はーくの鉄道日記

鉄道撮影・鉄道模型工作のブログです。 旧「サボり人の日記」から、10周年を機に改名しました。Since 2006.5.12

阪急今津線の新顔、5010Fと7013Fリニューアル車5

今朝はおなじみ今津線に新顔が入ったということで撮りに行ってきました。
DSC_1608-2
神戸線の5010Fが6連化されて今津線用となり、週末から運用入りしています。
3000系と被ってしまいましたが、また改めて順光でばちっと撮る機会を作りましょう。
DSC_1604-2
7001・7003Fと今津線に転属してきたものだから、次も7000系だろうと思っていたらまさかの5000系。
DSC_1602-2
ヘッドマーク付5000Fの準急。 本線の5000系も順次今津線に越してくるんでしょうか。
DSC_1609-2
7000系は7013Fがリニューアルを終え、今朝から運用入りしました。早速今津線に来てくれて嬉しいですね〜

京都線の7300系のように貫通扉窓が大型化され、床下機器はインバータ制御に更新されました。7000系では初の形態です。貫通扉窓が下方に伸びたことで、7010・7020Fに比べ若干間延び感がなくなりましたね。

DSC_2073-2
GWまで運転された7017Fの嵐山直通特急「とげつ」。未掲載だったので貼っておきます。

高徳線でキハ47を撮る5

ブログも10周年を迎え、多くの人に見られるようになると仕方ないのかなと思うところですが、
初めてにもかかわらず、何の挨拶もなく、質問してくる人が時々います。そういうコメントは削除させてもらっています。模型をどうするか質問する前に、まずは自らの言動に問題がないか考えたほうが良いと思いますね。自分の言動を顧みられない人が、何かを上達するのは難しいんじゃないでしょうか…

梅雨入りの前に実車の撮影をしておきたいので、模型の製作は後回しにしてちょっと四国まで。
DSC_1592-2
(池谷〜勝瑞間)
ダイヤ改正後四国唯一の配置となった、徳島のキハ40系を撮影してきました。続きを読む

久々に阪神線内で撮影4

山陽と阪急はよく撮影するんですが、阪神は山陽線内で特急は撮れてしまうので余り出向くこともなく・・・
乗車した際に茶色の近鉄5800系が来たので、久々に撮ってみることにしました。
DSC_1509-2
三宮で折り返してきた快急奈良行き。この塗装に逆光って最悪ですね(笑)。
DSC_1514-2
見事に順光、上の編成も下ってくるところを撮りたかった…
DSC_1515-2
9300系に続き、9000系にシングルアームパンタ編成が出てきたので、5500系もその内換装されるかもしれません。
DSC_1517-2
当たり前のように走っていますが、5700系の登場であと数年で消えてしまう5000系。武庫川線の朱いやつも一度乗っておかないと!
DSC_1519-2
最後は阪神車で最もお気に入りの1000系で。

大石駅から近くにある、この春開業した摩耶駅も見に行きました。
DSC_2123-2
DSC_2121-2
下り外側線は、線路間のロープもなく、緩くS字になっており、いい感じに撮れます。ホームも広く構図も取りやすいです。

2016年5月12日 ブログ開設10周年5

「サボり人の日記」・・・10年続くとは思っておらず、当時の自分はこんな適当な名前を付けてしまいました。
今日からブログ名を「はーくの鉄道日記」に変更します!
DSC_1500-3
初めはほんの興味本位で作ったこのブログ、とうとうここまで来てしまいました。
2006年5月12日に始まったこのブログは、10周年の日を迎えました。

振り返ると、人生の中で10年継続していることって、あまりないなと思います。
こうして10年間続けられたのは、一番の趣味の鉄道について書いていたからでしょう。
そして、ブログというものが自分の性にあっていたんだと思います。
ホームページのような設計が不要で、twitterのように、過去の投稿がすぐに埋もれてしまうことがありません。何年も前の記事でも、検索で必ず引っかかってくれます。どこにいても見られる、自分のためのwebアルバムとしての役割もあります。
さらに、短文投稿のSNSではありがちな、感情に任せた投稿や一部の文章が切り取られて一人歩きすることもありません。公に出すに恥ずかしくない内容の記事を作るよう心掛けてきました。
道理の通らない主張をしたり、他者の趣味を見下したりすればそういったブログは支持を得られず、結果的に長続きしないと思うからです。

この10年の間に、ブログというものはずいぶん下火になりました。良い記事を見つけても、トップページに行くと最新記事が数年前で止まっていたりするブログにも多く出会います。
そういう中でも、ブログ名での検索が多くなり、アクセス数が増加傾向です。ライブドアブログの鉄道カテゴリでは、ほぼ常時10位以内に入るようになりました。
しっかり評価されている証だと受け止めて、これからも変わらぬ姿勢で記事を書きたいと思います。
「表に出すからには、もっと良い写真を撮ろう、もっと良い模型を作ろう」…そういうモチベーションが趣味を豊かにしてくれたと思います。

