

私、歩いて牛舎へ行く途中です。

DSC05233

でも、なぁ〜んとなく、適当に、雪景色がきれいに見えます。

は〜  くしょん


下のバナーをクリックすると、全国の牛飼いや仲間達に会うことができます。

にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
にほんブログ村






但馬牛 サイト内記事検索
但馬がおもしろい! 〜 冬
但馬牛の赤ちゃん (こべ)
Skype Me
但馬牛 村岡町の記憶
但馬牛 お手紙下さい
terunagadoi@gmail.com
但馬牛 コメント
兵庫県美方郡香美町村岡区黒田207の天気
但馬牛 湯村家畜市場セリ風景
但馬牛 湯村家畜市場がなくなる日
但馬牛 母牛(ちえなが)の怒り!
但馬牛 Archives
但馬牛 訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

但馬牛 QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