TESSAI-とらブログ

おなじみ、テッサイジム会長であり現役選手。

今回のREBELS.45は、いろいろなチャンピオン同士が激突する格闘技の夏フェス!

そして会長小磯の相手は、渡辺理想選手(極真会館)
極真の大会やRISEでも活躍し、無冠の帝王(バンナですか?)と呼ばれる超強敵である。

これって、どうみても咬ませ犬ぽくない?
みんな渡辺理想選手が活躍するのを期待しているんだろうなぁ。

だがしかし、会長小磯はどんな挑戦でもうけるチャレンジャー!
そして相手が強ければ強いほど、モチベーションが急上昇する熱血漢である。

咬ませ犬? 上等です。
それならそれで、会場が大爆発する試合をするまでです。

蹴拳のタイトルマッチを控えているし、気合も充実。
心身ともに絶好調なのでもう止まらない!

相手が強敵だろうと何だろうと、どんな作戦を立てても元祖ケンカファイト炸裂。
テッサイジムの最年長、42歳にして今まさに上り調子。

下馬評をひっくり返す、ドラマチックな試合が見たい人はREBELS.45を見逃すな!

ポスター01

2016.08.10 REBELS.45 大田区総合体育館

会長小磯がニックネームを「闘犬」と定着させたくて仕方がない選手。

でもみんなは「蓮沼くん」とか「タッくん」とか呼んでる人が多い。
そのかわり、テッサイジム以外では「闘犬」と呼ばれていたりする。

普段は好青年を演じているが、隠し切れない元ヤンオーラ。
試合になると若いころの血が沸騰して、会長小磯イズムを継承したケンカファイト炸裂。

デビュー戦でKO勝利をしたりなど、アマ時代からド派手な戦いぶりで、テッサイジムの歴史を塗り替え、もとい更新中。

そんな試合スタイルが好評なのか、プロ三戦目にしてチャンピオンとの試合が決定(ノンタイトルではあるが)し、いろいろ持っている選手である。

とても努力家ではあるが、パンチの当て感が良かったりなど未知の力を感じる、技術+天才型。

今回は相手がチャンピオン(矢島直弥選手・はまっこムエタイジム)という各上とあってか、反骨精神が燃えあがっていて熱い試合が見れること間違いなし。

勝っても負けても、ほとんどの試合がKO決着というハードパンチャーなので、格闘技の醍醐味を体験したい人はREBELS.45を見逃すな!

ポスター02


2016.08.10 REBELS.45 大田区総合体育館

ワンダー・テッサイジム


ザ・不器用


小磯が暴走機関車なら、ワンダーはゴリ押しロボットか。。


「いいか、直進するなよ!? 絶対、直進するなよ!?」

「わかりました」


そしてガガガガと直進する。

人がいても、ビルがあっても、見えている落とし穴があっても、すべてを押しのけて直進する。
ゴリゴリと押しのけて勝つ時もあるし、そのまま落とし穴につっこむ時もある。
b005
だが、その問答無用なゴリ押しで巻き込めれば、無類の強さを発揮する。
幼少の頃からの柔道と、黒猫で鍛え上げた体幹と足腰の強さは、組んだ相手をウンザリさせるほどの圧力である。

誰よりも練習熱心で大変真面目なのだが、どう扱えばよいのか会長ですら操縦できない怪力ロボット。それでも勝つというテッサイのミラクル。

今後、彼がどのように成長するかは誰にもわからない。
だが今回も大暴れ間違いなし。
会場ごとすべてを巻き込むゴリ押しワンダーが見られるのはREBELS.39!!
b006
2015.10.18 REBELS.39 ディファ有明
ワンダーテッサイジム・参戦
※とらさんのすごく個人的な紹介です。かなり誇張&脚色してますw
---------------------------------------------
blog01
blog02
---------------------------------------------
 
リアルタイムでのテッサイツイッターはこちら
TESSAI-Twitter








原島モルモット

会長小磯と同門である山木ジム所属の縁にて、テッサイジムに移籍。

「こんにちは」

とジムの子供たちにも挨拶をかかさないテッサイ一の紳士である。

小磯と対照的に気性の変化が少なく、試合中もフラットなところが長所でもあり短所でもある。
いつも腰が低くて人当たりの良い選手なのだが、そんな彼が無表情でラッシュを繰り出す様はかなり怖い。。

長年負け試合が続いていたが、テッサイジムに移籍してから人気と戦績が急上昇し、勝ち試合でのKO率も高い。
その骨太な脚から繰り出されるキックはかなり痛いとか。
b003
とある試合に負けて「モルモット」に改名したところ、試合に勝って名前を戻したいはずが皮肉にも覚醒。

試合スタイルの変貌振りに、以前の彼を知っている人には「?」マークがあふれ、見る者を混乱と興奮に包み込む。
「モルモットタイム」と呼ばれる攻撃ラッシュが話題を呼んで現在ブレイク中。

その人気ぶりは嫉妬した小磯から、あらゆる質問に

「ぜんぶ会長のおかげです」

と強要されるほど。
おかげで名前を戻せなくなってしまった。

移籍したころは腕立て伏せが3回しかできなかった伝説を持つ。
まさに大器晩成にて今後の活躍に期待。

手書きツイッター始めました!!
@tessaigym
b004
2015.10.18 REBELS.39 ディファ有明
原島モルモット・参戦
※とらさんのすごく個人的な紹介です。多少誇張&脚色してますw
---------------------------------------------
blog01
blog02
---------------------------------------------
 
リアルタイムでのテッサイツイッターはこちら
TESSAI-Twitter

このページのトップヘ