aamall

2017年08月08日

Gopro5

Gopro5を買いました。画質が微妙で結局満足できなくて使わなくなるんじゃないかとも思ったのですが、広角が取れることと、身につけても負担にならない小型という点、あとは使ったことないから使ってみたいという思いもあったので買ってみました。カメラ機材を追加するのは久しぶり。

さて買ってそうそう使ってみましたが、使い勝手悪いですね。カメラとクリップを買ってかばんに取り付けて歩いてみましたが手ブレとかの揺れ以前に傾いていて見るに耐えない映像。電動のジンバルなどで水平を保ってくれないなら、設置には相当気を使ってやらないと傾いて見れたものではありませんね。結局追加で自撮り棒を買いました。手に持つのが邪魔ですが、癖のない使い勝手で悪くない。

4K動画も取れるのですが、2.7Kの解像度でカクカク。PCのスペック不足もあって微妙だったので1080pで使うことにしました。目当ての広角ですが、魚眼は癖がありますね。基本的に対称なもの、直線でないものなら割としっくり来るけど、直線は曲がるし、左右非対称はそれが強調されて微妙。

画質に関しては暗いところでは絶望的で、遥かに小さいであろう携帯にすら及ばなくて、10年以上まえのデジカメを使っているような感じ。ただしカンカン照りの時は割と綺麗にとれてこれは期待通り。暑いのは嫌だけどアルプス晴れてくれないかな。

tetora_w at 02:17|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月05日

キャメルバック

キャメルバック
より早く登るためキャメルバックを買いました。ホースで水を吸うというのには相当な抵抗があってみっともない格好は絶対しないと思ってたのですが、本気の登山となるとそんな見た目はかなぐり捨てて効率重視で買ってみました。

ブランド的にはキャメルバックだけど、一般的にはハイドレーションシステムという名前です。幾つかのレビューを見てるとペットボトルと同じキャップを流用できるプラティパスやポンプで加圧するガイガーリグなどもありましたが、氷を入れても結露しないキャメルバックにしました。

当初水を吸うのにはそれなりの吸引力をもって吸うと聞いていたので使い勝手の悪さもある程度は許容するつもりだったけど、先端を摘んだり、噛んだだけで水が勝手に出てくるので使い勝手は良好。水が勝手に出てくるというのは灯油を入れるポンプが液体の水位差で高いところから低いところに流れるように水が多く推移が高いうちは割りと楽に水が出ますね。

買っていきなり山で使うのは危険なので自宅で試してみましたが水量も多くかなり便利。こいつは期待できそうです。今回は夜行バスで移動があり時間が経つのでダメだけど、近場の山であれば氷を満載して冷たい水を常に飲めるようになるのも良さそうです。

その他の利点としては保温カバーを除けばペットボトルより軽く、使っていくうちに小さくなること。

逆に欠点は構造的に洗いにくいので水以外を入れると変な匂いがついたり、洗いにくい構造で水を入れても奥まったところまでは洗えないのが今後問題となりそうです。

tetora_w at 02:04|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月03日

アルプス

去年の6月頃かな、ヤマノススメでから始まってジャンダルムの動画を見た時は衝撃でした。あれ以降アルプスに行ってみたいというのがあり1年ほど運動してきたけど、いよいよ1年経って行く時期になったもののなかかな踏み切れないですね。もちろんジャンダルムは論外で行くのは比較的難易度の低い一般道ですがそれでもアルプスはある地点では岩場ばかりでどうしようもないところが来たらどうしようとか考えるとなかなか。

不可能とも思える困難があれば、無理ゲーということで諦めもつきますが、行けそうなところで恐怖心を少しガマンすれば行けるというところを引き返すのはなかなか難しいと思うわけです。

というわけで踏ん切りがつかず今年も終わりかなとか思ってたのですが、「表銀座縦走コース」なる面白そうなコースが有ることがわかったのでバスの申し込みをしてみました。決行は8/17~8/20の間でバスで1泊、山小屋で2泊の長旅です。

そうと決まれば登るための装備と写真など楽しむための装備を揃えなければ、当日までそれほど時間もないので揃えた装備に不足ないか、慣らしなどやることいっぱいです。あとはyoutubeに上がっている動画をみつつ難所、危険箇所把握とイメージトレーニング、そして地図を元に経路を頭に叩き込んでこちらも行程を想定したイメージトレーニング。

どうしようもないのが天候でこれは晴れを願うしかないですね。雨が降ったら難易度は格段に跳ね上がって見知らぬルートでガスにでもなろうものなら迷うなんてことも考えられますね。その場合は予定していたすべてを捨てて速攻下山ですね。

行きのバスと初日の宿泊先はとったけど、その後の山小屋の予約と帰りのバスを予約せねば。

tetora_w at 10:47|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月27日

登った山を分析

最初に、画像→説明の順で以下記載していきます。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
御岳山

■御岳山

最初は先日登った山、御岳山です。高尾山は余裕ということで少し長いルートを選択してみました。
なお不評でしたが、ルート的にはちょうどよい距離で面白い道ではありました。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
高尾山(最短)

