2010年06月13日

交流戦2010 優勝

雨の中家族でドームへ…

またゆっくり書こうかな。


とにかく。


交流戦、初優勝おめでとう!


「6月13日」という日に優勝を決めるあたり、

何か運命を感じます。

あれから6年目です。



あの時も日曜日でした。

2010年04月09日

もう去年分勝っちゃいました

牛 3 5 0 0 0 0 0 0 0  8
鷲 0 0 0 0 3 0 0 0 0  3

勝利投手 [牛] 金子(2勝2敗0S)
敗戦投手 [鷲] 藤原(1勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [牛] 赤田 2号(1回表ソロ) 、赤田 3号(2回表3ラン) 、カブレラ 7号(2回表ソロ)


去年、対イーグルス戦4勝だったのですが、

いきなり4連勝。


まぁ去年が悪すぎたので、

褒められたものではないのですが。


ネコちゃんが勝ててホッとしました。

まぁ展開的には本人も反省しているように、

5人のピッチャーを使うような試合ではなかったのですが、

寒さもあったことでしょうし、

今日はこれくらいでもよかったのかもしれません。



打つ方では赤田クンが2連発、

北川選手が猛打賞。


カブ砲に一発があったんですが、

主軸以外でも打てているのは良いですね。

この調子で行ってもらいたいものです。



これで5連敗のあとの2連勝ということで、

とにかくこの調子のままこないだ発生したロスを減らしましょう。

反撃です。



2010年04月08日

連敗脱出♪

牛 0 0 0 2 2 0 0 0 0 1  5
獅 1 2 0 0 0 0 1 0 0 0  4

勝利投手 [牛] 平野(1勝0敗0S)
敗戦投手 [獅] シコースキー(0勝2敗4S)
セーブ [牛] レスター(0勝0敗3S)
本塁打 [牛] カブレラ 6号(4回表ソロ) 、ラロッカ 3号(4回表ソロ)


何とかやれやれ。

ゴッツが「ポロッ」とした時は、

「またアカンのか?」と思ったけど、

ゴッツが決めてくれて、

「ホッ」としました。


序盤の展開から、

またボロボロになるかと思いきや、

こんどうクンがよくブチ壊さなかったことで。


最後はレスターが3K締め。

なかなかやるやん!



打つ方ではグッチが猛打賞で、

赤田クンにも1本でました。


やはり1,2番が出てくれないことには。



これで各チームとの対戦が一巡。

明日からは東北ですか。

また開幕シリーズ同様、

叩いてほしいですね。

もう一回スタートということで。



2010年04月07日

これが本来の姿なのか?

牛 0 1 0 0 0 0 1 0 0  2
獅 2 0 4 0 3 0 0 0 X  9

勝利投手 [獅] 石井一(2勝0敗0S)
敗戦投手 [牛] 山本(1勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [牛] カブレラ 5号(2回表ソロ)
    [獅] 中島 3号(1回裏2ラン) 、中村 1号(3回裏2ラン)


すいません。

3月があれだけ調子よかったので、

つい勘違いしてしまっていたようです。



あ、やっぱり…

そうなんですよ。

実は今年の方が早いんかも…ははは。


2010年04月06日

今日も何もなし

牛 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0
獅 0 0 0 1 0 1 0 1 X  3

勝利投手 [獅] 岸(2勝1敗0S)
敗戦投手 [牛] 岸田(2勝1敗0S)
セーブ


1安打て。。。

苦手にするにも程があるっちゅうねん。(小枝風)


まだ4月になって勝ってないぞぉ〜。

2010年04月04日

何もなし

鴎 2 0 5 0 0 1 2 0 0  10
牛 0 0 2 0 0 0 0 2 0   4

勝利投手 [鴎] 小野(1勝0敗0S)
敗戦投手 [牛] 木佐貫(1勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [牛] 赤田 1号(3回裏ソロ) 、カブレラ 4号(8回裏2ラン)


あらら。。。


今日はノーアウト満塁が0点。

四球が多かった。

ツイてなかった。


それがすべて。以上!

