2005年06月22日

お店での管理 @オカヤドカリ生活向上委員会

3f61ae69.jpg
最近、簡易な飼育セットの小さな輸送用ブラスチックケースに閉じ込められたまま店頭に並んでいるオカヤドカリを目にします。
 
そんなことすると死んじゃいます!!
 
オカヤドカリは生き物です。餌と水がなければ当然死んでしまいます。
また、小さなプラスチックケースに閉じ込められることにより、ストレスを受けて衰弱します。
 
≪オカヤドカリを販売しているお店の方へお願いします!≫
お客様に死体や衰弱したオカヤドカリを売らないで下さい。
 

上の写真をクリックすると拡大しますので、よく見て下さい。
オカヤドカリを健康な状態で管理するために必要な設備です。
お店では、このような飼育ケースでオカヤドカリを集団飼育して下さいますようお願いします。
 
飼育ケース: なるべく大きくて蓋付きの物を用意して下さい。
 
砂: 砂利ではなく目の細かい砂(ゴマ粒くらいの大きさが良い)を敷いて
   霧吹きなどで少し湿らせて下さい。
   湿度60%以上になるように、日に何度か霧吹きして下さい。
   (底に水が溜まると不衛生ですので、表面を湿らせる程度に)
 
水: 飲み水は、とても重要です。
   また、水浴びをして貝殻の中に水を貯めておく習性がありますので
   貝殻ごと浸かれるように大き目の水場を入れて下さい。
   小さなオカヤドカリが溺れないように、小石や砂で深さ調整して下さい。
   水は、カルキ抜きしたものをお願いします。
 
餌: お店で過ごす日数が長くなれば、当然餌も必要です。
   (あなたは、食べ物なしで、何日過ごせますか?)
   ペットフードや果物、野菜、煮干などをあげて下さい。
 
シェルターや流木:
   (どうしても必要ではありませんが、出来ればお願いします)
   オカヤドカリは臆病なので、物陰に隠れようとする習性があります。
   ストレス軽減のために、隠れ場所を作ってあげて下さい。
   
   また、高いところへ登って遊ぶのも大好きです。
   可愛らしい仕草で木登りする姿は、お客さんの目も楽しませてくれる
   ことでしょう。
 

オカヤドカリ生活向上委員会は、ペットとして飼われているオカヤドカリの飼育環境の改善を目指します。
 
このページはリンクフリーです。 引用、コピーもご自由にどうぞ。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. オンライン署名簿  [ おもちゃのTOMYによるオカヤドカリ(国指定天然記念物)の「製品化」に反対します ]   2005年06月23日 22:03
呼応する愛好家はまだ幾らか存在するだろうか。取り敢えずここに投げておく。 多くの愛好家の希望的観測をよそに予定通り、そして私の予想通り、オカヤドかリの生体パック詰め商品が、今年もホームセンターや雑貨店で発売され始めた。今年はTOMYの「ハーミーズクラブ」

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