次の10年、どうなっていくのだろうか・・・
ブログの容量はあと190年分あるようですが、自分自身は、中学・高校・大学生、そして社会人へと変化し、その間に予想だにしないこともありました。そして、次の10年の間には、自分にも家族が出来るんだろうなと思います。たとえどんなに忙しくなろうと、趣味を続けたいです。趣味は生活の原動力ですからね。
誰かから与えられた場所ではなく、自分の家に、ジオラマを作るという夢もかなえたい。

DSC_1503-3
これまでの10年よりもいい10年にできるように、趣味の質を高めていきたいと思います。
2006年末、約150両しかなかった車両は、今や北はキハ261、南は485系RED EXPまで、1200両を超えています。車両の数はずいぶん揃いました。これからは、今ある車両にどれだけ手を掛けられるかが大事になると思います。いつか自宅にできるだろう舞台に、立たせる役者を育てておかないと。

10周年を迎えた今日から、ブログ名も新たに始めたいと思います。
次回は引き続き227系の整備、「クモハ動力化」の記事になる予定です。

TOMIX・キハ47新新潟色整備完了4

たまに利用していた三宮のポポンデッタがハーバーランドのumieに移転するそうで。
休日こそ大人が行けば、子供たちに囲まれて大人げない姿をさらしてしまうことになってしまいますが(笑)、平日の夜などは静かに運転できてよかったんです。駅前だからジョーシンに行く際に寄り道できましたし。
あのフロアはメガネ屋と本屋しかなくて元々人通りも少ないので、駅前の高いテナント料を払う割にお客さんが入らなかったのかもしれません。駅から遠いumieになるとちょっと行くことが少なくなりそうです。
かつてあった新長田のカフェトレーノさんといい、神戸では使いやすい貸しレイアウトが長続きしないですね。
P1110041(1)
カフェトレーノさんのレイアウトを走る、かつての「なは」編成(個室改造車は自作)。
現在のなは編成→こちら

3月末に買っていたキハ47-500新潟色・赤の整備が完了しました。
DSC_2133-2
前面のタイフォンはライトグレーと茶色で塗り分け。
DSC_2131-2
キハ47-1515
DSC_2132-2
キハ47-517
227系などと同じくATSや所属表記を貼り付けて、床下機器を塗装し、動力車カバーは空洞部を塗り分けました。半自動ドアのボタンも取付。車体中央のサボはインレタが手に入ったら再現します。

DSC_2134-2
特急型だけではなく普通列車も少しずつ増えてきた新潟組。


227系も第1編成に続いて残り17両を順次整備中です。
合計20両・都合5編成の編成と行先の内訳は、
←Y快速・広島 A-03 Y快速・広→
←R普通・岩国 A-22+A-xx(整備中)+S-07 G普通・糸崎→
←Y普通・広島 S-16+S-05 G普通・白市→
←未定 A-xx(整備中) R普通・広島→
←未定 S-01(整備中) 未定(可部線用)→
ということで、2連2本が改造の上動力化の予定です。
P5090017-2
P5090018-2
赤と緑の方向幕もきれいです。
227系用シールが出たら、快速・岩国とか、普通・徳山とかを再現したいですね。どこかから発売お願いします!(笑)

手柄山から姫路城と新幹線を俯瞰4

営業運転開始後の山陽6000系を撮った後は、新幹線を撮りに手柄山へ。
手柄山へ行くのは2011年に姫路モノレールの展示を見に行って以来だと思います。その時は新幹線を撮ってないので、地元ながら今回初めてでした。
DSC_2093-2
お城との構図って、
CSC_0803-1
ここを連想しますね。
DSC_2094-2
九州新幹線は全通して5年になりますが、未だに新八代以南しか乗ったことがありません。それもリレーつばめ時代のことです。
東北・北海道新幹線の方が先に全区間乗車するとは思わなかったですね。

お城のある地域に住む者として、熊本や熊本城の復興のためにささやかながら募金させていただきました。よみがえった熊本城を新幹線で見に行ける日を楽しみにしています。

DSC_2096-2
GWの増発のためか、目の前で新幹線が離合する様子が何度も見られました。
DSC_2100-2
日が暮れてくると側面に日が回らなくなったので切り上げました。
DSC_2107-2
DSC_1990-2
西宮の新幹線公園にて。

TOMIX・227系1編成目整備完了5

模型記事は1カ月以上前のキハ47新潟色以来ですね。お待たせしました。
DSC_2141-2
2012年はTOMIXの225系、2015年はマイクロの223系と、4月末はなぜかJR西の近郊型の新作がよく発売になりますね。去年は223系で机がいっぱいでしたが、今年は227系でいっぱいです。

1編成目、呉線快速用3連の整備が終わりましたのでご紹介します。
主な加工点は、
●低すぎる前面種別幕の位置を改善
●座席・台車・床下機器を塗装
●クモハ226のトイレタンクなど、車端部機器を取付
●車端部のエンド表記や所属表記など、細部の表記を貼付
です。