2010年04月03日

どうした?ネコちゃん

鴎 0 0 0 7 0 0 1 1 1  10
牛 0 2 0 1 0 0 0 1 0   4

勝利投手 [鴎] 渡辺俊(2勝0敗0S)
敗戦投手 [牛] 金子(1勝2敗0S)
セーブ
本塁打 [鴎] 大松 2号(4回表2ラン) 、金泰均 2号(9回表ソロ)


突然のビッグイニング。。。

なんでや?

とにかく次回こそは!


それにしてもよう振れてるんやな、鴎は。

バレンタインに骨抜きにされていた去年までとは全く違うわ。

強いな。





2010年04月02日

首位攻防…簡単には負けません

鴎 3 0 0 0 2 0 0 0 0  5
牛 0 0 0 0 0 0 1 0 2  3

勝利投手 [鴎] 成瀬(2勝1敗0S)
敗戦投手 [牛] 近藤(1勝1敗0S)
セーブ [鴎] 小林宏(0勝0敗3S)
本塁打 [鴎] 金泰均 1号(5回表2ラン)
    [牛] ラロッカ 2号(7回裏ソロ) 、T−岡田 3号(9回裏2ラン)


すべては立ちあがりでしたかね。

相手のピッチャーもよかったし。

こんな日もありますわな。


ただ、

T-岡田クンの3試合連続弾で最後の最後まで食い下がったのは、

明日につながりますね。


明日、明日。

2010年03月31日

粘った!省吾クン、決めた!ティーッ!

牛 0 0 0 0 0 0 0 0 3  3
肉 0 1 0 0 0 0 0 0 1  2

勝利投手 [牛] 山本(1勝0敗0S)
敗戦投手 [肉] ウルフ(0勝1敗0S)
セーブ [牛] レスター(0勝0敗2S)
本塁打 [牛] T−岡田 2号(9回表3ラン)


こんなこともあるもんですな。

T-岡田クンの逆転3ラン。


レフトへの一発は、

やっぱりパワーがないと運べませんわ。

なんぼ東京ドームやとは言え。


いやぁ、完全覚醒ですかね。



一方で省吾クン。

よう我慢してくれましたわ。


前回のピッチングでは不安を残したままの降板となってしまいましたが、

今回はそれを完全に払しょくしてくれました。

今年はもう一度2ケタでお願いしますね。


これで3月は7勝1敗で貯金6。

投打もかみ合って、

最高の滑り出しです!

2010年03月30日

Tに一発

牛 0 5 1 0 1 0 0 1 0  8
肉 0 1 0 0 0 0 3 0 0  4

勝利投手 [牛] 岸田(2勝0敗0S)
敗戦投手 [肉] 糸数(0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [牛] T−岡田 1号(3回表ソロ)
    [肉] 高口 1号(7回裏3ラン)


開幕以来なかなか「覚醒」しなかったT-岡田クン。

「東京ドームやったらでるやろ」見たいな感じでスタメン起用した岡田監督。


ピッタリ的中でしたね。

しかもこれで気分を良くしたのか、

猛打賞やったし。


これで「覚醒」か。


それにしても凄い当たりでした。

まさに「弾丸ライナー」。

やっぱり持ってるものが違うわ。


あとは赤田クンも今日の3打点で、

オープン戦の時のような調子を戻して欲しいものです。


2連戦の頭を取ったのは大きいなぁ。

2010年03月28日

なかなかやりますなぁ〜

牛 0 1 0 0 0 2 0 0 1  4
鷹 0 0 0 0 1 0 0 0 0  1

勝利投手 [牛] 木佐貫(1勝0敗0S)
敗戦投手 [鷹] 大隣(0勝1敗0S)
セーブ [牛] レスター(0勝0敗1S)
本塁打 [鷹] 松中 1号(5回裏ソロ)


木佐貫クンが移籍後初勝利!

7回2/3を6奪三振、被安打3、1死球、1失点。

さすがですなぁ。

おととし以来の勝利とか。

信じられへんわ。


フォークもいい感じで落ちてましたし、

この調子で1年続いてほしいな。

ジャイアンツほどプレッシャーも感じんでいいし、

気楽に、

まぁ楽しくやって欲しいですね。


攻撃の方は、

下位打線が大活躍!

