久しぶりの更新です。

さて今回は9月12日にWindowsの更新プログラムが配布された、Windows(KB2735855)の更新プログラムについて書かせてもらいます。

インストール後に動画サイトを開き再生すると途中で止まったり緑の画面になる現象が起こりました。

初めはWindowsやInternet Explorerやネット回線が原因だと思い、Adobe Flash Playerを更新したりブラウザのキャッシュ(Cookie・一時ファイル)を削除してみたり回線速度を測定してみました。他のブラウザでも試しましたが、症状は変わりませんでした。

Windows(KB2735855)の更新プログラムをアンインストールしてますと症状が改善しましたが、この更新プログラムは Windows の不具合を修正するものなのでそれは避けようと思い、再インストールしました。

ネットで検索してみると同じ症状で困ってる方が沢山居ました。

すると、ある投稿に目がとまりました。 セキュリティーソフトESET Smart Securityが原因の可能性があると書かれていましたので、一度ESET Smart Securityをアンインストールしてみました。

すると、症状が改善しましたのでもう一度、再インストールして色々と試してみるとWebアクセス保護の「HTTPのチェックを有効にする」のチェックを外す、または対象外のアプリケーションの設定の.[Webとメール]→[プロトコルフィルタリング]→ブラウザ(InternetExplorerなど)チェックを付けると改善しました。

上記の操作を行いますと、利用のブラウザにて発生した通信は監視対象外になりますが、リアルタイムファイルシステム保護機能にて常時監視してますので、大丈夫です。

ESETに症状改善の更新プログラムを期待したいです。