そんな訳で
 この記事はMG(マスターグレード) No.78 「RX-78-2 ガンダム Ver.ONE YEAR WAR 0079」のレビューです。

劇中の機体解説はこちら

2d030101



(2005年3月発売)
定価(メーカー希望小売価格) 3200円
同名のPS2のゲームとの相乗効果を狙ってリリースされた、事実上の
「MGガンダム ver.1.8」キットです。




2d030102

 このガンプラ、写真撮影の時期がずれた(カメラが変わった)関係で
色合いが写真によって違ってます
↑の写真の色合いが比較的「実物」に近い色です




2d030103


 同名のゲームのCGを意識した、彩度の低い(比較的)シックなカラーリングが特徴です。



2d021502

 武器装備してない状態での機体三面図
RX-78-2の「記号」は抑えつつも各部は(特にアクション性を重視して)「今風」のスタイリングにまとめられているのが特徴





2d030109

 背面下方アップ
ランドセル部のメインノズルは大きく可動します。






2d030104

 武器は
ビームライフル
ハイパーバズーカ
ガンダムシールド
(写ってないけど)ガンダムハンマー
ビームサーベル*2

…の、極めてシンプルな構成
すべての武器を一度に装備可能です。





2d030106

 付属武器その1・ビームライフル
フォアグリップとターゲットサイトが可動します。







2d030107

 付属武器その2
 ハイパーバズーカ
キット自体の良好なアクション性能のおかげで、小脇に抱えるだけでなく肩に背負って構えることも可能です。






2d030108

 背中のランドセルに装備されたビームサーベルは、取り外して別途クリア素材の「ビームサーベル発振光パーツ」を装備することで発振状態を再現することが可能です。
 ちなみにこの写真でもわかる通り、「眼」にはホイルシールが使われていて光を効果的に反射します。
















2d030105

 コクピットハッチの開閉ギミックがあり、胴体に収納されたコアファイター状のモールドが設けられています。
ちなみにこのキットはアクション(可動)性を重視したためコアファイター合体/変形ギミックはオミットされています。








2d030110

 キットはマスターグレードとしての精微感やギミック再現よりも、「組み立て式アクションフィギュア」としてのアクション性を重視した(と言っても、初期の頃のMGと比べるとその情報量やガンプラとしての完成度は段違いに高いのですが)作りになっています。
 マスターグレードのキットとしてはめずらしく、かなりガチャガチャいじり倒してもパーツがぶれることもなく「アクションフィギュア」としてしっかり手応えのある遊びがいを得られる仕様になっています。









2d030111

 各種の武器も手のノッチにアジャストすることでしっかり保持できるのもいいですね。






2d030112

 各部の豊富かつ巧妙な関節可動機構により、ラストシーンの「ラスボスのジオングを撃ちぬくシーン」通称『ラストシューティング』のポーズも再現可能です。
(単純な肩の軸関節だとあのシーンは再現できてないのよね)






2d030113

 マスターグレードでも「ガンダム」…「RX-78-2」のプラモデルはバージョンがいくつも出ていますが
この「ver.O.Y.W」は、スタイリング・バランス・可動性・ギミック・コストパフォーマンスが「そつなく高次元でまとまっている」アイテムという印象です。
 最初に「マスターグレードのガンダム」をひとつ買ってみたい、と思われた方は、まずこのアイテムから揃えてみてはいかがでしょうか?



 個人的評価:

2d0301x