2009年12月10日

ホームシューレ全国合宿1 日目

teruruです。

12月5日、6日 東京で、
第11回ホームシューレ全国合宿がありました!

集合写真がもうアップされていたので
上記の色が変わっているところをクリックしてみて下さい。
左下に写真あります。

東京が会場だったので
2日間、日帰り参加しました!

私にとってはなつかしの会場!
約5年前、ジュニアが学校へ行かなくなって
約1年がたったとき、同じ会場で合宿があり、
はじめて親の私が1人で参加しました。

その時(2005年2月)は、なんと
「ホームエデュケーション国際シンポジウム」@早稲田大学国際会議場も
同時開催(2日目のプログラム)だったんです!!!

ジュニアはまだ小2で(小1秋からの不登校)
大勢の知らない人のところに行くのは嫌だということでしたが
ハガキ大のなんでもいいので、作品を展示をするコーナーに
とっても喜んで、折り紙や写真をつかったハートのコラージュみたいなものを
投稿して、「展示参加」をしました。

私自身は、ジュニアが学校に行かない(「行けない」と本人)のは
受け入れられるようになっていましたが
まだ「勉強は大丈夫なの?」とか
「我慢が足りないと言われたら何て答えればいいのか」などなど
わからないこともたくさんあって
いろんな人に質問しまくったのを覚えてます。

その同じ場所で、また合宿があるのと
2日目に、ある世界的な登山家の方のスライドとワークショップ
(ちなみに野口健さんではありません(笑))があるというのを楽しみに参加しました!

詳しく書くと長くなっちゃう〜

親の部、子どもの部とわかれていろいろなプログラムが
あり、あっという間の2日間。

写真は、夕食後の「こども市」で買ったマッシージュニアの
お皿。おしゃれでしょ!

shuusei


こうして、普段、作ったものや
画いた絵(緻密なプロ並みの漫画、イラストなど)
撮った自主映画のお人形用服(手作り)の展示や
同人誌配布、ケーキなどなどの販売コーナーもあり
すごい内容充実の、貴重なイベントです。

参加者100人以上でした。

都合が悪かったり
そういうところへ出て行くまでは行かないという人もたくさんいるでしょう。

でも大事なのは、何らかの形で
「自分たちだけではない、理解しあえる仲間がいるんだ」とつながっていることが「安心」になると思うんですよね〜♪

家にいる=社会性はどうする?
学校にいってない=友だちできないだろう
フリースクールじゃないの?
家で何してるの?

などなど世間一般の(当事者の親も含めて)
そんな質問、不安が、百聞は一見にしかずで
吹っ飛んでしまったり
やたりに励みになって、力になるんですよね。

学校対応に関しての相談や
こんな時どうしたらいい?ということが話し合える時間もありました。

会うことがどれだけ楽しいか
いろんな出会う場が、東京に偏っているのはつまらない…と
あっという間に、広島で年末自主サロンが開催される話も進んだし、
2次会には、子どもたちはOB、OGとカラオケ行ったり
もんじゃに行く人、カラオケつきそい保護者がお茶したり…と
さらなる出会いも生まれるのが、実際に「会うこと」の良さ。

数日にわけて、合宿報告しますね!

あっ、参加したかた、割り込み大歓迎なのでよろしく〜♪

ブログメンバーと「編集会議」?もしたかったのですが
時間なかったねえ〜

------------------------------------------

ホームシューレのサイトの上に書いてあるように
不登校で「どこにも行けない子」という子どもの見方から
ホームエデュケーション「=家で育つ子、家をベースにした成長を
応援しよう!」…という考え方にしてみるだけで
毎日が貴重な、自分たちで創り出す(たとえ、ゆっくり何もしなくても
充電している大事な時間)、自分たちで、自分たちの生活をデザインする
意義ある日々となってきます。

そんな気持ちにさせてくれて、
大丈夫!って安心できるようになったのは
本当に、私自身、全国の在宅で日々を過ごす家庭と
つながったからでした。

特に、最初の一歩は勇気がいりましたが、
全国合宿で、ナマで、地域で孤立した家庭だった自分や子どもが
一気に、北は北海道、南は沖縄までの人たちと「仲間!!」って
気持ちになれたことは、力強いことです。

お子さんが乗り気でなくても
「ペアレント会員」というのもありますので
興味がある方は、ぜひ、つながりましょうね!

