哲舟の呑む喰う浸かる、歴史に憩う

※歴史をはじめ、史跡・酒場・温泉めぐりの話題などをゆるりと綴っております。リンクはフリーですが、無断転載はご遠慮ください。

2005年09月

魔女の宅急便

目下日テレの金曜ロードショーで放映中、それを横目で観ながら仕事をしている。

宮崎駿作品の中ではかなり好きなほうだ。
とくに作中にかかるBGMが素晴らしく、
音を聴いているだけで場面場面が鮮明に浮かぶ。
「このパイ嫌いなのよね」がトラウマの人も多かろう。

大の男が観るには「トトロ」と並んで抵抗感のあるアニメ映画だが、
1989年の上映当時、夏の暑い盛りに
確か藤沢の映画館へ野郎2人で観に行った
という汗臭い思い出の残る作品である…(笑)。
女っ気のない高校時代を象徴するような夏休みだったが、
今はただ懐かしいと思えるからまあ良い。

あの年は確かラルフ・ブライアントが、晩秋の西武球場で、
伝説の4打数連続ホームランを打ち、近鉄バファローズを優勝に導いたんだっけな。
だが日本シリーズでは巨人に3連勝するも4連敗。
その前年に伝説の「10.19」を目の当たりにし、
パ・リーグフリークになったばかりの私も涙した記憶がある。

映画は記憶を呼び覚ます。
あれからもう16年か…

男女平等と女性専用車


近頃、どこの駅でも、このどぎつい色の「女性専用車両」の案内版が「男性立入禁止」を強烈に訴える。私は、これを見ると男全体がまるっきり犯罪者扱いされ、無意識に心理的圧力が加えられているように受け取れる。

鉄道によっては、ラッシュの時間だけでなく、平日の昼間にも導入されている。もはや単なる痴漢対策ではなく、老人や子供よりも女であることが優遇の対象となり、「女性にお得感を与えるもの」と化している。

いわゆる「レディースデー」などのサービスと大差ない。同じ料金を払っていながら、この扱いの差はなんなのか。弱者を保護することと、過剰な権利を与えることは別のように思えるのだが。

昨今、公の場で「男女共同参画」という言葉をよく聞くが、それは果たして本当の意味での平等なのだろうか。また、それをめざすのならば、上のような専用車をつくるのは矛盾してはいないだろうか。

マスコミは「働く女性は偉い!」と持ち上げるばかり。子供を産み、家を守るという役割を忘れ、放棄する女の責任はどうなるのか。「個人の意思」ばかりが尊重される社会は一見幸せのように思えるが、長い目で見ると危うい。家庭崩壊の危険性が無視された、極めて危うい社会である。

また、男がだらしなくなった、とよく言われるがそれはどうか。その辺で汗を流して家を建てている大工さん然り、地震や電車の事故で出動するレスキュー隊然りである。男女にかかる責任の比率となると、相変わらず不平等だ。

こうした女性賛美の風潮が当たり前になってから、日本の世の中はどうなったか。景気は回復しないし、少年犯罪は横行し、先行きはますます暗い。

学校などの教育現場でも、「男なんだからしっかりしなさい」とか「女の子なんだから、はしたないことをしちゃ駄目」と言うことすら、ジェンダーの観点から許されないという。おかしい。こんな社会でまともな大人の男女が育つのだろうか。日本という国は人間社会の理想形から、どんどん外れていくように思えてならない。

矛盾したことを書くようだが、男女それぞれの役割というものを尊重したうえでなら、女性専用車を設置するのも分かる。しかし、それと逆行する中での設置はたんなる「甘やかし」である。「女は強い」なんていうのなら、女性の側からも専用車やレディースデーに反対という意見が出てもよさそうなものだ。

飲んでみたい歴史上の人物

http://www.asahibeer.co.jp/news/2005/0909.html

アサヒビールが行なった、「飲んでみたい歴史上の人物」ランキングらしい。
上位3名は男女ともに坂本龍馬、織田信長、聖徳太子。
…いかにも「とりあえず知ってる偉人の名前を挙げてみました」
という臭いのする順位で、あまり面白みがない。

しかし、下位の方で一応「面白そうだな」と思ったのは、まず明智光秀。
やっぱり、なぜ本能寺の変を起こしたのか聞きたいし、天海と同一人物なのか知りたい。
卑弥呼は、文字もない時代の日本人だから大変貴重だ。
言葉が通じるかどうか不安だが、容貌から何から全部知りたい。
一番下のほうに源義経の名前も出ているが、
義経よりは兄さんの頼朝に話を聞いてみたい。でも、暗い酒になりそうな気がする。

信長だが、歓談中に機嫌を損ねたら蹴られるかもしれないので注意しよう。
家康は若い頃と晩年とで、かなり言うことが変わりそうだぞ。

個人的には、戦国時代なら黒田官兵衛とか石田三成と飲みたい。
「あの時こうしてりゃあよぉ!」と、関ヶ原がらみの話で盛り上がりそうだ。
上杉謙信も女性説(信じないけど)なんてのもあるぐらいだから面白そうだが、
ものすごく酒好きだから、適当に切り上げないと酔い潰されそうだ。
忍者の服部半蔵とか、再来年の大河ドラマの
主役・山本勘助なども、謎だらけの人物でとても興味深い。

幕末なら佐々木只三郎とか新選組の斉藤一。
とくに佐々木は龍馬暗殺の実行犯という説も強いから。
でも、ネタとしてはそれだけか。
中国史の曹操や魏延、荊軻、徐福なんかも面白そうだ。
世界史ではクフ王、ノストラダムス、
ロビン・フッド、ボオルチュ(いい奴)あたりと語りたい。

さて、皆さんはどうでせうか?
アンケートをつくってみたので、飲んでみたい人を追加、投票してみてください。
あくまでも歴史上の人物という範疇で。適当にコメントをいただけると嬉しいです。
http://vote2.ziyu.net/html/kakuan.html
プロフィール

哲舟

Special link バナー
ドラマ曹操公式ブログ

歴人マガジン

三国志TKオフィシャルブログ

記事検索
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