書け麻お疲れ様でした。

今回の対局者
ワハハすばらさんすばらな人生
カタカタ日和さんすばらです!~咲‐saki‐総合ブログ~
ふじつbotさん咲-saki-を考察したりあわあわを愛でるブログ


またラスですよ。
全然成長しませんよ。
フラグ回収しましたよ。


というわけで、カタカタ日和さんからのお題


第一回考えない咲かつ


考える咲


第十回「哩姫のSMについての考察」


始めます。


そもそも何故哩姫のカップリングにSM属性がついたのか。

それはもちろんリザベーションの描写のせいです。


以下問題のシーン。


問題のシーン1
問題のシーン2
問題のシーン3


はい。

これらのシーンから、一般的には
S:姫子→M:哩
だと言われています。


が、しかし。


私はここで異議を唱えたい。
哩姫はSMではなく、むしろMMであると!!


何故かというとですね。

哩さんは受動的ではなく能動的なMなのです。
自分の手に自分で縛りをかける、
リザベーション哩はアクティブな能力です。
自分を縛ることで、間接的に姫子を縛るという高等テクニックですね。
つまり、哩さんはSを内包したM


これに対しリザベーション姫子は、パッシブな能力。
哩の縛りに対して感じてしまいます(意味深)。

つまり、姫子は真性のM


これらの考察から導き出される答えは、

哩さんがMなのは姫子がMだからであり、
SなくしてMを生み出すことができる。


具体的には、
哩さん自分を縛る(M

姫子ビビクン(M

哩さん大喜び(S

ということですね。


以上。


ところで、最近はやり☆の咲ソートをやってみました。


結果

1 宮永照 鉄板
2 白水哩 普通
3 園城寺怜 普通
4 本内成香 鉄板
5 鶴田姫子 鉄板
6 渋谷尭深 おもち
7 松実宥 おもち
8 戒能良子 おもち
9 大星淡 鉄板
10 小瀬川白望 おもち
11 巽由華 鉄板
12 清水谷竜華 おもち
13 愛宕絹恵 おもち
14 姉帯豊音 普通
15 高鴨穏乃 鉄板
16 愛宕洋榎 鉄板
16 野依理沙 普通
18 瑞原はやり おもち
19 船久保浩子 普通
20 江口セーラ 普通


哩さん二位ですね。
姫子も五位ですね。

そして一位は


照うううううううううううううううううううう(発狂)


はい。

鉄板七人、おもち七人、普通六人(分類は適当)です。
バランスはいいですね。


コメ返しいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

>>simoponさん
>>お題お疲れ様です。
>>現実で麻雀の普及を願っている方たちの出した結論もノーレート化ですからねー

ありがとうございます。
そうですねー、京都の方でついに警察も動き出したようですし、
これからは健康マージャンがメインを占めるようになっていくかもしれませんね。


最近オリが大切だということを痛感しました。
ええ。
この次は、次は負けないし。


それではっ!!