学校対応や「こんな時、どう考える?」「どうする?」って言ったときに
ホントにあっという間に全国のいくつものケースが
一気に聞ける(会員専用のサイト、月1の50〜60ページの会報誌、スタッフへ電話相談など)のは心強いですよ〜♪

おっと、ついついPRしすぎ…!?(-_-;)

合宿1日目の具体的な話より
自分が合宿に参加して、ガガガガッと世界が広がった時の
興奮を思い出してしまいました

そうそう、2005年2月の国際シンポジウムの内容(アメリカ、イギリス、ニュージーランド、台湾、韓国のリーダー=お母さんや、お子さんの話、講演)は
「子どもは家庭でじゅうぶん育つ---不登校、ホームエデュケーションと出会う」に掲載されてます。

子どもは家庭でじゅうぶん育つ―不登校、ホームエデュケーションと出会う
子どもは家庭でじゅうぶん育つ―不登校、ホームエデュケーションと出会う


teruru2007 at 00:16コメント(5)teruruファミリー  

コメント一覧

1. Posted by ようこ   2009年12月11日 14:21
teruruさん、合宿報告どうもです。

割り込んでブログアップさせてもらっちゃいました。
しかも合宿の話じゃなくてすいません。

でも私もちょっとPRを心掛けましたよ。

私も合宿参加するたびに「大丈夫〜!!」と思っちゃいます。
もう充分か!?(笑)
2. Posted by teruru   2009年12月11日 22:57
いえいえ、すみません。
私もようこさんと一緒で、なかなか時間がなくて…(-_-;)

気になってたのに、全然進まずごめんなさい!!

他のネタでも更新してもらうほうがいいので、感謝、感謝!

多分日曜の夜あたりに、
第2弾 山の感動話と、
2次会もんじゃ報告しま〜す。

もちろん他の方も書き込んで全然、OKですよ!
3. Posted by makkin   2009年12月11日 23:54
くわしくて前向きでめっちゃいい報告ですね〜。さすがteruruさん!
合宿ではちょっとだけど話せて楽しかったです。

これ読んだら心にビビッときてHEに興味を持ってくれる人が増えるんじゃないかなーと思ったりしてます。
忙しくて大変でしょうけど、第2弾も期待して待ってます!

4. Posted by ずんずん   2009年12月13日 12:44
teruruさん、こんにちは〜。詳しいご報告、ありがとうございます。本当に不登校で苦しんでいる親子の方々にホームエデュケーションのよさ、そしてつながる事のすばらしさを伝えたいですね!
私は今年は一人で参加しましたが、会員のおかあさんたちとゆっくり交流できてとても充実したひとときでした。
あと、毎度の事ながらボランティアスタッフをしているホームエデュケーションで育ったお兄さんお姉さんたちの立ち振る舞いに娘の未来を重ねあわせ、将来に希望を感じます。それができるのもこういう集まりのいい所だと思います!
5. Posted by teruru   2009年12月14日 00:35
makkinさん

マジですか?
makkinさんに、メチャいい報告と誉めらると
木に登っちゃいますよ

2年ぶりでしたよね??えっ、もしかして3年ぶり??ブログや掲示板でつながっていると、一気に時間の隔たりとびましたね!ちょっとでも話せてよかった〜。第2弾(-_-;) お楽しみに〜♪

ずんずんさん

楽しかったね
ほんとに、ほんとに、いいお兄さん、お姉さんだよね〜!ウチのジュニアも、初めて合宿参加した時は、お友だちと一緒に、興奮してお兄さん、お姉さんにじゃれ付き、まとわりつき、部屋に遅くまで居座り…(-_-;)とご迷惑おかけしましたが、つきあってくれてホントに頭が下がりました…。そして全くずんずんさんと同じように、輝く未来を確信しましたよ

また、もんじゃ&しましょう

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