こんにちは。esthesalon tetoteです、

先日お客様との会話で。

とある美容家がテレビでリフトアップのセルフマッサージを実践していて、同じように試してみたところ、かなり痛かったらしく、
『老廃物が溜まっているのかな??』
とおっしゃっていました。

テレビでこのようなシーンはよく見かけますよね。

果たして痛みの原因は老廃物なのか、単なる痛みだったのかは不明です。

そこで注意していただきたいことを一つ。

力加減がわからない時はスキンケアの後に
クリームを塗ってから始めましょう。

何故なら皮膚に摩擦を与えないでいただきたいのです。

リフトアップを期待するあまりチカラを入れ過ぎて皮膚をこすっていませんか?

そのような結果、刺激でメラニンが活発になり色素沈着に…。

お顔は上がっても、シミに悩むなんてことは避けたいですよね(^_^;)

テレビや雑誌でプロの美容家が正しい事を伝えていても、受け止め方は人それぞれに違います。

お顔の筋肉は非常に薄いので、強い刺激は筋繊維にダメージを与え、タルミの原因にもつながります。
くれぐれもお顔を足や肩と錯覚しないでくださいね。

チカラ加減が不安なかたは、母子丘(親指の下のふくらんだ部分)を使いましょう。
圧が分散されて心地良くマッサージできますよ!

または、お気軽にご相談ください。
サロンで一緒にコツを掴みましょう。

正しいセルフマッサージで皆さんのお顔
きっと上がります
どうか上がりますように

こんなふうに

image