↓ランキング投票に参加しています.ご協力よろしくおねがいします.
ranking

ファイザー製薬の,「新薬開発失敗報道」に思う

治験中の,高脂血症治療薬の失敗が明らかになり,8億ドルが水泡に帰したという報道がふと目に止まった.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原文Forbes.com,邦訳,日経BP HPより一部引用

「製薬最大手の米ファイザーが、非常に有望視されていた医薬品の開発を中止する決定を下した。臨床試験の結果、服用によって死亡率が増大することが明らかになったためだ。ファイザーにとっては手痛い開発中止となった。問題の薬はトルセトラピブ(torcetrapib)。いわゆる「善玉」(HDL)コレステロールを増やすことによって心臓発作や脳卒中を防ぐ薬だ。
 米ファイザー製薬は米国時間12月2日夜にプレスリリースを発表し、被験者1万5000人を使った臨床試験を中止せざるを得なくなったと明らかにした。3年前に開始したこの試験は、トルセトラピブが心臓発作を抑え、患者の生命を救うことを立証するはずだった。ところが、臨床実験をモニターしてきた独立の委員会 が、「薬を投与した患者は、投与されなかった患者より、死亡や心血管障害の率が高い」と報告した。これによって、トルセトラピブを市場に出して成功を収めるというファイザーの希望は、完全に打ち砕かれた。」

 ファイザー製薬(米)は,現在、世界売上1位(2005年、売上高約513億ドル)の製薬会社.そう,あの有名な世の多くの男性(&女性?)に幸せをもたらした「バイアグラ」を開発,販売している会社でもある.

 新薬開発,1つの「商売になる」いい製品の開発には,日本円で100億を軽く越える,巨額の費用と10年の歳月が必要とされる.しかも,この事例の様に,“治験途中で中止”に陥るケースが後を絶たない.

言葉は悪いが“高レバレッジ大ばくち” 

文字通り”生命を賭けた究極ギャンブル”な世界と思う.

成功すれば,投資コストの軽く100倍の収益.目には見えないミクロの世界で繰り広げられるビッグマネーの戦い,勝敗を決めるのは分子のちょいっとした気まぐれひとつ,結果を知るのは神様のみぞってとこだ.

さあ,張った張った.この薬が成功するかどうか,いっちょ,賭けませんか.

勝てばでかいよー,さあ,どうです.そこの旦那.一口乗りませんか.勝てば最低賭け金の100倍リターン保証つき,20年分割払いってとこでどうだ.悪くないでしょ.負けても賭け金失うだけ.よっ,お金持ちぃ.
株式投資なんかチンケで馬鹿馬鹿しい.あれは短期で100倍保証なんか,ほとんどあり得ないじゃないですか.信用全力二階建て買いしたって,勝てる額なんかたかが知れてる.NK225先物取引でもレバレッジ50倍ぐらいでしょ.

(不謹慎と怒らないでください.これはあくまで例えです)
(大手有力製薬会社のPERが高いのは,少しはこういう要素(夢,希望,世欲望)も株価に織り込まれるからと,思います.バイオ系企業の一部で,海のものとも山のものともよくわからない材料に反応してみられる,法外な高騰も,似たようなものですね)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて冷静に.

治験の過程で「死亡率が高かった」ってことは,失われなくて良かったハズの命が,少ないかもしれないが,失われたのは,紛れもない事実.

 同社は,現在「リピトール」という年間120億ドルの売り上げを誇る,ドル箱製品の後継として,トルセトラピブの開発に大きく期待をかけていたとのこと.リピトールはあと数年で特許が切れるので,同社がハイリスクを承知の上で,トルセトラピブに賭けざるを得なかったのは,ある意味当然.

 巨額開発コストはかかっても,成功しさえすれば,その数十倍の売り上げを,特許の切れる20年先まで毎年得ることが出来る.その間に,次の有望な新薬を開発しなければならない.一種の自転車操業業界.足を止めたら,その間に新薬が開発できなかったら,安いジェネリック製剤にシェアを奪われ会社が傾く. 超大企業ファイザーはこの1件で株価下落,リストラ避けられず.

それでも,足を止められない.市場原理社会.競争と淘汰のあげく,巨大化しすぎた製薬企業って,一種恐竜っぽい感じがして気持ちが悪い.
その開発の根本が,「人を幸せにする」っていう原点を見失って欲しくないものです.
本当に大丈夫なんでしょうか?,製薬企業が要らぬ薬を作って,何も知らない庶民に売りさばき,金儲け第一主義に走らないって,だれが保証してくれるんでしょう??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところでド素人の素朴な疑問.

最近よく使われるようになった,抗高脂血症薬って,そもそも,本当に多くの人間に必要なものなの??そんなの使ってない,明治生まれの日本人,100才越えるまで健康に動脈硬化疾患にかからず生きている人はゾロゾロいるのに.

一部の飽食先進国で深刻化した,生活習慣病の一つが高脂血症&メタボリックシンドローム.それを,“薬”でコントロールしようってのは,本末転倒じゃ?自然に対する挑戦??

そんなに高いコストをかけて開発された薬を飲み続けなくっても,一人一人がセルフコントロール.スニーカーひとつ買って,一日30分の散歩.食事はバランス良く,腹八分目.脂肪分は控えめ,植物性タンパク質の比率を高める.日々ストレス解消,笑い(これが大事!!)を忘れない楽しい生活

それで十分なんじゃないの??.

自然に生き,人生を楽しみ,お招きが来たら素直に従い土に帰るべき.

私と同じく素人の貴方,正直どう思います?

薬に頼って健康になりたいですか?

一部の,遺伝的な酵素異常による特殊な高脂血症を除けば,多くの”高脂血症”は本来薬に頼らなくてもいいような疾患じゃ?なんて思ってしまいますネ.

人間の体内の,バランスって,非常にデリケート.複雑な体内酵素カスケードに関与しようとする薬の開発,高リスクなのは当たり前って思ってしまう.

自然の摂理に反した諸行っていうものの末路は,どうなんって.

ミクロの世界の,”自然破壊”??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世間で,知らない人の方がまだ多いかも知れない,
日本イノベーター大賞

日本の産業界で活躍する独創的な人材にスポットを当てることにより、日本に活力を与えようと2002年に日経BP社が創設した賞で,今年で5回目.
http://corporate.nikkeibp.co.jp/information/newsrelease/newsrelease20061102.html

優秀賞受賞者の一人,上野隆司氏は,新薬開発の世界で注目される一人.
年内にもNASDAQに,自ら立ち上げたスキャンポ社を上場するとのことです.

日本人が,米国でビジネスを立ち上げ株式上場するのは極めて異例.

多分ピュアに,“人の幸せのため”の新薬開発に,人生を賭けて没頭する人.商売としての成功は,その次にある.それを第一目的として入ってはいけない,入るべきでない領域と心底思う.

こういう人達もいるから,まだまだ病に悩む人を救う,「本当に必要な良い新薬」は世に現れつづけるのかも知れません.

この世も捨てたもんじゃない.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年結婚十周年だった私.
気付けば,すっかりオジサン.結婚前の若かりし頃と比べ体重+?Kg
まあ,ここ数年は変動はあってもなんとか現状維持ってとこで落ち着いていますが・・.

生活習慣,改善しなくてはいけませんね.
 (→それが難しいから,薬に頼ろって思うんだって.普通の人は)^^;)ゞ