4年前の夏に単独で日帰り往復の経験もあったけれど、今回はおかやまマラソンの2週間前になるので、自転車とはいえあまり疲労を残さないように向島→今治の片道70kmコースをチョイス。

スタートセレモニーが6時開始なので、5時半には会場入りしようと思って4時10分過ぎに自宅を出発。
早起きが苦手な人は前泊した方が無難だろう。
夜明け前の一般道、高速道とも空き空きで、無理して飛ばさなくても予定通り5時半前には向島運動公園に到着。

IMG_5590
いそいそとロードバイクをセットアップ。既にかなりの参加者が到着していてにぎやか。
朝6時の気温は9℃ぐらい。最近は普段この時間も練習でちょくちょく走っているのでウェアの選択には迷いなし。橋上などでは風の強さはそれなりなので、ウインドブレーカーも薄手のものを持っておいて調節できるようにしておくのが無難。

vlcsnap-2018-11-09-17h20m55s39
走りはじめはかなり密集していて、クロスバイクやサイクリング経験の浅い初心者も一定数混じっていて、最初の因島は特にスローペース。因島大橋の自転車道等の狭い所では1列走行になることもあって、ペースはかなり遅くてじれったい。レースではないので焦っても意味なし。ノンビリ景色を楽しむことに専念する。

vlcsnap-2018-11-09-17h25m55s76
第1エイドが多々羅しまなみ公園で33.3k。そこに至る生口島から多々羅大橋の区間は普段は走れない高速道路本線が開放されていてとても快適。遅い先行者がいても気にせずパスできる。

第2エイドは伯方S/Cパーク 42.7k、第3エイドは大島のよしうみバラ公園 55.7kと、程よい間隔に設営されているエイドステーションはとても充実していて、広さやバイクラックは十分。地元のグルメ系も出るのでエネルギージェルの類を自分で持ち込む必要性は無かった。持ち込みは給水ボトルだけあればとりあえず十分って感じ。長旅で余計なものを背負い込むと体力を奪われるし。
vlcsnap-2018-11-09-17h27m52s222
IMG_5598

AからGの7部門で、参加総数は7000人と自転車イベントとしては大規模、全国の自転車好きだけでなく海外参加者も主催者発表で600人程度はいたらしく、普通に外国語が飛び交っていた。

来島海峡の三連吊り橋を越えると四国入り、ゴール地点のしまなみアースランドに至る道は少し登り。
このあたりで国会で揉めに揉めている加計学園獣医学部の立派な建物が目に入る。
vlcsnap-2018-11-09-17h40m40s29
vlcsnap-2018-11-09-17h42m18s138

気ままな単独行動もいいけれど、連れで行った方がより楽しそう。
隔年開催なので次は2020年。今度は往復140Kにエントリーしてみたい。行きはよいとして帰りのしんどさを考えると、輪行&前泊が無難か。