シモヤマン、日高パパ、ビッキーがよくチャンスを作ってくれましたね。


ビッキーは2打点も挙げたし、

下位打線が作ったチャンスをグッチや田口さんが還すという、

なんとも相手にとっては嫌な点の取り方。


なかなかやりますなぁ〜。


結局首位攻防戦は勝ち越し。


ホンマなかなかやりますなぁ〜。

2010年03月27日

そら負けるわね

牛 0 0 0 0 0 1 0 0 1  2
鷹 0 0 0 2 1 0 3 0 X  6

勝利投手 [鷹] 杉内(2勝0敗0S)
敗戦投手 [牛] 金子(1勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [牛] 田口 1号(6回表ソロ)
    [鷹] オーティズ 2号(4回裏2ラン)


1回 2死 2,3塁
2回 2死 1,2塁
3回 1死 1,2塁
5回 2死 1,2塁

前半にこれだけチャンスがあったのに、

無得点ではあきませんな。


ま、こんな日もありますわ。

っていうか、今までが出来過ぎ。


1つ負けたことで、

逆に落ち着いたように思えます。

とりあえずカードの勝ち越しを目指しましょ。



2010年03月26日

つ、つおい

牛 0 0 0 2 0 0 4 2 8  16
鷹 1 0 0 0 0 0 0 0 0   1

勝利投手 [牛] 近藤(1勝0敗0S)
敗戦投手 [鷹] 和田(0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [牛] カブレラ 3号(4回表2ラン)
    [鷹] オーティズ 1号(1回裏ソロ)


ひゃ〜!強いねぇ。

終盤3イニングで14点!

ちょっともったいないんちゃう〜。


明日にちょっと置いといたほうが…

ま、ええけどね。


打つ方が目立ってたけど、

こんちゃんがよかったわ〜。

8回11奪三振、1被安打1四球1失点。


一発は食らったけど、

それ以外がほぼ完ぺき。

いいスタートが切れましたね。


今年の浮沈のカギは、

結構こんちゃんが握っていると思うんですが。

彼は10勝を軽く越すぐらいの実力を持っていますからね、

実力通りの活躍をしてもらえれば。

それには集中力ですかね。


いつも軽快に投げるし、

悪い時もそれなりに投げこなすんですが、

ポコッと打たれることがあるから。

そこですわ、

そこ。



今年もこんちゃんには期待してまっせ。



カブ砲、.667、3戦連発て…すんごいねぇ。


2010年03月22日

マジで3タテ!

鷲 2 0 1 0 0 0 0 0 1  4
牛 2 0 0 0 0 2 0 1 X  5

勝利投手 [牛] 岸田(1勝0敗0S)
敗戦投手 [鷲] 永井(0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [牛] ラロッカ 1号(6回裏2ラン) 、カブレラ 2号(8回裏ソロ)


先制されてもなんのその。

突き放されてもなんのその。


今日も少ないチャンスをモノにして、

きっちり試合もモノにしましたね。


最後はハラハラでしたが…


先発の省吾クンがアカンと判断したら、

即、岸田クンにスイッチ。

見事なリレーでした。


3回の時点では完全に向こうの流れだったのですが、

まずは岸田クンの投入で、

とにかく向こうの勢いを止めましたね。


流れを呼び戻す前に、

とにかく相手の勢いをまず止める。

そして守り抜いて勝機を待つ。


これも「守りの野球」ということでしょうかね。

なんともシンプルですが、

大事なことですね。


で、我慢の展開から、

ラロ様の逆転弾!

昨日のエラーからの汚名返上でしたね。

もう完璧の当たりで、

気持ちよかったですね〜。


そしてカブ砲の追加弾!

