栃木県佐野市で「佐野ラーメン」を食した。
この界隈では「青竹打ち」のちぢれ麺を使ったラーメンが食べられることで有名だ。

070221-01.jpg

まず行ってみたのは、タクシーの運ちゃんが勧めてくれた「赤見屋本店」。
佐野駅から歩いて10分ほど、小さなビルの1Fを店舗としており、
改装されたばかりのようだが、創業数十年の歴史があるという。

昼時を外して行ったが、4つのテーブル席がほぼ埋まっていて、なかなかの混雑ぶり。
ピーク時は大抵、店外にまで列ができているそうだ。

中華そば(550円)の大盛(100円増)を注文。
出てきた品は、透明感ある薄口のスープが、
丼から溢れそうなほどで、麺や具はかなり沈み込んでいる。

070221-02.jpg

溢れないようまずスープをすすり、平べったい麺を箸ですくいあげてみる。
麺の太さ、長さがマチマチで、いかにも手打ちといった趣がある。
クチに含むと、ふんわり、ぼそぼそした食感だった。

ワンタンの皮を食べているような不思議な食感。
旨いのだが、コシはまったくない。「ラーメン」を食べているような感覚ではない。
麺としてではなく、スープの具として味わうもの、
なのかもしれないと思いつつ、手繰り続けた。

スープは正油と鰹節系の薄味で、まずまず好みだったが、
麺の存在感の薄さゆえか、食べた後の満足感がイマイチであった。
でもまあ、近所の常連客が多いようだし、観光客に媚びない味と姿勢は感じた。

この地方独特のラーメンとはこういうものなのかもしれないと思い、納得する。
実際、佐野の人に言わせれば東京ラーメンは味が濃すぎる、
麺が固すぎると思う人が多いらしい。

いまいち、満足できなかったので、
夕方になり、引き揚げる前にもう一軒立ち寄ってみることにする。

070221-03.jpg

今度は駅から歩いて2~3分、小さな路地を入ったところにある「味吉」なる店。
「麺歴70年」と看板に手で書かれた粗末な造りだが、
なんとなく親しみが持てたので入ってみる。
こちらでは普通のラーメン(480円)を注文。

麺はまずまずコシがあり、東京や神奈川で食べ慣れたラーメンの感覚に近い。
スープも同様で、色からもわかるとおり、濃口の正油味。

こちらも麺が沈み込むほどにたっぷりと注がれていたが、ちょっと飲み飽きる感じ。
スープに関していえば先の「赤見屋」、麺はこちらのほうが好みであった。
値段は安く、ボリュームもまずまずなので、お手頃感はある。

070221-04.jpg

ちなみに左上に見えているのは、シューマイ(380円)。
「当店名物」で絶対の自信作とあったので注文したのだが、残念な味だった。
電子レンジの音が聞こえた時点で失敗したと思った。

なぜかソースで食べることを勧められ、そうしたのだが、
グニャグニャした食感に加え、タマネギの味しかしない。

なんでも、むかし有名人が食べて行ったことがあるらしく、
店主はそれを店内の紙に貼って誇りにしているようだが…。
時間がかかってもいいから、きちんと蒸したものを出してほしいと思った。

ラーメンの話に戻るが、どちらもまずまずだが、何か物足りない。
佐野産の青竹手打ち麺を使っていることで知られる、
「本丸亭」(本厚木・川崎)のような味を期待して行ったのだが、
残念ながらそこまでのレベルを期待するのは無理があったようだ。

ラーメンの評価には好みも多分に影響するし、
たった2軒入っただけで判断してはいけないのかもしれないが。
この日はどうも私の嗅覚が不調であったようだ。

070221-05.jpg

赤見屋の近くの民家にいた犬。