P7070250-2
先月末に発売されたKATOの381系「スーパーくろしお」(リニューアル編成)。
P6280248-1
製品発売4日前になってやっと試作品が出てきましたが、オーシャンブルーが水色寄り過ぎると物議を醸しました。
色んな光の当たり方で撮られた写真が上がってきましたが、色んな色に見えて実際手にするまでなかなか不安でした。
P6280247-1
DSC_2158-2
381系くろしお色は、約3年前に後藤総合車両所公開で見たのが最後で色の記憶が曖昧になってきていますが、381系のオーシャンブルーは283系と共通です。283系を見ると、やっぱり「緑が足りない」と思いました。

ちなみに製品ページでは「エメラルドグリーンとアイボリーを基調とした」と紹介されていますが、ほぼ緑色が入っていない水色になったのはなぜでしょうか・・・
P6280249-1
オーシャンブルーの色調以外の印刷そのものは「ゆったりやくも」同様とてもきれいで、やくもとは異なるクロ380のスノープロウなしスカートや、貫通路塞ぎ板が新規部品で正確に再現されています。
FullSizeRender
日陰の自然光下(上:製品状態 下:塗装後)
FullSizeRender
昼白色蛍光灯下(全て塗装後)
P7070253-2
FullSizeRender
103系や113系の青22号と
デジカメとiPhoneの2台で撮影した写真を載せていますが、製品との違いが伝わるでしょうか。

緑が強いTOMIXのくろしお色との中間を狙って調合しました。持っていないので確認できませんが、マイクロの283系に近い色になっていると思います。

FullSizeRender
側面方向幕は点灯化します。
車体色だけでなく、室内、灯火類の再現にも力を入れて完成させます。

TOMIXの117系とこの381系にかかりっきりで、381系と同着だったKATOの225系100番台に全く手を付けていません。
今週末、381系の続きとあわせて記事にしたいと思います。