はーくの鉄道日記

鉄道撮影・鉄道模型工作のブログです。西日本中心でしたが、この頃は地域関係なく撮ったり作ったりするようになっています。Since 2006.5.12

35系4000番台、 KATOとTOMIXの競作に!5

TOMIXからも新製品発表がありました。
temporary

6D47B541-5447-46BF-9D92-994F75A957D2
TOMIXからもやっぱり来ました、35-4000系!

TOMIXからは出るだろうなと思っていました。
ただ客車に合わせてC56かD51の製品化が付いて来るだろうと思った予想(期待)は外れました。

D51498以外現役復活蒸機を出してこなかったKATOからの製品化のほうが予想外でした。
KATOはC57旧製品+12系茶色以来のやまぐち号への「参入」です。

35-4000系はKATOのほうがいい出来になるんじゃないかなと予想しています。
24系を見てもわかるように、 KATOは細部表記印刷済み、車端部床下機器再現ありで来るでしょう。以前はKATOの弱点だったベンチレータも別パーツにするでしょうから。展望デッキの柵をどちらが繊細に表現するかも注目です。

KATOからC57の1次型も発売されますし、C571の製品化も期待したいですね。
KATOを去年の重連運転時の赤プレ特別仕様、TOMIXのC57を普段の仕様にすれば2台持っててもOKですからね。

KATOからは更に注目の新製品が発表されていますが、それはまた改めて触れることにしましょう。

昨年は7〜12月に毎月山口へ行くという入り浸りっぷりでしたが、今年も幕末維新150年関連で様々なイベントがあるでしょうから、山口へ何度も出向くことになりそうです。

KATOからD51200・35-4000系製品化!!5

1A914615-B8C3-4228-89B4-14F8DA93D89E
9931E8B6-54DF-439B-A4B3-3E1F7FD99359
KATOから、D51200・35系4000番台「やまぐち」号が製品化決定!!
temporary3
TOMIXのC57との重連は難しそうですね…

夕方にはTOMIXからも製品化発表があり、目が離せません!

GM・キハ110系の床下をKATO製に換装5

サロンカーあさかぜ撮影の後、一気に寒くなりました。よほどのことがない限り、もう外で撮影する季節じゃないなということで、模型製作のほうにシフトしてきています。
ただ、今月は引っ越しがあったのでそれで手一杯でした。
その引っ越しと関係があることなんですが、TOMIXの223-2000系と線路一式が今週末到着し、鉄道模型歴20年の節目にふさわしいHOデビューとなります。TOMIXの超絶イケメンの223系を走らせたいがために引っ越しをしたと言っても過言ではありません(笑)。
HO情報室などを見ていると、本当にほれぼれする出来で。
DSC_2717-1
TOMIXの223-2000系とマイクロの223-6000系って実車に忠実な顔つきだから、格好良く仕上がっているんですよね。

一度も記事にしていない車両がいろいろありまして、そのうちの一つがGMのキハ110系。
PC270121-1
陸羽東線・陸羽西線・秋田リレー号の3色を買っていました。
どの色もかつて塗装済みキットで発売されていましたね。陸羽東線はキハ110のなんちゃって仕様でしたが。
引き戸車の200番台が発売されてから、楽しみに待っていた製品です。
PC270112-1

PC270113-1
秋田リレーはキハ111・112入りのセットを購入。秋田リレー用の300番台はキハ110の方が多かったのが意外でした。しかも7連運用もあったと知って更に驚き!

PC270115-1
GMの床下機器はレリーフ状で重厚感が全くないので、KATOの床下にごっそり交換しました。DT50で代用された台車も正規の形状になりました。それにコアレスモーター動力はTOMIXの常点灯にも対応しておらず運転しづらいので、これで一石三鳥というわけです。
PC270114-1
トイレタンクは車端部に移設。
屋根はクーラーが屋根板と一体成型だったので塗り分けました。

KATOの床下に交換する作業は陸羽東線が完了し、あと6両に順次行っていきます。
300番台はリクライニング座席を再現しないといけませんね。

PC270118-1
次回は同じく東北の気動車、TOMIXのキハ40系男鹿線の整備についてご紹介します。

「あさかぜ」マーク、山陽本線に再び!5

2005年2月28日から12年半の時を経て、「あさかぜ」のヘッドマークを掲げた列車が山陽本線に帰ってきました!

3298AB44-FA55-48AA-92D3-70A08291C951
中学生の頃、どうしても乗りたいと親に頼み込んで乗った最初のブルートレインがまさにこの「あさかぜ」でした。
もう二度と会えないと思っていましたが、こんな形でまた会えるとは。本当にありがとう。

765FF589-2246-43E5-8DE2-BBE22A4B43A5
下関発着の寝台列車は、「あさかぜ」から「瑞風」へ受け継がれていますね。

今日も天気に恵まれました。本当に本当に素晴らしい撮影旅行となりました。

(追記)
DSC_3400
DSC_3415
最後は姫路で見送り。

昨年のあかつき、今年のだいせん、出雲、瀬戸に続くブルトレリバイバルでしたが、来年もこのようなすばらしい企画列車が走ってくれることを期待したいと思います。

12月も走る「やまぐち号」5

「サロンカーあさかぜ」撮影後は、夜通し運転して疲れたので湯田温泉でゆっくりする予定でしたが、あまりに天気が良かったのでやまぐち号を往路のみ撮りました。
8C7B475F-5887-4874-881C-FECE189E1413
35系デビューの9月初め以来に見る、やまぐち号と青空の組み合わせ。
ナンバーはやっぱり黒色に戻されていました。
10月末のグリーン車乗車時も11月末の重連時も晴れませんでした。
一週間こそこの天気が欲しかったと!