■高尾山(最短)

こちらは一般的に言う高尾山。山を登ったことのない人が最初に登るに適当なコースです。ケーブルカーを使って一気に中腹まで登って頂上を目指すもよし、ビアガーデンで楽しむもよし。歩くのが短すぎて物足りないと思えるところが次のステップへと続くことを考えるとよく出来てます。お土産、神社があって飽きないのもいいですね。なおこのルート短すぎたので寄り道しました。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
高尾山(普通)


■高尾山(普通)

暇な時に思い立って登るルート。一番下から上がると初心者向きと言われる高尾山でも往復で8kmと意外と長いですね。昼から登っても余裕で帰ってこれるのが良いですね。森林の中を歩く感じで、夏でも日差しがきつくなく気持ちいいです、一番上った回数の多いルートでもあります。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
高尾山(陣馬山)

■高尾山(陣馬山)

こちらは2回ほど登りました。ちょっと陣馬山までと歩いてみたのですが、距離を見ると19.4Kmとロングトレイルですね。高低差こそないけど距離はそこそこ。高尾山もこういう登り方をすると早く登り終えてしまって物足りないということもないでしょう。初心者から中級者までカバーしてくれる万能な山ですね。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
白山

■白山

はるか昔に真っ暗になった中、下った山、白山。記憶では山小屋が頂上にしかなくて、自然が多かったイメージ。不便ではあったけど、本当の山を登った感覚がありました。距離で見るとそこまでではないけど標高が高いですね。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
富士山

■富士山(吉田ルート)

富士山の60%の人が登ってる一番人気の吉田ルート。このルートは登ったことないけど、途中山小屋がぎっしりで楽しそうです。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
富士山

■富士山(御殿場ルート)

富士山の5%の人が登ってる一番長いルート。3度登った富士山御殿場ルート。距離、高さともに圧倒的です。異様に長い5合目から7合目、そして長い8合目から9合目と延々上りが続きます。落石の危険はありますが、崖のような危険な箇所はなくただただ体力がすべてのルートです。

tetora_w at 00:11|PermalinkComments(0)clip!登山 

2017年07月24日

登山靴

登山靴を買って富士山、御岳山と歩いたわけですが、少しづつ使い方がわかってきました。下りでスネのところに体重を載せる感じで歩くと足首で踏ん張る力がだいぶ緩和されて楽になりました。いいフォームかどうかはわからないけど、今のところはこれが良さそうです。

足首が動かないことで機動力が落ちるように思えたけど、下りでは有用ということがわかり、登山靴を買ってみた甲斐はあったなと。

tetora_w at 01:14|PermalinkComments(0)clip!日記 

2017年07月23日

ヤマケイオンライン

登山の下調べていろいろ見てたのですが、ヤマケイオンラインが凄いですね。会員登録は必要ですが、登録すれば登山計画を建てられて、これがかなり使える。一般的な道であればGoogleMapで事足りるけど、登山道は道がGoogleMapに表示されなくて、平地ではないから登りと下りでコースタイムが異なる。

それら地図情報が乗ってる登山用の地図が使えて、なおかつ自分が行くコースをMAP上でポチポチするだけで分単位のコースタイムができるから計画が立てやすい。載っていないコースもあるけどそれでもかなり有用です。



tetora_w at 03:40|PermalinkComments(0)clip!日記 

2017年07月22日

御岳山

御岳山
御岳山に登ってきました。

富士山に登ったのとはまた別の友だちと上りましたが、ちょっと登るつもりだったみたいだけど結果的には結構な距離となりました。

一緒に登った人だけど、山登りの前に装備を揃えたいということで、事前に買い物に行きましたが最終的には富士山も見据えてということで靴、ウェアだけだったけど結構な出費をしてました。ちょこちょこ揃えるにはあまり感じないけど、必要な物とはいえ一気に揃えるとなると大変です。

今回は日帰りということで40Lのザックは大きすぎるので、私は小型のザックを買い直し荷物を軽量化してみました。いつも必ず持っていく雨具も当日の天気を見て置いてきたのですが、置いてくるぐらいなら最新の軽量化したものを買い直してもいいかもしれませんね。毎回思うけど、一眼は重いけど今回も持っていくこととしました。

04:30 起床
05:15 電車
07:54 御嶽駅着
09:00 ケーブルカー


駅で待ち合わせて、いつもの様に現地で地図を入手し出発準備。富士登山の際持って行かなくてすごい日焼けしたので、今回は日焼け止めを出発前に塗り日焼けに備えます。

さて駅からケーブルカーまでは歩いて移動。朝早めに出たとはいえ蒸し暑い感じで汗が出てきます。荷物の軽量化で予備を切り捨てた水1.5Lですが登山前で少し減って、途中補給が必要と思いました。