最終的にこれが大きかった。

もうエンジン全開ですな。


とにかく2人とも球がよく見えているようです。

これも真面目に取り組んだキャンプの成果ですね。


これで開幕カード3連勝。

しかもいずれも1点差をモノにするという、

相手へのダメージも大きい勝ち方。


この調子で次の「首位攻防戦」も、

きっちりモノにして欲しいですね。




2010年03月21日

連勝♪

鷲 0 0 0 1 0 3 0 0 0   4
牛 0 0 2 0 0 0 0 1 2X  5

勝利投手 [牛] 香月(1勝0敗0S)
敗戦投手 [鷲] 福盛(0勝1敗0S)
セーブ
本塁打 [鷲] リンデン 1号(6回表3ラン)
    [牛] カブレラ 1号(3回裏2ラン) 、後藤 1号(9回裏ソロ)


こんな試合になるとは…

いやぁラッキーでしたね。


昨日スタメンを外されたカブ砲の「出直し」1号もパワフルなものでしたが、

ゴッツの一発もデカかったですね。

開幕から7打席ノーヒットだっただけに、

そろそろ1本出るやろうと希望的観測で見ていたのですが、

まさかあんなデカい一発が出るとは。

なんか、さすがゴッツっていう感じでしたね。


幕切れはあっけなかったですが、

打席が山崎クンということで、

なんか彼にはラッキーボーイ的な匂いがしますね。


投げては木佐貫投手、小松っあん、D-Kat、香月クンと、

「KKKK継投」。


木佐貫投手は、

林田の一発に沈みましたが、

全体的には良かったと思いますよ。

三振も取れるピッチャーですし、

このままローテーションを守ってくれれば2ケタいくのではないでしょうか。


ちなみに日高パパのリードもよかったですね。

キャンプ中の岡田監督から指摘された「もっと強気に攻めろ」が、

見られました。

おそらくイーグルスの打者陣も、

見逃しやびっくりした顔をよくしていたので、

きっと「何かが違う」と感じているのでしょう。

今年の日高パパはリードに注目です。


小松っあんは、

いきなりアンラッキーなツーベースを打たれ、

四球も出てしまい不安な部分もありましたが、

0封で去年とは違いホッとする開幕。

少し球が高かったのが気になりましたが、

これで気分良く本来の調子に戻ってくれればと思います。


D-Katは、いきなり四球…

しかしラッキーな併殺打もあり、

結局三者で0封。。。助かったぁ。。。


香月クンは安定してますね。

きっちり9回裏の逆転劇のおぜん立てをしてくれました。


負けてても継投はきっちりする。

岡田監督らしいですね。


でも結果的には意味があったわけですし、

勝利以上の目に見えない効果もあったと思います。

今日の継投劇は大きいですよ。



これで開幕3連勝も夢ではありません。

逆にイーグルスの出鼻をくじくためにも、

去年の2ケタトリオを3タテするのは大きいですね。


明日が楽しみです!



あと、個人的に…

ノリ初打点タイムリーヒット。

さすがのバッティングでした。


やはり読みだけではない、

テクニックが備わっていないと打てないバッティングでした。

あれを見るとやはりノリがイーグルスで一番の打撃テクニックを持っている選手だと思います。








2010年03月20日

2010年白星スタート

鷲 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0
牛 0 0 1 0 0 0 0 0 X  1

勝利投手 [牛] 金子(1勝0敗0S)
敗戦投手 [鷲] 岩隈(0勝1敗0S)
セーブ


いろいろありましたが、

2010年ペナントレースも開幕しましたね。



今日は家族全員でドームに行ってきました。

7歳の息子とは、1歳の頃からずっと一緒に行ってたんですが、

3歳の娘は初めての野球観戦。


嫁さんは、6年前のキンテツ本拠地最終戦以来の観戦となりました。

奇しくも鷲のマウンドにはあの頃のエース・岩隈クン。


グッチ、スマイルボンバー、シモヤマン、ノリ、高須クン、藤井クン…

合わせて7キンテツ。

彼女の目にはどう映ったのか?