山口DCに合わせて12月末まで期間延長されているやまぐち号。 C56と雪との組み合わせは見られるのでしょうか…?

朝日に輝く「サロンカーあさかぜ」5

サロンカーあさかぜは下関9時着ということで、山口県西部では沿線撮影ができました。
image
朝からすっきりと晴れ、とても美しい姿を記録できたと思います。
image
6時間かけて夜通し車を運転した甲斐がありました。今日の天気よありがとう…。

よみがえる「あさかぜ」5

昨年のサロンカーあかつき以来、1年ぶりに山陽本線で客車夜行が運転されています。
そして、あさかぜが12年半ぶりに帰ってきました!
EE5BFEBB-9A34-411A-AE42-E904BB54E349
EF65-1133+14系サロンカーなにわの「サロンカーあさかぜ」!
EF66がもういないのは寂しいところですが、
45C2E4C2-0E18-4E20-9FB2-8DC7A7303B8E
このマークを再び見られる日が来るなんて、本当に嬉しいです。
EBA3AC55-80D8-4CCE-B496-E9CCE2295261
山口で素晴らしい朝を迎えられることを期待しながら、西へ西へ。

image
image
昨年のサロンカーあかつき。

D51+C57の重連やまぐち号!4

temporary2
D51200とC571の重連運転が行われた昨日のやまぐち号。
国鉄時代のC57+C58以来となった大型蒸機同士の重連は大迫力でした!

(往路)
temporary4
長門峡→渡川
temporary3
徳佐→船平山

(復路)
temporary1
津和野→船平山
復路もしっかり曇った上に一時小雨も降り、普段のC57単機運転なら切り上げて帰るくらいでした。

1A914615-B8C3-4228-89B4-14F8DA93D89E
土曜と違い日曜は最初から最後まで晴れませんでした。

この土日、沿線の道路は大渋滞でした。C57+C56重連よりずっと多かったです。
特に土曜朝の宮野での道路工事による交互通行は何で今日やるんだよと思いました。通り抜けるのに30分以上掛かって、大山路で撮ってから追っかけするのは無理だったんじゃないかと思います。

これほど多くの人が押し寄せたのは、年内にD51を見られるのがこの土日だけで、次にいつ登板するかが分からないからでしょうね。
来年以降は東日本のSLみなかみのように2機で半分ずつ受け持つのか、それともC56のようにたまに山口に来て走る程度になるのか。
やまぐち号の重連運転が年々減っていた理由が運転費用が嵩む等ではなく、単にC56の不調ということなら、D51に切り替わったこれからは夏休み時期に数日設定されるようになると思います。
今回は天気が悪かったので、来年の運転に期待したいと思います。日の長さと風景の美しさを考えるとやっぱり5〜9月がいいですね。

さて、D51200とC56160、35-4000系の製品化はまだかなぁ・・・C57と重連運転したいのでできればTOMIXからお願いしたいところです。

D51200初日のやまぐち号(復路)5

1A914615-B8C3-4228-89B4-14F8DA93D89E
D51復活初日の復路は薄日が差しましたが、夏と比べると弱いですね。
temporary
9/3のやまぐち号

長門峡あたりでは完全に日が落ちてしまうので復路は難しいです。
D020D200-BEE4-454E-882C-B1833F1F5EA1
津和野転車台
ボイラーが大きいので迫力がありますね。

387C789B-557F-41A3-8BCC-D9429DA69B63
今日は曇るのか、それとも晴れるのか…?

D51200、やまぐち号でついに本線復活!5

D51200、今日のSLやまぐち号で本線復活を果たしました!
不具合等で35系新型旧客との同時デビューには間に合いませんでしたが、今日無事に津和野まで走ってくれました。

「鉄道ファン」の記事を読むと、関係者の方々が困難な問題を一つ一つ乗り越えて今日の復活があったんだと思いますね。

9931E8B6-54DF-439B-A4B3-3E1F7FD99359
長門峡→渡川
力強く長門峡を発車!
D06BA193-6E9A-4622-B6F5-F1E9B518E4D3
新しい客車に、新しい機関車。新生やまぐち号ついに実現!

840D7BC8-CF79-4FE6-9110-6B0B09AA4DAD
地福→鍋倉

今日の復路も、そして明日の重連も無事に走り切ってほしいと思います。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

[お知らせ]
このブログの写真・文章の転載・使用、リンクの設定には事前承認が必要です。無断での使用を禁止します。
コメントは承認後公開制です。個人的な連絡の際は「非公開で」と一言添えてご利用下さい。
QRコード
QRコード
ブログ内記事検索
過去の記事(月別)
  • ライブドアブログ