御岳山御岳山御岳山


ケーブルカーを使わずに歩いて登ることもできますが、今回はここで時間を使うわけにはいかないので素直に乗ります。でも人が多くてケーブルカーを待つこととなるのですが、搬送効率は高いみたいで割とすんなり乗れました。

御岳山

ケーブルカーを降りたところは、御岳平。降りた直後は結構な人がいて賑わってました。

御岳山

御岳山ですが、この頂上までの距離は高尾山よりも短い気がしますね。頂上には立派な神社がありますが、「御岳山 頂上929M」みたいな看板がないことが不満です。頂上に付きましたが、こんな短い距離で満足できるわけもなく、続いてはロックガーデンへと進みます。

御岳山



写真は七代の滝で少し下ったところにある滝です。低い山ですが、水は割りと豊富なのか苔が生えてるところが雰囲気があって良いですね。そして登ったところにあるのが天狗岩。前回登った時は一人だったし危なくて登る気がしなかったけど、今回登ってみると割りと簡単に登れました。写真は裏側からとったところで、登り口は傾斜こそきついけど、木の根っ子がハシゴみたいになってて登りやすいです。
御岳山御岳山


一般的にはこのロックガーデンを一周して引き返すところですが、今回は大岳山へと進みます。事前の調べて急な岩場がありかなりの困難を想定してましたが、それほどのところはなくすいすいと進みます。大岳山の近くには今は使われていない山小屋がありかつては登山者で賑わっていた感じがします。
御岳山


続いては鋸山。着いてみたけど見晴らしの悪い杉に囲まれた頂上でした、そして最後の難所である鎖場です。石鎚山の鎖を登った時のように岩にしがみついて降りようかと思ったのですが、鎖が細くロープのように自由に動かせたので自然と懸垂降下の姿勢で降りました。岩にしがみつくのではなく、体を離して足の裏で岩に立つ。
御岳山


駅から歩いたこともあったけど、最終的に距離は17Kmとそこそこ長い距離でした。

tetora_w at 03:08|PermalinkComments(0)clip!登山 

2017年07月17日

次の登山

次は御岳山に登ろうという話になり、登るならということで登山ショップに買い物のお手伝いに行きました。というのも一緒に登る人が登山の道具が一切持ってないということで買い揃えるにあたりおすすめ的なものを案内。

せっかくなら富士山も見据えて買いたいとのことでいろいろ見た結果靴まで買うこととなりました。しめて5万円なり。見た目重視で、ブランド物をかったというのもあるけど一度に買うと高いですね。

さて登るのは御岳山だけど、これだけ装備を揃えたのだから今年の夏はもう一度富士山に登ることになりそうです。例により最難関の御殿場ルートを所望してたけど、どうなるか見ものですね。この買い揃えた人だけど、前回一緒に登った人は体力がなくて、それを馬鹿にしてるところがあったけどどうなるかな。実際登ってみると体力の差なんて最初だけで終盤は延々耐えるだけなので耐えられるのかな。

前回ご来光を見るために夕方から登り始め、夜に登ったけど、眠すぎるのが辛かったから次は朝から登り始めて明るいうちに攻略するのが良さそう。日が落ちると寒くなり、厚着するには汗を書くので、温かい日中帯にのぼるのが吉です。

tetora_w at 23:29|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月16日

何持って行こうか

御岳山に登るとしたらどんな装備かな。何も持たずに手ぶらで登って降りてこられそうだけどそれだと味気ないし水ぐらいは持って行こうかな。暑いことはあっても寒いことはないだろうし、タオルぐらいかな。登山靴すら不要な気もするし。トレッキングポールを持って行って遊んでみるかな。

tetora_w at 23:49|PermalinkComments(0)clip!

2017年07月14日

形状記憶

久々にワイシャツを買いました。前使ってたのがボロボロになって適当に捨てたらいつの間にか着るものか足りなくなって、着ていく服がないとなったので急遽買い足し。いつもならドンキあたりで買って終わるところですが、ワイシャツ専門店みたいなのがあったから入ってみて買ってみました。

最初に体の大きさを図ってくれて、いま来ているサイズよりひとサイズ小さめが良いと勧められたので買ってみたのですが、買った直後はピッタリで良い感じでした。

ところが着てみると胸、背中周りがキツくて、胸ポケットが無いのですっきりしてるけど携帯や首から下げた名札の入れ場所がない。そこまではなんとかなるかなと思ったのですが、洗ってみるとシワシワ。綿100%で高品質かとおもいきや使い勝手は悪いですね。

いい買い物をしたなと思ったけど、1度の洗濯でこれは失敗だったなと。アイロンを当てる人でないと使いこなせないですね。

洗濯して干したものを何気なく今まで着てたけど、形状記憶のワイシャツはホント便利ですね。久しく忘れてました。

tetora_w at 19:45|PermalinkComments(0)clip!日記