tetote   tetote

ホームケア

クレンジング増量

朝晩涼しくなってきましたね。

そろそろお肌の調子が乱れてきている頃ではないでしょうか?


この季節の皮膚の状態は、ざっくり言うと、
夏に紫外線を浴びて角質が厚くなっている
ところに、秋になって外気温が低くなり皮脂の分泌量も少なくなるので、角質層の水分を維持できなくて皮膚表面がゴワゴワした感じになるんですね。

日焼けもしていないのに、なんとなく顔がくすんで見えたり…。


サロンケアでは乱れてしまった表面の角質やターンオーバーをリセットします!

毎日のホームケアではクレンジング、洗顔を見直してみてください。


以前のBlogでも書きましたがお手入れの基本は、

たっぷりのクレンジング!

と、

軽〜い、軽〜い洗顔!!

(クレンジングがパーフェクトだったら洗顔しなくてもいいくらいだけど…)


日々のクレンジングが適当だと思っているかた、

☆ いつもよりクレンジングを増量して、
いつもより1分長くお顔に馴染ませてみてください。


注)瞼は最初にアイメイクアップリムーバーを使うか、そんなの面倒な場合は、クレンジングを洗い流す直前にクレンジング剤を伸ばしてくださいね。

目にクレンジング剤を馴染ませてしまったら、早く洗い流したい衝動にかられてしまって、クレンジングを手早く済ませてしまいたい気分になりがちです。


さあっ、今日からしっかりクレンジング!

今のお肌、ますます綺麗になりますよ

image


image

紫外線対策 1

今日からゴールデンウィーク
今年は晴れの日が多いです
お出かけの時はくれぐれも紫外線にご注意くださいね。

紫外線対策っていうと日焼け止め
知ってるようで知らない、そして知っておいてほしいサンケア化粧品の常識

SPF値        紫外線B波(皮膚を赤くさせるほう)があたった時に皮膚が赤くなり始めるまでの時間

  1    =    約20分
SPF15    約5時間
SPF30    約10時間
SPF50    約16時間40分


数値が高いほど効果は高いということになりますが、日常生活では(通勤、散歩、買い物など)
SPF15~20で対応できるということになります。
お顔の場合、メイクベースやファンデーションに含まれているもので充分です。

SPF50って・・・16時間・・・日照時間より長い ・・・。
実際、SPF30以上はあまり効果が変わらないと言われていますので、最近では30前後が一般的です。
そういえば、10年ほど前にはSPF100なんていうのもあったりで、消費者心理としては、
なんとなく数値の高い方を選んでしまいがちですよね。

レジャーなどで長時間外出する場合、日焼けを気にしていつも使用しているものより
あえてSPF値が高い日焼け止めを購入した方がいいのかということをお客様から確認されます。

SPF値の高い日焼け止めには、紫外線を吸収させて皮膚への浸入を防ぐ紫外線吸収剤が入っています。
これが面倒なことに、肌荒れの原因になったり、皮脂に悪影響を及ぼしたりするのです。
また、汗などで落ちにくいのが特徴で、長時間の場合それだけお肌への負担が大きくなります。

そういう理由からも、これからの季節長時間外出する場合は

・   SPF値 30前後
・   直射日光は帽子、サングラス、日傘などで避ける
・   外出から戻ったらすぐにメイク落とし
     汗やほこり、紫外線で皮膚表面は酸化しています。雑なクレンジングはザラツキや乾燥の
     原因に
       *おススメはクリームタイプのクレンジングを2回
           ・ 1回目はたっぷりのクレンジングでササッっと表面の汚れを落とすつもりで
           ・ 2回目もたっぷりのクレンジングでゆっくり、やさしく、しっかり             
・   化粧水の量をいつもより多く
     

そうそう、     
20年くらい前から、本来オゾン層に吸収されるべきUVC波がオーストラリアでは深刻な問題になっています。
そのオーストラリアで認められているSPF値の上限は30なんですよ!!
紫外線は極力避けたいけど、過剰に反応してかえってお肌を傷めることのないように気をつけてくださいね。

では、楽しい休日をおすごしください

ゴールデンウィークお仕事のかた…私も働きます








    

お肌に刺激を感じたら



最近サロンでのお手入れ中に、お客様のお肌の乾燥が気になります。
今日は今の季節のお肌の状態と注意点について

3月から4月は、気温の上昇にともない、皮脂と汗の分泌が盛んになり、皮膚の新陳代謝も活発になってきます。
でも冬の間、直射日光に当たる機会が減っていた皮膚は、日光に対する抵抗力が弱まり、ちょっとした日焼けでもトラブルを起こしやすくなっているうえ、外出の機会も増えるので、ホコリや花粉など外からの刺激を受けやすく敏感になっています。
真夏だと完全防備を心がけていても、気をゆるしてしまいがちなのがこの季節。


お肌が敏感になっているな…と思った時に、一番注意したいのが刺激
刺激はメラニンを活発にさせる原因にもなるので色素沈着につながることも・・・
肝斑を気にしている方は特に注意が必要です。

・クレンジングはいつもより量を多めに取り、お肌と手の間にクレンジングを挟むように、軽くゆっくりと。
 量が少ないと、擦っているのと同じで、かえって刺激を与えます。

注:この時、頬が上下に動くようだったらまだ足りないかも。
  拭き取りはしないで洗い流してくださいね

・洗顔はしっかり泡だてて、これも頬と手で泡を挟むように軽く
注:間違っても皮膚の上で泡だてるようなことはしないでくださいね。


フェイシャルのお手入れで初めてサロンにご来店いただいたお客様に、ご自宅でのお手入れ方法を
お伺いすると、クレンジングをさっと終わらせて、洗顔しっかりというかたが多い事に驚きます。
お手入れ後、まずお伝えするのはクレンジングの大切さです。
化粧品メーカーによって使用方法はさまざまですが、(クレンジングと洗顔が一つになっているものや、クレンジングの無いメーカーも)それはそれとして、クレンジングをがお手入れのわき役となってしまっているかた、
一度試してみてくださいね






フェイスマスク

140321_230443沖縄旅行に行っていた友達がお土産持ってきてくれて~

←その中の一つがこれ。
キュートなパッケージの中にはフェイスマスクが


近頃ホームケアの定番的な存在になりつつある、ローションマスクや美容液マスク。
ドラッグストアでも気軽に購入できますよね。

そこで今日は、効果を高める為のワンポイントアドバイス。




140417_105435だいたいどれもこんな形

ただ、人によって顔の形とパーツの位置は違うもの。
パックの形と合わず、わずらわしい思いをしているかたも多いのでは?

特にアラフォー、アラフィフ世代にとって一番ケアしたい肝心の目の周り、法令線付近が
貼り付けても貼り付けてもすぐに空気が入って浮いてきますよね。

そんな時
こめかみ部分を手でちぎって
しっかり下まぶたに合わせて、はい出来上がり。

パッケージに残ったローションは首へ・・・

これで隙間なく水分補給。
明日の朝はプルプルお肌。鏡を見てニンマリ笑って出かけてくださいね




タグクラウド
  • ライブドアブログ