そんな感慨深い開幕戦の観戦だったのですが、

試合内容は引き締まった投手戦。

ネコちゃんの緩急自在のピッチングに、

岩隈クンのピンチになれば力で押す要所を押さえたピッチング。

2人の持ち味が出た試合でした。

個人的には見ごたえがあったと思っています。


無四球、ノーエラーの好試合。

ビッキーの前進守備の間を抜けるセンター前ヒットが決勝点。

岩隈クン相手に大きな白星スタートでしたね。


明日以降も今日のような引き締まった試合を期待しています。



鷲は…ちょっと攻め方が雑やったかな。

監督が代わった影響出てるような気がしますね。

まぁ、まだ1試合だけですが。





試合前の1-9の後の電光石火を聞いたり、

赤田クンが打席に入ると、

どうしてもあのことを思い出して涙ぐんでしまったのですが、

今日の勝利は、

彼の応援・力もあったのかもしれません。


やっぱり彼はみんなの中で生きていると、

そんなものを実感しました。

人間ってつくづく奥の深い生き物だと思います。





2010年02月06日

信じたくない

正月以来の書き込みがこんな形になるとは。。。



小瀬選手、転落死。



その知らせを聞いたのは昨日の夕方。

仕事中に嫁さんから電話が。


普段はあまり仕事中には電話をかけてこないので、

「何事?」と思い、

「どうしたん?」



「バファローズのオゼって知ってる?亡くなったんやって」



はぁ?


意味がわからへん。



俊足・好打、守備範囲も広い高い素質をもった将来の有望株。

大阪出身で、まさに地元のヒーロー候補生。


新人のときから一軍の試合にも出て、

大石監督が目指すスピード野球にピッタリの人材でした。

なんといっても'08年クライマックスシリーズ進出を決めたスクイズは記憶に新しいです。



何故?何故?何故?



そんな言葉しか出てきません。



ただ原因がわからないのでこれ以上何も言えません。


とにかく残念でなりません。



昨日はとにかく信じたくなかった。

正直テレビのニュースを見るのが怖くて、

なかなか会社から帰れませんでした。


でも、やっぱり。。。


小瀬選手、どうか安らかに。

できればもう一度あなたのスピードを見たかった。




2010年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。


世間では寅年にひっかけて、

特定球団の話題が取り上げられたりしていますが、

そんなことに怯まず、

毎年「丑年」となるよう、

今年も一生懸命バファローズを応援しようと思います。


もちろん優勝?

そらそうよ!

2009年12月31日

カトテツさん

「壮絶人生ドキュメント〜俺たちはプロ野球選手だった〜」(TBS)

を見ました。


加藤の哲ちゃんが出てたので。



かのマスゴミがジャイアンツ優位に持っていくためにでっちあげた、

「巨人はロッテより弱い」(実は発言していない)コメントで人生を狂わされた、

カトテツさんの人生。



ドキュメントの半分以上は、

カトテツさんの「口」が招いた災いばかり。


しかしそれを悪びれることなく振り返るカトテツさん。


「3回やって3回負けたチームをね

 強いですわって言われへん 僕」


まぁ「普通」(?)に考えたら「なんちゅうやっちゃ」なわけですが、

そんな強気で素直なカトテツさんが好きやったわけです。

それが映像として久々に見られて興奮しました。


あの眼光、

「ゾクッ」っとするわ。


いまは大阪市西区で焼肉屋の店長をされているとのこと。

物腰も柔らかく、

頑張られているようです。


そういえば去年「猛牛軍団」に行ったなぁ…



ちなみに大ちゃんの日本シリーズ先頭バッターホームランの映像や、

てしけんが13歳のときに大阪球場で見た乱闘劇(カトテツさんが当事者)を、

久しぶりに見られてなんか良かったです。


年末特番での数少ない当たりでしたわ。

2009年12月30日

タフィーが引退?!

日刊スポーツより。


バファローズ以外の国内外の球団からのオファーもなく、

愛息との時間も大切にしたいとのことから、

引退の可能性も。


そんな…悲しい。


引退するにしても、

最後にあいさつはしたかったのだが。


「ミスター・バファローズ」にしては、

あまりにも寂しいぞ!

livedoor 天気
自己紹介
てしけん
猛牛病歴29年目。
「モ〜」と鳴く「いてまわれ」34歳。
バファローズが無くなった今、
どうしようかと自分探しをする毎日。
最新コメント
カウンター
フリー