P5060015-2
製品は225系と導光材部分が共通のため、227系では中央の種別幕の位置が低くなってしまい、アンダーラインが見えづらくなっています。そのためかさ上げして、目線を落としても幕全体が見えるようにしました。
P5060013-2
特徴的な赤い座席も再現。優先座席シールは実車同様車内から貼り付けています。
P5060014-2
車端部機器を再現し、重厚感を出しました。マイクロの223系やTOMIXの287系と同様に、中間部にも車体マウントカプラーを使うことで実感的な連結間隔になりました。
P5060012-2
ATS表記は製品に付属していますが、「広ヒロ」などの所属表記は自分で足さないといけません。521系3次車以降の新型車両では、側面に所属表記が貼り付けられるようになっているので、ここは再現したい部分でした。

各形式の側面写真です。
DSC_2128-2
クモハ227‐3
DSC_2127-2
モハ226‐3
DSC_2129-2
DSC_2130-2
クモハ226‐3
新型車両は足回りを加工すると見違えますよね。TOMIXは元々車高が低いので重厚感が増します。
DSC_2140-2
一番重厚感あるのはマイクロの223系ですかね。これは実車並みに車高が低いです(笑)。

手持ちの各形式と記念撮影しました。
DSC_2139-2
広島に試運転に来ていた223‐6000系と並べて(本当は1パンタのMA21ですが)。
DSC_2143-2
貨物に遅れること1年半、旅客にもJR型が…
DSC_2144-2
おいJR型は前からいるよと、キハ120に言われそうです。
DSC_2138-2
TOMIXもJR西の新世代車両をこれだけ出すようになるとは。
P5060016-2
227系は当初予定からさらに5両増やし、3連2連各4本の計20両体制にすることにしました。
125系2両、321系14両、225系46両、287系16両を足すと0.5M採用形式で合計100両近くになるんですね。
DSC_1311-2
0番台の素晴らしい出来を知っているので、225‐100系もTOMIXからぜひお願いしたいところ!
DSC_1082-1
というわけで、残り17両についても同じ水準で仕上げて、早く本線用8連や2+2連を再現できるようにしたいと思います。

営業運転開始の山陽6000系、シーサイドを走る5

キハ47新潟色と227系の模型記事の予定でしたが、変更してこの記事を先に投稿します。

先月17日、試乗会に招待され乗車した山陽6000系は、そのわずか10日後に営業運転を開始しました。
試乗会では強風のため予定の姫路〜明石間から、姫路〜網干間に変更されました。試乗会では叶わなかった本線での車窓を眺めてみたくて今回乗車しました。
DSC_2083-2
(滝の茶屋)
今日は第2編成の6001Fでした。試乗会では6000Fだったので、ちょうどよかったです。
DSC_2079-2DSC_2080-2
明石海峡を後ろに/須磨浦ロープウェイ「やまひこ」との競演
DSC_2081-2
あまり意識してなかったけどクーラーが2台搭載なんですね。山電では初めての形態です。
DSC_2086-2
副票には「seaside express」。青い空と海が広がる須磨や滝の茶屋を走る姿は素敵ですね。
DSC_2087-2
車内の中吊りはこの通り、デビューの広告だらけ。LCDに地元の駅名が表示されたときは感激しました。
DSC_2089-2
(大塩)
停車時、先頭車はヘッドライトとテールライトを同時に点灯していました。これは仕様なのか運転士の操作なのか…?
DSC_2091-2
(手柄)
幌の付く側がやっぱり格好良いですね。
山陽6000系の運転時刻は公式ページで公開されていますので、まだ撮られていない・乗られていない方は是非!

京都鉄道博物館の屋上から5

DSC_2050-2
前身の梅小路蒸気機関車館の閉館から8か月。どう生まれ変わったのかがとても楽しみで、開館3日目に行ってきました。
混雑回避のために連休最終日の夕方に入館しましたが、のびのびと楽しむことができました。

DSC_2039-2
DSC_2043-2DSC_2041-2
展示もなかなかしびれましたが、
DSC_2060-2
展望デッキからの眺めがとても気に入りました。
GWとあって次々と700系が通過していきました。
DSC_2062-2
増結された287系「くろしお」
DSC_2059-2
中間に貫通型先頭車が入った「スーパーはくと」
DSC_1993-2
同日Sはくとは両端が貫通型の編成がいました。マイクロが発売するセットと同じですね。
この日は貫通型がフル稼働、しかもずいぶんイレギュラーな編成になっていた、という小ネタでした。
DSC_2032-2
帰りに117系国鉄色を撮って終わり。

次回は整備が終わったTOMIXのキハ47新潟色・赤と、加工が進む227系をご紹介します。

新函館北斗―函館間の普通・快速列車4

北海道新幹線開業と同時に電化された函館本線函館近郊を走る、733-1000系とキハ40を撮影しました。
DSC_1952-2
(大中山)
「はこだてライナー」の6両編成は新幹線開業直後くらいで、2日間の中で見ることはありませんでした。北海道新幹線は通勤需要があまりないので、増結があるとすれば昼間でしょうか。
続きを読む
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

[お知らせ]
このブログの写真・文章の転載・使用、リンクの設定には事前承認が必要です。無断での使用を禁止します。
コメントは承認後公開制です。個人的な連絡の際は「非公開で」と一言添えてご利用下さい。
QRコード
QRコード
ブログ内記事検索
  • ライブドアブログ